沖縄観光情報:無農薬・有機栽培の茶葉で紅茶作り体験!!うるま市「山城紅茶」

無農薬・有機栽培の茶葉で紅茶作り体験!!うるま市「山城紅茶」

post : 2015.05.30 21:00

 
無農薬・有機栽培の茶葉で
紅茶作り体験!「山城紅茶」
 
「沖縄で紅茶が作られてるって知ってる?」
 
聞いて驚いた。すっかり異国のものだと思っていたのに、沖縄産の紅茶があるなんて。

 
探してみると、沖縄本島で茶葉を栽培する場所はいくつかある。なかでも、うるま市にある「山城紅茶」は、無農薬・有機栽培にこだわった紅茶農園。カフェが併設されているうえ、茶葉を摘み、紅茶作り体験までできる。
 
これは行かねば!
 
かれこれ10年近く茶摘みに憧れていただけに、さっそく紅茶作り体験を予約。車をびゅーんと走らせた。

 
山城紅茶はうるま市のなかでも高台にある。青々とした茶畑のなかでひときわ目立つ朱色のカフェが目印だ。
 
迎えてくれたのは山城直人(やましろなおと)さん。80年続いた緑茶農園を紅茶農園へとかえた3代目である。
 
「実は緑茶も紅茶も同じ茶葉から作られるんですよ。簡単にいうと、茶葉を発酵させたものが紅茶で、発酵させないのが緑茶。材料となる茶葉は一緒なんです」と山城さん。
 
日が長く紫外線が強い沖縄は、昔から紅茶作りに適した土地だと言われてきた。というのも、強い紫外線はおいしい紅茶作りに欠かせないからだ。
 
ならばと山城さんは研究を重ね、自分の代から徐々に紅茶農園に転向していくことを決断。スリランカまで研修に行き、「山城紅茶」の看板を掲げて今年で8年目になる。

 
さて、お目当ての紅茶作りは茶摘みからスタート。山城紅茶には東京ドームひとつ分ほどの茶畑があるという。見渡すと、沖縄の強い日差しをたっぷり浴びた葉が勢いよく茂っていた。

 
摘み方は、一心二葉(先端の芽とその下の二葉)を目安に、やわらかな若芽を親指とひとさし指の腹でつまんで、ぽきんと折る。簡単にできるので、小さな子どもも体験可能。一緒に摘んだ子どもたちも楽しそうに手を動かしていた。

 
摘み取った茶葉は小さなかごへひょいひょいと。両手でふわっと包めるくらいの量を目安に摘んでいく。

 
茶摘みが終わると、発酵させるために茶葉をもむ作業がスタート。

 
両手でだんごを作るように茶葉を包み、こすりあわせながらもんでいく。何度も繰り返すうち、茶葉はどんどん細かくなり、発酵をはじめるそう。
 
この間に山城さんが紅茶のうんちくを聞かせてくれた。緑茶・紅茶・ウーロン茶の違いについて、紅茶の発酵、世界の紅茶など、どれも興味深くて感心しきり。聞くうちに、ちょっとした紅茶博士になったようだ。
 
茶葉が細かくなったら、仕上げの発酵はお店にまかせて、待ってましたの試飲タイムへ。

  
おいしい紅茶のいれかたを説明してくれる山城さん。湯を注ぐ位置の高いこと!(でもね、ちゃんと理由があるんです)。茶葉が上下に動きながら、ゆっくり抽出されるのを待つこと数分。

 
いただいたのは、山城紅茶で作られる紅茶のなかで最も飲みやすい「あっさりストレート」。琥珀色に輝く紅茶をひと口ふくむと、花のような香りがふわりと広がった。のどをすべり落ちると、やわらかな渋みが追いかけてくる。
 
添えられたのは、直人さん自らが作る紅茶スコーンと、お母様が作る紅茶入りサーターアンダギーなどの焼き菓子。皆の笑顔がほころぶ時間だ。

 
そんな和やかなティーブレイクが終わったころ、ちょうど発酵が完了。紅茶ができあがった。自分の手のひらでもんだ茶葉はどんな味だろう。妙に愛おしくて、飲むのがちょっと惜しい。
 
「同じように作っても、もむときの力加減が違うからできあがりも人それぞれ。味も違うんですよ。正真正銘、作った人のオリジナル紅茶です」
 
茶摘みからはじまった紅茶作りはたっぷり2時間半。作っている過程も興味深かったが、山城さんが話す奥深い紅茶の話がとても面白かった。そこから紅茶への愛情もひしひしと伝わってきた。
 
だから、もし紅茶作りまで体験できなくても、ぜひ山城紅茶を味わってほしい。ここは無農薬・有機栽培で、手摘みにこだわり、新芽のみで紅茶を作る農園。
 
手間ひまかけたおいしさは、沖縄から世界に通じる紅茶を作りたいという山城さんの情熱の味。一度味わったら旅の記憶にくっきり残るはずだから。
 
 
山城紅茶 Cafe&直売店 CHA-EN
住所/うるま市石川山城1560-8
電話/098‐965‐3728
時間/11時30分~18時(ラストオーダー)
定休日/水曜日
HP/http://www.okinawanokocha.com/
 
◆紅茶摘み体験(前日までに要予約)
・紅茶博士フルコース(2時間30分)3,800円(中学生以下1,900円)
 
・お手軽コース(1時間30分)2,800円(中学生以下1,400円)
 
◆沖縄本島で山城紅茶が買える場所・飲める場所はこちら
http://www.okinawanokocha.com/html/newpage.html?code=1#6
 
 
沖縄CLIPフォトライター 小野暁子
 
 
▼関連記事はこちら
沖縄生まれ、沖縄育ちの100%沖縄産のおいしい紅茶
うるま市石川曙カフェストリートで1番NEWフェイスなカフェ!
可愛らしいピンクに溢れたうるま市のおしゃれカフェ「オハナ食堂」
 
 
 
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 

Information

うるま市石川山城1560-8