沖縄観光情報:無名の側の首里

無名の側の首里

post : 2015.06.27 21:00

 
珍しくmy日常ネタを(あ、前置きが無駄に長いので、すっ飛ばして「本題■」からでも、どうぞ↓)。
 
フリーで仕事をしていると、基本的に活動の場は2つ。イン&アウト。事務所(という名の家)でのデスクワークと、それ以外は外での打ち合わせや取材など。で、今回は、特にアポなどのない日の前者、つまりインナーな日常のお話。
 
 
パターンとしては、AM(特に起きた直後の朝)が一番ブレインがフレッシュなので、執筆や企画など創作的ワークに充てる(朝飯前ってヤツ)。11時頃適当にブランチし、午後再び作業。ブっ通しでやってると、さすがに15時くらいで集中力が切れるので、一旦作業を中断し、もぞもぞと動き出す。(買い物とか銀行とか)何か無理矢理にお出かけ。今日は何処へ、かな。しばし思案。でも、こんなの何年も続けていると、わざわざ行く場所をクリエイトするのが難しくもなってくる。
 
時に、仕事柄、新聞を読むのは当たり前なのだが、どうも家で新聞を読むのが苦手。てなことで、いつしか思い付き&実践しているのが、(“歩きスマホ”ならぬ)“歩き新聞”。read & walk。もうこれ、本気ですごい。情報がブリバリドタマに入ってくる。おまけに、一日分読み終えた頃には、余裕で6kmとか歩いてたりしてプチ運動。暑い日中は無理なので夕方くらいがベストってのも丁度良し。

 
それでも、家の周りをぐるぐる歩いていたら当然飽きるので、海を見に行きがてら…ってしたいんだけど、我が家は、@首里。沖縄本島中南部の、東西ではまさに中央に位置する場所で、西も東も、海まではちょうど片道5〜6kmくらいでさすがに往復は厳しい。そんなわけで、選ぶべきは、山。何となく山。
 
ここ、那覇の最北部、首里(もち世界遺産の『首里城』で有名だけど)エリアは、実はものすごく広くて、首里城や石畳などがある場所は限られた一地域。特に、県道82号の東側なんて、シャレオツカフェやドギマギ観光スポットはほぼ皆無で、ひたすら市街地でビジターが来る理由は1ナノミクロンも無い(ま、あえて言うなら、ゆいレールの延長が決まり、現在の終点「首里駅」の次に、2019年「石嶺駅」ができるってことくらい)。
 
つまり、県道82号の東側は、普通の庶民の生活感に包まれまくった、いわば“無名の側の”首里。そんなエリアが、確かに、そして実は広大に広がっているのだな。
 
とはいえ、やはりそこは、沖縄の山の手・首里。そもそも高地なので、見晴らしの良い高台、小高い丘、ちょっとした名称の付いた山がいくつかあり、いずれも東西数km先に海を見渡せたりして、頗る心地よい。
 
 
てなことで、前置きが無駄に長いけど、ここからが本題。そんな自分が、“歩き新聞”しまくりながら何となく目指す、おおよそ徒歩30分圏内の“myお気に入り”スポットベスト5くらいの丘や山を、こっそりご紹介。観光客の皆さんは、一生行かない行くわけない、そしてガイドブックには絶対に永遠に200%載らない載るわけない、ただただローカルな、レア(という名の地味)情報を、無駄におすそ分け。
 
 
●(首里辺りの丘や山)myベスト5
家から徒歩5分の「オリブ山」。首里石嶺四丁目辺り。程近いので気軽によく行く。与那原町(よなばるちょう)の「東浜(あがりはま)」の海岸線が、目と鼻の先に見える。あの辺りは、MICEの誘致が決まったので、数年後には景観が大きく変わってしまうだろう。

 
 
●myベスト4
徒歩3分、ここは家から一番近い、首里石嶺四丁目と浦添市経塚にまたがる高台。無名かと思いきや(市役所に問い合わせたところ)「フクヂ山」というそうだ。西海岸を見渡せる。北の浦添市側にはJICAがあったり、石嶺駅の隣となる「経塚駅」が少し先にできる予定。でも、墓地があるので、暗くなったら絶対近づかない。


 
 
●myベスト3
首里鳥堀町の「弁ヶ岳公園」。弁ヶ岳の海抜は165.7m。東屋は林に覆われ、山の下はほぼ見えない。でも、御願所(うがんしょ)の横、整備されてない道無き道を、どんどん登って行くと、ぱっと頂上が開ける。ここに出ると、東海岸から西海岸まで、パノラマで見渡せて圧巻。


 
 
●myベスト2
海抜138mの「琉球霊園」と、その敷地内にある高台の上。ここは厳密に言うと、南風原町(はえばるちょう)新川という地域で、首里汀良町(てらちょう)との境目。すぐ下辺りは貯水池や西原町のゴルフ場、少し先には南風原ジャスコなど本島中南部の東側を見渡せる。沖縄高速道路も通っているので、クルマで走ったことがある方は、こちらの看板を目にしたことがあるかも。


 
 
●myベスト1
一番のお気に入りは海抜約130m、首里赤平町の「虎瀬公園(とらせこうえん)」。通称“虎頭山(とぅらじやま)”。山頂に休憩所が設けられた庶民のゆんたく(おしゃべり)場。西海岸に沈みゆく夕陽をしっかりばっちり拝める。また、夜景も見事。通路もちゃんと整備されているので夜でも安心。首里駅から徒歩圏内な点も特筆。


 
 
一つ言えるのは、この辺りの見晴らしの良い高台は、大抵お墓が、、、お墓がなくとも、御嶽(うたき)や御願所(うがんじょ)がほぼ確実にあり、おいそれと近づきがたい。その意味でも、普段人影は1ナノミクロンも無い。だからこそ、read & walkな、“歩き新聞”には持って来いってわけ。
 
まあ他にも、我が家はちょうど浦添市や西原町との境目で、それらお隣町にも、高台が点在しているので、いずれ機会があったら(=他にどうしても書くネタが無かったら、今回みたいに)、また紹介したいと思う。いずれ。
 
あ、それと、(いるわけないと思うけど、もしも行ってみたいと思うレアな方は)林や草むらはハブに注意。念のため。マジで。
 
 
そんなこんな、ひたすら地味な、“無名の側の”首里。myお気に入りの丘や山の高い場所でひと休みすると、帰りは一層はりきってwalk & read、“歩き新聞”三昧。それが、my日常。
 
あ、もう15時半じゃん。電池切れたので、無理矢理お出かけ。今日は何処へ、かな。
 
 
 
沖縄CLIPフォトライター 小川 研(Qey Word)
 
▼関連記事:
フォトライターズダイアリー 051 小川研編
フォトライターズダイアリー 043 小川研編
フォトライターズダイアリー 034 小川研編
 
 
 
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

Information