沖縄観光情報:夏限定!海辺の絶景カフェ「水母(くらげ)」でいただく、沖縄ならではのかき氷

夏限定!海辺の絶景カフェ「水母(くらげ)」でいただく、沖縄ならではのかき氷

post : 2015.08.13 12:00

※この記事でご紹介している店舗は閉店いたしました。店舗情報の正確性については、沖縄CLIPが保証できるものではありません。

 
沖縄本島最北端の観光スポット、「辺戸岬(へどみさき)」や「大石林山(だいせきりんざん)」から車で20分ほど南下した海沿いにたたずむカフェ「水母(くらげ)」。

 
目の前に白浜の天然ビーチが広がるこのカフェは、優しい潮騒の音色が響く場所。時おりヤンバルクイナの鳴き声も聞こえるのどかな所にあります。

 
建物も内装も、オーナーとスタッフとで作り上げたもので、どこか異国の映画に出てきそうな雰囲気。

  
そして窓から外を眺めると、吸いこまれそうなほど青く澄んだ海に癒されて。
 
こののんびりとした空気が好きで、本島の北部まで行ったら、必ず立ち寄るスポットです。

 
そんな海を眺めながら食べたい夏限定のおすすめメニューが「かき氷」。つややかに光る氷をしゃりしゃり削ってかけられるのは、沖縄ならではのシロップです。

 
イチオシは、目にも鮮やかなドラゴンフルーツのかき氷!
 
運ばれてきたとたんに、わぁ♡と心はずむ色合いは、無農薬のドラゴンフルーツで作った自家製シロップによるもの。上には果肉をトッピングし、ひんやりとした中に、ぷちぷちと楽しい食感がはじけます。

 
ドライブがてらのワンブレイクにもいいし、目の前の海や近くの川で遊びつかれたあとに食べても格別。

 
こちらは沖縄の柑橘類の代表、タンカンシロップのかき氷。ひとさじ口に運ぶと、さわやかな酸味が体をかけ抜けるさっぱりとした味わいです。

 
そのほか、シークワーサー味もあり、ここで食べられる3つの味は、これぞ沖縄というものばかり。毎年かき氷は、ゴールデンウイークから9月末までのお楽しみです。
 
カフェには県産豚肉を使った、タコライスやスモークサンドなどのフードもあるので、食後のデザートにもぴったりですよ。

   
打ち寄せる波を見つめながらほおばれば、食べたあとには心と体がゆるりとしている、カフェ水母のかき氷。
 
海と森に囲まれたやんばるの奥地で、ひんやりブレイクをしてみませんか。
 
 
 CAFE 水母(くらげ)
住所/沖縄県国頭郡国頭村楚洲150‐1
電話/0980-50-4040 
時間/ 11:00~18:00
休日/火、水曜日
http://www.mco.ne.jp/~yamagame/kurage/kurage.html
 
 
沖縄CLIPフォトライター 小野暁子
 
 
 
▼関連記事はこちら
 
北部の海岸にたゆたう小さなカフェ「カフェ水母(くらげ)」
海に川、滝つぼまで!大自然にかこまれた海辺の宿「朝日家」
沖縄国定公園「大石林山」は、2億年の歳月を経て隆起した亜熱帯の林山
 
 
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
 
 
~もっと沖縄を好きになる。沖縄CLIP~

Information