沖縄観光情報:茜色に染まる時刻まで楽しむ!渡具知ビーチのビーチパーリー

茜色に染まる時刻まで楽しむ!渡具知ビーチのビーチパーリー

post : 2015.08.01 21:00

 
こだわりの豚肉に舌つづみ!
美しいサンセットを眺めながらビーチパーリーを楽しめる「渡具知ビーチ」
 
沖縄に住みはじめた4年前の夏。すこんと抜けるような青空の日に意気揚々と海へ出かけたら、強烈な日差しに肌がひりひりと真っ赤に染まった。
 
その数日後、今度は日ざしが落ち着きはじめた18時ごろ海へ出かけると、まだ空も明るくて、これから泳ごうとやってくる人がけっこういることに驚いた。

  
泳がずとも、弁当や、どこかで買ったピザやお惣菜を砂浜でひろげ、夕陽を見ながらご飯を食べる人の姿に、南国ならではの海の楽しみ方をのぞいたようで、沖縄で暮らしはじめたんだなぁと、しみじみ嬉しくなった。
 
同じように、沖縄の海の楽しみ方に、ビーチパーリーがある。ビーチパーリーとは、家族や仲間たちが集い、海辺でわいわいバーベキューをすること。
 
エメラルドブルーの海を前に、初めてビーチパーリーに参加したときには、沖縄の空気に少し溶け込めた気がして、妙に嬉しくなったものだった。

 
ビーチパーリーはやっぱり夏がいい。沖縄では屋根つきのテーブルといすを設置している海岸も多く、バーベキューの材料を準備してくれるところがけっこうある。
 
今回はそんなビーチパーリーのおはなし。しかも、夕暮れから楽しめる、いや夕暮れだから訪れたい、おすすめの場所。それは……

  
読谷村にある渡具知ビーチ。東シナ海に面したこの場所は、どこかのんびりとして、夕陽がきれいな場所としても知られている。
 
工場直送の新鮮な豚肉を提供する「がんじゅうファーム」が管理しており、砂浜から芝生つづきにテーブルといすがある。そして、食器や食材、道具にいたるまで準備してくれるので、予約さえすれば手ぶらでビーチパーリーができるのだ。
 
というのもビーチサイドには、ミートショップ&レストラン「がんじゅうファーム」があり、新鮮な食材を運んでくれるから。

写真提供/がんじゅうファーム(イメージ写真)
 
こちらがバーベーキューセット1人前。メインは自慢の豚肉で、自社ブランド「紅豚」からロースとバラ肉、ウインナーを用意。この紅豚がすこぶるおいしくて!
 
えさと育て方にこだわった、甘みのある脂身が特徴の豚肉は、特有のくさみが少なくあっさりとして、いくらでも食べられる。

 
じゅうじゅう~。手前が紅豚♡

  
セットには牛肉や焼き鶏もついてボリューム満点。ぷりっぷりのウインナーも!

オリオン、冷えてます♪
 
そして、ミートショップにはオリオンビールや泡盛もあるので、アルコールやソフトドリンクも調達できる。なんと、ビールサーバーの予約まで!

 
ビーチパーリーの楽しさは、それぞれ思い思いに過ごせるところ。海で泳ぎたい人、食べたい人、飲みたい人、踊りたい人。開放的なロケーションのなかで、子どもも大人も心のおもむくままに。なにより外で食べるご飯は、やっぱりおいしい!

   
このビーチ、さらに嬉しいのは遊具があること。まだちょっと泳げない子や海遊びに飽きた子、バーベキューでお腹がまんぷく!という子たちの遊び場だ。
 
 
そんな渡具知ビーチでのビーチパーリー、この時期は17時ごろからのスタートがおすすめ。日ざしがやわらぎはじめるころに海にはいって、バーベキューでお腹を満たして。ひと通り楽しんだところで、ゆっくりと空が茜色に染まりはじめる。ちょうどサンセットタイムにかかるのだ。
 
ぎらぎらとした太陽のもとでのビーチパーリーもいいけれど、真夏は過ごしやすくなる夕方からもいい。なんといっても、こんなにきれいな景色に出あえるのだから。
 
渡具知ビーチ
 
そして、夕陽が沈んだあとの数分間がまた美しくて。この日は台風が過ぎ去ったあとのせいか、空も海も燃えるように染まり、そこにいた誰もが自然の織り成す色合いに、ほうっと見とれていた。
 
 
旅に出かけたら、その土地の空気や文化にそっと溶け込んでみたいもの。日中はたっぷり観光地をまわり、夕飯は地元の人たちに混じってビーチパーリー。そんなコースもいいかもしれない。
 
この夏は、とってもぜいたくな沖縄時間を過ごしてみませんか。
 
 
 
がんじゅうファーム
住所/沖縄県中頭郡読谷村渡具知228
電話/098‐982‐8877
時間/11時~21時
休日/4~9月は無休、10~3月は水曜休
バーベキュー料金/2,500円(税抜き・中学生以上1人分)
http://ganjyu.co.jp/
 
※7~9月までの週末のみ、10名以上で屋根つきのテーブル席が予約可能(平日は少人数でもOK)。この期間の週末に少人数で訪れるなら、ミートショップ&レストランの横にあるテラスで、七輪の炭火焼がおすすめ。同じように紅豚を食べられるメニューあり
※夜のバーベキューは電気(+2,000円)の申し込みもおすすめ
※海水浴用のシャワー、更衣室あり
 
 
沖縄CLIPフォトライター 小野暁子
 
 
▼関連記事はこちら
小野暁子のきょうもまんぷく。「食堂黒猫編」
小野暁子のきょうもまんぷく。「山城紅茶編」
奇岩が特徴の穴場「渡具知ビーチ」はシュノーケリングも◎
 
 
 
~ もっと沖縄が好きになる。沖縄CLIP ~

Information

沖縄県中頭郡読谷村渡具知228
沖縄県中頭郡読谷村渡具知228