沖縄観光情報:イオンモール沖縄ライカムのOKINAWAセレクトショップ『みらいやSANGO(さんご)』

イオンモール沖縄ライカムのOKINAWAセレクトショップ
『みらいやSANGO(さんご)』

post : 2015.04.25 18:00

 
4月25日にグランドオープンした『イオンモール沖縄ライカム』は東京ドーム4コ分の敷地面積に220もの店舗があります。そのなかで、沖縄CLIPだからこそ、ぜひご紹介したい“沖縄らしいお店”があります。
 
それは、敷地内の離れ(ヴィレッジ棟)にある未来屋書店の一角につくられた『みらいやSANGO(さんご)』。コンセプトは「FROM OKINAWA GIFT SHOP」で選りすぐりの沖縄の工芸品、雑貨、食品など、1000以上のアイテムが揃っています!

 
大型ショッピングモールに国内外の一流商品が集まるなか、自信をもってご紹介できる沖縄から生まれた“すぐりむん(優れもの)”ばかりを集め、25坪の売り場面積の中にゆったりとレイアウトされています。
 
売り場の中央にはゆっくりと座って本を読めるようなスペースもあります。ここでは、毎月セミナーなども開催されていく予定とのこと。

 
日常の「料理で使うもの(食器や食材と関連本)」、「家の中で使うもの(インテリアと関連本)」、「沖縄のコスメ(と関連本)」など、コーナーごとにセレクトされたおすすめの逸品と、そこに一緒に本もちりばめれらています。

 
こちらはまだ県内でもあまり見かけない『ミルクバック』。牛乳パックを再生して作られたもので、インパクトだけでなく耐久性もあるので、お子さまといっしょにお出かけやお買い物など日用でも使えるものです。

 
また、琉球張り子や指ハブなど、沖縄の昔からの玩具が置いているので、おじいちゃんやおばあちゃんと会話が生まれたりするような、親子三代で楽しめるコーナーもあります。

 
それから、『琉球みやらびこけし』もおすすめ。みやらび=美しい少女という名のとおり、スマートでかわいらしいこけしです。素材には琉球松など県産木を使用しています。昭和49年から発売開始されている商品ですが、このように埋もれた名品を再発見できるかもですよ。

 
ぜひおすすめしたい逸品としては、「首里はちみつ」。ミツバチの行動範囲は半径2キロといわれますが、なんと首里城のすぐ近くの花々の蜜を集めてきて作られたハチミツです。

 
そのほかにも珍しい商品といえば、石垣島で一本釣りによって釣り上げられたカツオやマグロをフレークにしたふりかけ。これが旨い。オニギリに最高ですし、サラダにふりかけるのもおすすめです。

 
また、ソルトコーディネーターが厳選した沖縄の島々の塩は、小瓶で買い揃えることができたりするので、料理の用途ごとに使いわけたりみるのに便利です。このように、島々を渡り歩かないと集められないような島からの恵みが、『みらいやSANGO』にあるのです。

 
この『みらいやSANGO』は、沖縄の工芸品や食品など琉球物産の企画・流通会社として実績のあるゆいまーる沖縄株式会社が目利きして沖縄中からセレクトしてきたものばかりです。

 
たとえば、沖縄のやちむん(陶器)であれば、大皿などなかなか買いにくいかもしれませんが、ふだんよく使うような豆皿や小鉢など、使い勝手の良いものがセレクトされています。それをどのように使うかのヒントとして、本も側に添えられています。

 
このように、沖縄のすばらしい品々をこの機会に再発見してみては。
人に贈っても喜ばれるようなものばかりですが、日頃がんばっている自分へのギフトにもいかがでしょうか。
 
 
場所:イオンモール沖縄ライカム内 未来屋書店1階
(住所:沖縄県北中城村アワセ土地区画整理事業区域内4街区)
 
公式HP:http://u111u.info/k5C1
 
ゆいまーる沖縄Facebookページ
https://www.facebook.com/yuimaruokinawa.jp
 
地図:http://okinawarycom-aeonmall.com/static/detail/access
 
沖縄CLIPフォトライター 桑村ヒロシ(KUWA)
 
 
 
 
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

Information