沖縄観光情報:【リトハク×沖縄CLIPコラボ】カジキマグロと長命草、日本でいちばん西にある島料理の店「海響(いすん)」で打つ舌鼓〔PR〕

【リトハク×沖縄CLIPコラボ】カジキマグロと長命草、日本でいちばん西にある島料理の店「海響(いすん)」で打つ舌鼓〔PR〕

post : 2015.08.24 13:00

日本最西端の島、与那国島(よなぐにじま)

 

まもなく日本最西端の島、与那国島(よなぐにじま)に到着という頃、出力を抑え始めた39人乗りのプロペラ飛行機の窓から真下を眺めると、澄みきったブルーの海が広がっていました。宮古島や慶良間諸島の緑がかった青とは確かに違う、与那国ブルー。他の離島にはない独特の深みが与那国への期待感を膨らませてくれます。

飛行機を降りて向かったのは、日本最西端の島の、そのまた西の端にある島料理の店、海響(いすん)。

 

ヨナグニウマ

 

空港から車で10分。切り立つようにそびえる小高い丘。のんびり草を食む与那国馬。車窓の外を今まで見たことのない沖縄が次々に現れては消えていくのをただ眺めていました。

 

最西端の碑

 

程なくして到着したのは久部良(くぶら)という小さな集落。沖縄本島や石垣島とはまた違った独特の異国情緒が漂っていました。黒潮本流が直接ぶつかる与那国島の最果てにあるこの集落は、古くからカジキマグロやカンパチのほか、多種多様な海の幸が水揚げされてきた漁村です。中心部から車で1~2分の西崎(いりざき)は「日本国 最西端之地 与那国島」と書かれた石碑の立つ絶景ポイント。条件が良い日にはわずか111km先にある台湾が望めるとあって多くの観光客が訪れています。

 

海響に到着

 
公民館のほど近く、集落の中心部だろうと思われる場所にひっそりと佇んでいる島料理の店、海響。引き戸を開けて中に入ると、女将さんの具志堅学子(ぐしけん・たかこ)さんが素朴な笑顔で迎えてくれました。具志堅さんは、映画『老人と海』の主人公、糸数繁(いとかず・しげる)さんのお孫さん。糸数さんはサバニ(沖縄独特の小型の舟)に乗ってたった一人でカジキマグロと格闘してきたという伝説的なウミンチュ(漁師)で、この辺りでは有名人なのです。
 
「家庭料理しか知らないんですけどねー」
 
褒めると照れたように笑う具志堅さん。漁師の村に生まれ、小さい頃から魚をさばくのを手伝ってきただけあって、包丁さばきは実に鮮やか。

カジキマグロとシチューマチ(アオダイ)の新鮮な刺身

 

最初に登場したのは、カジキマグロとシチューマチ(アオダイ)の新鮮な刺身。カジキマグロはやわらかでとろけそう、シチューマチはプリプリした歯ごたえと広がる旨味がなんともいえません。十分すぎるほど伝わってくる与那国の海の魅力に圧倒されていると、二つ目のお皿に続いて三つ目、四つ目と新たな料理が運ばれてきます。

 

この続きは、沖縄離島博覧会【リトハク】のWebサイトでご紹介しています。
こちらからご覧ください。 ⇒ http://ritohaku.okinawastory.jp/yaeyama/5675/
 
 
海響(いすん)
住所/沖縄県八重山郡与那国町字与那国4022-6
電話/0980-87–2158
営業時間/18:00~23:00(水曜定休日)
 
 
 
 
沖縄CLIP編集部
 

[この記事は、沖縄観光コンベンションビューロー様が運営する【リトハク】のスポンサード記事です]

Information

沖縄県八重山郡与那国町字与那国4022-6