沖縄観光情報:名護市のシンボル「ひんぷんガジュマル」樹齢は240年以上!

名護市のシンボル「ひんぷんガジュマル」樹齢は240年以上!

post : 2013.07.29 12:00

 

沖縄県名護市のシンボルとされている「ひんぷんガジュマル」。名前の由来は、木の下に置かれている石碑三府龍脈碑の別名「ヒンプンシー(屏風石)」からきているようです。

 

ひんぷんとは、沖縄の伝統的家屋で門と母屋の間に作られる、目隠しの塀のことです。国の天然記念物にも選ばれ、樹齢240年以上と言われているひんぷんガジュマル。その大きな姿は、まるで街を守っているかのようにも見えます。

 

 

MAP: http://goo.gl/NkR7DL

沖縄CLIPフォトライター 具志堅太樹

 

沖縄CLIPでは、みなさんがおすすめする沖縄観光情報をお待ちしております。ご投稿はこちらから。

Information