沖縄観光情報:県外に流通しない銘柄多数!安くておいしい泡盛がそろう店「琉夏」

県外に流通しない銘柄多数! 安くておいしい泡盛がそろう店「琉夏」

post : 2015.06.26 12:00

 
野菜やお惣菜を売るおばぁにコーヒーショップ、おすし屋さん。人気観光スポット、牧志公設市場の裏通りにあたる(公設市場の)西口付近は、かくれた名店がひしめきあうエリア。その一角に、泡盛専門店、「琉夏(りゅうか)」があります。
 
大学時代に沖縄を訪れ、泡盛の魅力に惚れこんだという店主の小野あきおさん。卒業してすぐに移住し、泡盛の勉強を重ねて2004年に琉夏をオープンさせました。

 
店のモットーは、いたってシンプル。
 
『安くておいしい泡盛を伝えたい』
 
1.5坪の小さな店に並ぶ泡盛はざっと350銘柄。さらに県内全ての酒造所を巡り、自分の舌で確かめ、「安くておいしい」と選びに選び抜いたおすすめは30銘柄ほど。店頭のいっとう目立つ場所にずらりと置かれています。

 
「県外でもよく知られる大手メーカーの泡盛ではなく、小さな蔵元の隠れた銘酒を届けたいんですよ」と、小野さん。
 
だから、店頭に並ぶのは、県外にあまり流通していないものばかり。そして「幻の泡盛」といわれる高価な泡盛は置かない主義。適正価格で、ちゃんとおいしい1本を買える店として知られています。
 
お客さんは観光客をはじめ、珍しい銘柄がほしいといって、県外で居酒屋を経営する泡盛通のオーナーまで訪れるそう。

 
もちろん泡盛初心者でも大丈夫。小野さんは「普段どんなお酒を飲んでいるか」「飲みやすいお酒が好きか、クセのあるものが好きなのか」など質問を重ねながら試飲をすすめ、その人に合うおすすめを絶妙に選んでくれます。
 
このやりとりが、すこぶる楽しい!

 
「これはね……」と説明しながら次々と差し出してくる泡盛を試飲すると、どれも口当たりや広がり、喉ごしが違います。まろやかなもの、パンチのあるもの、同じ泡盛でもこれほどまで差があるのかと、奥深さに驚くことたびたび。

  
貯蔵のしかたにも並々ならぬこだわりがあります。というのも、熱烈な阪神ファンの小野さんは、貯蔵庫で眠らせている泡盛に、阪神の応援歌「六甲おろし」を聞かせて熟成を進めているとか! 
 
実際に音楽を聞かせるなど、たとえわずかでも振動を与えることで、熟成が進むというから驚きです。
 
さらにその阪神熱は、球団承認のワンカップ泡盛まで作ってしまったほど。上の泡盛は、2015年2月に行われた阪神の沖縄キャンプで売られたものだそう。
 
虎酒と書いて「こしゅ」と読む。中には一緒にワンカップを作った蔵元が、大切に熟成させていた、とっておきの古酒(くーす)が入っています。

 
「これから泡盛を飲んでみたい方に、初めてでもうまいと言ってもらえる、いい酒を届けたい。自分の店が泡盛入門の入口になったらと思っています」
 
聞けば聞くほど、泡盛の奥深い世界を惜しみなく教えてくれる小野さん。うんちくを聞きながらこちらも質問を重ねて会話を楽しむ。これこそ旅の醍醐味!
 
泡盛を愛してやまない店主は、今日もその魅力を伝え続けています。
 
 
琉夏(りゅうか)
住所/沖縄県那覇市松尾2‐10‐1 第一牧志公設市場西口
電話/098‐862‐6743
時間/12時~21時(不定)
定休日/年始(そのほか仕入れで休みになる場合も)
facebookページ/https://www.facebook.com/ryuka.naha
 
 
沖縄CLIPフォトライター 小野暁子
 
 
 
▼泡盛関連の記事はこちら
5年後の自分へ、特別な一本に会いにいける神村酒造
神聖な森の側の洞窟で泡盛を育てる多良川酒造
鍾乳洞でボトルキープ。金武酒造の泡盛を扱うお店「鍾乳洞古酒蔵 龍の蔵」
 
 
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

Information

沖縄県那覇市松尾2‐10‐1