沖縄観光情報:海・森、そして馬…知られざる大人の洗練空間『やんばるロハス』

海・森、そして馬… 知られざる大人の洗練空間『やんばるロハス』

  • 泊まる
  • 123
  • Clip

post : 2015.07.18 12:00

南国の象徴、常緑のヒルギ林で知られる、東村慶佐次湾(ひがしそんげさしわん)。この美しい入江を一望する海抜12m程の小高い丘上に、ぽつねんと建つ洋風家屋…。洗練された空気感が遠目からも伝わって来ます。ペンション『やんばるロハス』は、知る人ぞ知る、一日2組限定のプライベートリゾートです。

 
健やかに枝を伸ばす亜熱帯植物に囲まれた敷地は、およそ2,000坪。広大なガーデンには、東屋やハンモック、ブランコやベンチが小憎らしいほどに馴染みます。


 
目の前はすぐ、海。ゆるやかな坂を降りると、そこは文字通りのプライベートビーチ…。海上に目をやると、ゆらゆら進む幾重ものカヌーが彩りを与えています。

 
完全予約制の客室は、2Fに2種類。ちょっとセレブ気分でリッチに過ごしたい方は、迷わず60㎡の極上空間「プライベートヴィラ」へどうぞ。内装、インテリア、寝具やサニタリーなどいずれもちょっとしたラグジュアリー感が非日常を演出してくれます。また、キッチン付きなので、ロングステイで暮らすように過ごしてみてはいかがでしょうか。



写真[プライベートヴィラ]5点:Shige
 
そして、カジュアルかつリーズナブルにステイしたい方は、30㎡のコテージ「ルームたましだ」がスタンバイ。こちらの魅力は何と言っても、ベランダ脇の木造ジャグジー。大自然の中で浸かる、ほの温かな湯…。旅の疲れを根こそぎ取り払ってくれるでしょう。



 
いずれも、やんばるの色濃い森と、南部や西海岸の喧騒とは無縁の穢れ無きオーシャンビューをとことん満喫できます。
 
また、1Fには自然光が眩しいカフェテリアもあり、オプション(1,080円税込)の朝食は、こちらでいただきましょう。自然を愛する気さくなスタッフとのゆんたくも楽しみです。この時期ならではの慶佐次湾カヌー体験や、知られざる東村の見所などを、ばっちり聞いておきましょう。
 
 
ところで、他に何もないような東村のこの場所に、なぜこんな素敵なペンションが?という疑問、正直ありますよね。実は、空間環境デザイン会社のオーナーが、ご自身の別荘を改築し、2010年にオープンしました。なるほど、随所に見られるクオリティの高さにも納得です。
 
そして何より! やんばるロハスならではのオンリーワンの魅力… それが、“馬時間”です。
 
 
人なつこくおとなしいカイ(♂)と、ちょっとワンパクで元気いっぱいなカルメン(♀)。2匹の賢いサラブレッドによる馬車体験や乗馬セラピーなど、オリジナルのホースメニューに惹かれてやってくるリピーターも少なくありません。もちろん海辺のお散歩も◎。ブルー↔グリーン…グラデーションの水面(みなも)が美しい今の時期が一番おすすめです。
 
  
やんばるの海辺、澄んだ空気で過ごす馬との穏やかな時間… 至福という言葉以外見つかりそうにありません。
スローでナチュラルなプライベートステイが、未だ見ぬ新しい沖縄時間へと誘ってくれるでしょう…

 
忘れられない思い出が、また一つできちゃいました。
 
 
 
 
やんばるロハス
住所/沖縄県国頭郡東村慶佐次167-2 ウッパマ倶楽部内
電話/0980-43-2884
料金/[プライベートヴィラ]16,200円~・[ルームたましだ]5,400円~(いずれも税込み・1名1泊)
チェックイン・チェックアウト/16:00・10:00
Webサイト/http://yanbaru-lohas.com
 
沖縄CLIPフォトライター 小川 研(Qey Word)
 
 
 
▼関連サイト:
大宜味村観光の拠点として最適!「ペンション 天夢森」が快適なグループステイをお約束
ヤンバルの『ペンション与那覇岳』で得た“本当の贅沢”…
“未開の地”東村に穴場的オーベルジュを発見!『ペンション&カフェテラス たちがあ』
 
 
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
 
 
 
〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

Information

沖縄県国頭郡東村慶佐次167-2