沖縄観光情報:「沖縄気分が上がるカクテル、ください」。古民家で味わうオーダーメイドのカクテル

「沖縄気分が上がるカクテル、ください」。古民家で味わうオーダーメイドのカクテル

post : 2015.06.30 21:00

 
名護(なご)の街なかに、ぜひ行ってほしい1軒の古民家があります。今から新たに建てることは不可能に近い、やんばるの山の木でできた一軒家。素足に心地よいつるつるの床板が、大切に住み継がれてきたことを物語っています。
 
 
この古民家に住みながら、「やんばるダイニング松の古民家」を営む松下豊さんは、職歴14年のバーテンダー。お店には、厳選した銘柄豚のしゃぶしゃぶなどが食べられるお座敷のほかに、バーカウンターがあり、ここではなんでも好きなカクテルをオーダーできます。

 
メニューには、カクテルの名前はひとつもありません。素材やお客様から受けるインスピレーションでつくるのが、松下さんのスタイルです。取材の日、曇り空の1日で気分を上げたかったので、「あ~~~夏が来た!!っていう感じのをお願いします」と言ってみました。すると、出てきたのがこちらの3種類(車だったので、こちらはノンアルコールです)。

 
「ファーマーズマーケットには地元で採れたフルーツがずらっと並んでいるし、近所のおばあが山の畑からシークヮーサーやグァバを持ってきてくれることもしょっちゅう。やんばるの人と自然の豊かさには、驚かされることばかりで」という松下さんの言葉どおり、夏の太陽と、自然のままの果実の恵みが、これでもか!と押し寄せてくるような、リッチな味わいでした。

 
特に美味しかったのがパッションフルーツのカクテル。驚いて、「パッションフルーツってこんなに美味しいものでしたっけ?」と尋ねてみると、隠し味にハンドメイドのシロップが入ってたことが判明。「パッションフルーツは、そのままだと甘みや味が出にくいんです。そこで、冬に実る甘いタンカンを加えて煮詰めておいたシロップです」。心憎いプロのひと手間で、素材が生き生きと輝くのだなあ、と感動しました。
 
シロップ以外にも、やんばる産のしょうが・黒糖・レモングラスを漬けた「やんばるモスコミュール」の素も手づくり。やんばるでしか、このお店でしか飲めないお酒の世界が、組み合わせ次第で無限大に広がっています。

 
お座敷でのお食事も、創意工夫をこらしたメニューから選ぶことができ、大満足の旅ごはんになること間違いなし。お腹がいっぱいになったら、バーコーナーに移動して、カウンターかソファでくつろぎながら、亜熱帯の夜を愉しんでくださいね。
 
 
松の古民家
所在地/沖縄県名護市大南2-14-5
TEL/0980-43-0900
営業時間/Dinner time 18:00~24:00、BAR time 24:00~(L.O. 26:00)
定休日/木曜
駐車場/10台
 
沖縄CLIPフォトライター 浅倉彩
 
〜 もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP 〜
 
 
※まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

Information

沖縄県名護市大南2-14-5