沖縄観光情報:暮らすように沖縄を旅しよう。ローカルな魅力がつまった沖縄のゲストハウス3選

暮らすように沖縄を旅しよう。ローカルな魅力がつまった沖縄のゲストハウス3選

  • おすすめ
  • 21
  • Clip

post : 2015.05.20 08:00

暮らすように沖縄を旅しよう。ローカルな魅力が詰まった沖縄のゲストハウス

 
 
沖縄で旅するときはどっぷりローカルに浸るのもおすすめです。シティホテルやリゾートホテルも魅力的ですが、たまにはゲストハウスという選択肢はいかがですか? ゲストハウスは宿泊費用が安いので経済的にも嬉しいですが、なにより旅する人や魅力的なオーナーさんと交流できることが最大の魅力。旅している感覚をなくすほど、暮らすように宿泊できるゲストハウスをご紹介します。
 
 

 

1.呑んで、踊って♪ 居酒屋みたいなゲストハウス「月光荘」

 
「泊まれる飲み屋」という通称がつく那覇市のゲストハウス「月光荘」。ここは、1999年にオープンした老舗のゲストハウス。モノレールの美栄橋駅から歩いていける距離にあるので、旅人にも人気です。
 
那覇の老舗ゲストハウス月光荘
 
居酒屋さんみたいな雰囲気ですが、ここはゲストハウス。併設されたバーでおいしいお酒と食事を楽しめます。ここは、はじめて出会った人ともすぐに仲良くなれる不思議な力を持っています。
 
ゆんたく(おしゃべり)が楽しい那覇の老舗ゲストハウス月光荘
 
楽器が弾ける人が集まればライブハウスに一変。歌をいっしょに歌ったり踊ったりして楽しめます。少々飲み過ぎても、そこは宿なので安心ですね。
 
通称泊まれる飲み屋
 
宿はスタッフさんのDIYで現在も進化を続けているそう。昨年は、ツリーハウスまで手作りで作り上げました。年に1度訪れて、宿の成長っぷりを見るもの一つの楽しみかもしれません。
 
那覇の老舗ゲストハウス月光荘は現在も進化中
 
<ゲストハウス月光荘の詳細情報>
住所/沖縄県那覇市牧志1-4-32
電話/098-862-5328
>> 通称泊まれる飲み屋:ゆんたく(おしゃべり)が楽しい那覇の老舗ゲストハウス月光荘
 
 
 

2.手作りの古民家ゲストハウス「ごーやー荘」

 
沖縄市にある古民家を改装した民宿「ごーやー荘」。長崎県出身のオーナーさんが脱サラして手作りで作り上げました。沖縄らしい畳間などがあり、レトロ感満載。
 
古民家風宿の先駆け「ごーやー荘」
 
沖縄の昔ながらの畳間に宿泊することができます。
 
畳敷きのお部屋
 
エントランスには手作りの屋台風カウンターや小さなステージがあり、オーナーさんの三線ライブが行われることもあります。
 
屋台のようなカウンター
 
オーナーのヒデさん。沖縄市の観光ガイドも務めているので、おすすめの観光スポットを教えてくれますよ。
 
沖縄市にて観光ガイドも務める、長崎県出身のオーナー
 
この宿の意外な名物がこの「ちんびん」沖縄で昔から愛されるちんびんを、オーナーさんが手作りして、宿泊客に無料で振舞っています。決して豪華ではないけれど、沖縄に根ざした旅をしたい方にはおすすめの宿です。
 
オーナー手作りの名物「ちんびん」はなんと無料
 
<ごーやー荘の詳細情報>
住所/沖縄県沖縄市胡屋1-5-32
電話/050-1205-2758
 
3.沖縄の大自然を感じるゲストハウス「結家」
 
沖縄本島北部、今帰仁村(なきじんそん)にあるゲストハウスが、ここ「結家(むすびや)」。自然派は方におすすめの絶景が楽しめるゲストハウスです。都会の喧騒から離れてゆったりローカルな旅が楽しめます。
 

今帰仁村(なきじんそん)にある海をひとりじめできるゲストハウス「結家(むすびや)」

 
外にはテーブルがあり、絶景を眺めながら食事もできます。食事のあとは、ハンモックでゆったり風に揺られるのも気持ちいいですね。
 
ハンモックにゆられるのも気持ちいい
 
宿泊する部屋は、2段ベットが並べられたドミトリー形式。
 
ドミトリー
 
夜になると満点の星空の下で、飲み会がスタート。泡盛飲み放題500円と格安なプランがありお酒好きにも嬉しい宿です。
 
楽しく飲み会を楽しめる
 
「木下大サーカス」の団員だったというオーナーの気さくな人柄もあってか、はじめてあった宿泊客とも自然とフレンドリーになれます。
 
宿の名物オーナー「結ねぇ」
 
<なきじんゲストハウス結家の詳細情報>
住所/沖縄県国頭郡今帰仁村字仲尾次609
電話/ 090-8827-8024
 
 
いかがでしたか?どれも味わい深くローカルの魅力がたっぷり詰まったゲストハウスです。沖縄旅行に来る際は、ゲストハウスに宿泊するのもおすすめですよ♪ 
 
 
 
◎ ローカルな沖縄旅行を楽しむなら、こちらの記事もおすすめです。

 

沖縄CLIP編集部

 

 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

Information