沖縄観光情報:【リトハク×沖縄CLIPコラボ】島人気分で巡る、宮古諸島おすすめローカル旅5選〔PR〕

【リトハク×沖縄CLIPコラボ】島人気分で巡る、宮古諸島おすすめローカル旅 5選〔PR〕

post : 2015.10.27 18:00

 

人気の観光地を巡る旅もいいですが、島人になった気分で巡るローカルな旅も、またひと味違った島の魅力を楽しむことができるのでおすすめです。冬の宮古諸島では、街歩きツアーや織物体験など島ならではのアクティビティを楽しんでみませんか?行く度に新しい魅力に出会える宮古諸島を満喫してください。

①宮古上布を学んで宮古織体験

着物愛好家の中でも人気の高い宮古島の染織物『宮古上布』。職人さんの手で数ヶ月かけて作られるという宮古上布は、一反の重さがわずか400gというとても繊細な織物です。素人が宮古上布を織るのはかなり至難の業ですが、麻と絹を使って織る宮古織は、初心者でもチャレンジしやすいのでおすすめです。宮古島市工芸体験館では、色鮮やかな宮古織体験が楽しめますよ。

②散歩で巡る宮古の歴史『綾道散歩』

宮古島の歴史に触れるなら、街歩きツアー『綾道(あやんつ)散歩』がおすすめです。"綾道”とは宮古島の言葉で、"美しい道”を意味します。地元のガイドさんと一緒に、宮古島創世神話や人蛇婚説話が伝わる聖所、漲水御嶽(はりみずうたき)や、上層役人だけが使ったという石造井戸、大和井(やまとがー)等、宮古島の歴史スポットを巡ります。宮古島の歴史を知ると、もっと宮古島が好きになりますよ。

③ゴルフを楽しむおとな旅

冬でも温かい宮古諸島は、ゴルファーにも人気のスポット。島内には多くのゴルフ場があり、特徴あるコースを楽しむことができます。山で楽しむイメージが強いゴルフですが宮古島のゴルフ場は、海を望めるコースもありオーシャンビューの絶景を楽しみながらプレイできるのも嬉しいポイントです。ショートコースからチャンピオンコースまでレベルに合わせてさまざまなコースを楽しめます。宮古島の冬は、ゴルフ旅で楽しむのもおすすめです。

④神聖なスポット塩川御嶽でゆったり散策

塩川御嶽(しおかわうたき)は、多良間島の東部に位置する聖所。古くから島の人たちに大切にされてきた場所です。御嶽までの参道は樹齢300年とも言われるフクギが並び、静かで荘厳な雰囲気に包まれています。沖縄県の天然記念物にも指定されており、御嶽内の植物は古くからある貴重なもの。ゆったりと散策を楽しむのもおすすめです。

⑤多良間島の歴史を伝える、ふるさと民俗学習館

国の重要無形民俗文化財にも指定されている『八月踊り』など数多くの伝統文化が息づく多良間島(たらまじま)。平成5年に開館した多良間村ふるさと民俗学習館は、多良間島の民族芸能や文化財を数多く展示している施設です。展示物には、八月踊りの衣装や神事に使われる祭事道具も展示されており、島の歴史や文化を深く知ることができます。

島人になった気分で旅をすると、観光とはまた違った島の魅力に触れられます。年間を通じて温かい宮古島は、冬の時期こそおすすめのスポットです。島の暮らしに溶け込むような旅を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

沖縄離島博覧会【リトハク】のWebサイトでは、沖縄離島の魅力を発信しています。

http://ritohaku.okinawastory.jp

 

沖縄CLIP編集部


*この記事は、沖縄観光コンベンションビューロー様が運営する【リトハク】のスポンサード記事です*

 

Information