沖縄観光情報:農家&パン屋直営の絶景カフェ「YANBARUHARUSAA’STABLEkaito+」

農家&パン屋直営の絶景カフェ「YANBARU HARUSAA’S TABLE kaito+」

  • 味わう
  • 157
  • Clip

post : 2015.05.27 12:00

 
YANBARU HARUSAA’S TABLE kaito+は、23カ国から集まった大学院生と研究者が学究に勤しむ沖縄科学技術大学院大学(OIST)の中にあります。恩納村谷茶(おんなそんたんちゃ)の山の斜面に建てられたOISTの校舎は、リゾートラバーを魅了する”オンナブルー”の海を一望できる絶景ポイントが満載です。日夜、世界最先端の研究が行われるラボに一般人が入ることはもちろんできませんが、一箇所だけ、一般に開放された場所があるのです。

こんなところを通っていきます。
 
それがYANBARU HARUSAA’S TABLE kaito+。地元やんばるの食材を使うことと、お店で焼くパンの質に、徹底的にこだわっている贅沢すぎる学生食堂です。食堂を運営・プロデュースしているのは、以前沖縄CLIPでも紹介したYANBARU HARUSAA’S TABLE Cookhalや、Pain de Kaitoなどがタッグを組んだ「やんばる畑人プロジェクト」。つまりここは、学食でありながら、農家さん&パン屋さん直営のカフェでもあるのです。

テイクアウトできるパンコーナーは、専門店顔負けの品数。お店で毎日焼いています。
 
一般用駐車場に車を止めて、近代的かつ有機的にデザインされた外廊下を歩いて玄関を入り、受付で「kaito+に来ました」と言うと、ビジターパスをもらって入館できます。エレベーターで最上階まで登り、カフェの扉を開けるとそこには、本部半島や伊江島、水平線に分けられた海と空の大パノラマが広がっています。

 
メニューは、週替わり。サンドイッチ3種類(魚・肉・野菜)とカレー、Today’s deliから選べます。また、サンドイッチの中身とカレー、デリをすべて食べられる「よくばりランチプレート」も。迷ったら、迷わずこれがオススメです。

取材日のよくばりランチプレート(1,200円)は、「白身魚フライ バジルソース」「野菜ボロネーゼ」「やんばるキノコのハッシュドビーフ」「地中海風カレー」「チキンハンバーグ フレッシュトマトソース」とてんこ盛り
 
カレーはネパールカレーやグリーン、イエロー、レッドなど6〜7種類のレパートリーからの週替わり。すべてベジタリアン・ビーガンに対応しつつ、チーズ・チキン・ベーコンのトッピングが可能です。また、Today’s deliは、月曜日と金曜日はパスタか創作沖縄そばが食べられます。

フレッシュな野菜やフルーツを、選んでからミキサーにかけてもらえる「食べる野菜ジュース」
 
この日は、バジルソースのバジル、タルタルソースの卵、チキンハンバーグの鶏肉、ハッシュドビーフのキノコ、フレッシュトマトソースのトマト、カレーのタマネギ・ズッキーニ・トマトがやんばる産。その時どきの旬の野菜をいかに美味しく食べてもらうかを基本に、献立がつくられています。価格がカレーとサンドイッチが650円、デリが750円とリーズナブルなのは学食ならでは。それでいて、味はもちろん景色も絶品なkaito+へ、行かない手はありません。
 
 
YANBARU HARUSAA'S TABLE kaito+の様子は、沖縄CLIPムービーでもご覧いただけます。
 
 
 
YANBARU HARUSAA’S TABLE kaito+
住所/沖縄県国頭郡恩納村字谷茶1919-1
営業時間/9:00~17:00(ランチ11:00~14:00)
定休日/日曜 年末年始(12月29日~1月3日)
電話番号/098-966-8413
公式サイト/https://groups.oist.jp/ja/cafe
 
沖縄CLIPフォトライター 浅倉彩
 
 
 
 
 
関連記事
週末限定!オーシャンビューのおうちカフェ「残波邸」(ざんぱてい)
リゾートの朝食は、Maeda Breezeの本格派アメリカンブレックファストで
潮風香る沖縄で人気のカフェ、「浜辺の茶屋」
自然愛と地元愛にあふれる農家カフェYANBARU HARUSAA'S TABLE Cookhal
沖縄県北部の街「名護(なご)」で1日60本売れる人気のバケットを味わう。
 
 
 
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
 
 

Information

沖縄県国頭郡恩納村字谷茶1919-1