沖縄観光情報:ゆるり、沖縄時間。漁師町糸満の市場カフェ〜naminami〜

ゆるり、沖縄時間。漁師町糸満の市場カフェ〜naminami〜

  • 味わう
  • 100
  • Clip

post : 2015.04.27 12:00

海人(うみんちゅ)の街、糸満(いとまん)に残る素朴な公設市場。その一角にある「まちぐわぁ~カフェなみなみ」には、ゆったりとした時間が流れています。カフェが始まって9年。

 
お店の空気はすっかり市場の営みに溶け込んで、今では近所のおじい、おばあ、にーにー、ねーねーが入れ替わり立ち代りご飯を食べに訪れる、憩いの場所です。

 
旅が大好き、という店主の境幸生さんがネパールやバリ、マレーシアなどの旅で集めてきた雑貨が旅情を誘う店内。沖縄県産の素材を、和洋中、いいとこどりのボーダーレスな味付けでいただけるランチプレートは「県産お肉」「近海お魚」「生マグロ」と全部盛りの「naminami」の4種類から選べます。どれも、野菜たっぷりの5種類の副菜とスープ、玄米、ドリンク、自家製ジェラートがついて大満足の食べごたえ。

 
生マグロプレートは、隣の「あんまー市場」から仕入れているという新鮮な中落ちを、和風わさび醤油とハワイアンポキ(アボカド・岩塩 ハーブ)の2種類の味つけで。糸満海人が釣り上げたマグロを、すぐ隣で食べられるという贅沢さなのです。

 
顔の見えるつながりを大切にしたいという思いで、乾物や豆の仕入れは市場から。ドレッシング、ポン酢、たれ、マヨネーズはお店で手づくりをし、お肉やお魚だけでなく、野菜や芋、きのこ、卵、きび砂糖や黒糖も手に入る限りは沖縄県産と、細やかな手数が行き届いています。一品一品が、つくりたてのパリッとした佇まいで、それでいてほっとする美味しさなのは、その結果なのだろうと思います。

 
平和祈念公園やひめゆり平和祈念資料館を目当てに訪れる人が多い糸満ですが、「平和そのもの」と言える、こんなに素敵な場所があるのです。ほっこりしたい方は、ぜひ糸満公設市場へ、そしてnaminamiへ! お肉やお魚のメニューは週替わりなので、気になる方は事前にブログをチェックしてみてくださいね。なお、naminamiのごはんは、3年続く市場の手づくりイベント「ちむちむ市場(奇数月第4日曜日開催)」でも楽しめます。
 
 
 
まちぐわぁ〜cafe  naminami
住所/沖縄県糸満市字糸満989-83
電話/070-5532-0503
営業時間/11:30-16:00
定休日/日・月
ブログ/http://naminami.ti-da.net/
 
 
沖縄CLIPフォトライター 浅倉彩
 
関連記事
糸満漁港は、セーイカ漁獲量日本一!!!1杯から1個しか取れない、こちらはいかが?
土に触れると元気になれる!「沖縄旅行×農業体験」いま、沖縄で注目されているキーワード
海の恵みに感謝する 伝統行事・糸満ハーレー
漁師の町・糸満でおいしくお魚を味わう「糸満漁民食堂」
 
 
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 

Information

沖縄県糸満市字糸満989-83