沖縄観光情報:慌ただしい日常から抜け出すべく、思い切って「ココガーデンリゾートオキナワ」へ!【PR】

慌ただしい日常から抜け出すべく、思い切って「ココ ガーデンリゾート オキナワ」へ!【PR】

post : 2015.11.13 21:00

 
心もカラダもちゅらかーぎー(美人)に、そして女子旅を一層充実させたいなら、オススメのホテルは「ココ ガーデンリゾート オキナワ」。沖縄本島中部、東海岸うるま市の小高い丘に立つリゾートホテルです。今回は沖縄女子2人で旅をしてきました。
 
 
笑顔で出迎えたスタッフが丁寧にチェックインのお手伝い
 
 
ココ ガーデンリゾート オキナワの魅力は、リゾート感溢れる雰囲気でありながら、スタッフがとても近くに感じることができるアットホームさにあります。宿泊されたお客様は「スタッフとの距離感が心地良い。1人でも来やすい」と感じる方が多いんだとか。ここがリピーターが多いポイントの1つ。チェックインを済ませたら、ミニバンでお部屋まで移動。のびのびと過ごすことのできる広大な敷地も、日常を忘れて開放感を感じさせてくれます。
 
ココガーデンリゾート オキナワ フロントスタッフの中澤さん。八重山のミンサー織デザインのユニフォームがとても魅力的。
 
 
好きな香りに包まれてリラックス 

 
チェックイン時に3種類のアロマオイルから好きな香りを選ぶことができます。オリジナルアロマポットでお部屋が心地よい香りに。

 
他にも、ネイルセットやフットバス、枕もテンピュールやそば殻、低反発、マイナスイオンの4種類をレンタルできます。アロマ香る空間で、いつもと違うネイルカラーにトライしたりフットバスで日頃の疲れを癒したり、ゆっくりと自分磨きをしたり、自分に心寄り添う時間を作ることこそ贅沢なことかもしれません。

 
 
お肌ぷるぷるになれるアフタヌーンティータイム

 
お部屋に着いたらまずはアフタヌーンティータイム。なんと、ツバメの巣やフカヒレなどを使ったオリジナルコラーゲンスイーツとドリンクを好きな場所に持って来てくれるんです!なんと無料(一部客室は有料)。お部屋でゆっくりティータイムを楽しむのもいいですが、プールサイドやガーデンでちょっと優雅な気分のアフタヌーンティーも特別感アップです。

 
この日のコラーゲンスイーツ(日替わり)は、ゆし豆腐とスッポンのコラーゲンソース、燕の巣入りマンゴータピオカ、フカヒレ杏仁豆腐の3種類でした。コラーゲンたっぷりなので、次の日には肌がぷるっぷるになってましたよ! お化粧ノリが久々に良かったです(笑) ガーデンに何カ所かあるハンモックで寝そべって、誰にも邪魔されない時間を過ごすこともおすすめ。
 
 
沖縄の天然素材で美肌に、そして極上の癒し・ココスパ
 
 
夕食までの間は、スパタイム。「ココスパ」では、ハイビスカスやウコン、島塩、シークワーサーやもずくなど、沖縄の天然素材のスクラブのボディーパックで肌に活力を与えてくれます。

 
 
人気のコンビネーショントリートメントコースは、フットバス、ボディーマッサージ、ボディーパックの全身のトータルコース。今回は、ボディーパックのスクラブはハイビスカスをチョイス。最高のフットバス、スパのウェアー、施術後のハイビスカスティーと、ハイビスカス尽くし。ハイビスカスを見るだけで南国気分になって、癒されてしまうのが沖縄、南国マジック。
 
 
仕上げの緑溢れるテラスバスでのバスタイムは、すべての疲れが一気に抜け出しとろけてしまいそうなほど至福の時。2日間、3日間、4日間コースと連日体験できるプログラムもあり、最終受付23時で、夜中の1時まで施術しているので寝る前にスパで1日を締めくくることもおすすめです。
 
 
赤いシャトルバスが便利
 
 
グループホテルである恩納村(おんなそん)にあるルネッサンス リゾート オキナワとの間を、無料のシャトルバスが運行しているので、ルネッサンス リゾート オキナワのマリンアクティビティやレストランなどの施設を利用したりして楽しむこともできます。
 
 
ココガーデンのディナー、広東飲茶三昧50選は外せない!
 
 
ココ ガーデンリゾート オキナワのディナーは、ほっんとに美味しくて、宿泊する際の楽しみの1つとして外せません。なんと言っても注文を受けてから蒸す出来立て熱々の点心は絶品。アグー豚やゴーヤーを使った餃子、紅芋やもずくを使った焼売など、沖縄食材を使った珍しい点心メニューが楽しめます。点心も温菜もデザートも一部を除いて好きなものを好きなだけオーダーして楽しめるんです。ブッフェスタイルの麺類や粥は、トッピングやスープ、薬味、どれをトッピングして食べたら良いか迷ってしまうほど種類豊富。フカヒレの上海蟹味噌煮込みや、もずくとコラーゲンたっぷりフカヒレスープなどのスペシャルメニューもあり、アフタヌーンティータイムで、たっぷりコラーゲンを摂った後に更にコラーゲンチャージ♪ 本格的な料理の数々にお箸が止まりませんー。
 
 
レストラン内は琉球松で作られたテーブルとチェアで温かみと高級感ある空間。日中は心地よい陽射しが入り、陽が暮れたディナータイムには街の光がキラキラ輝く夜景が広がりロマンチックなひと時を過ごすことができます。

ココガーデンリゾートホテル レストラン マカンマカン スタッフ、みなさん笑顔がステキ。
 
 
リゾートステイが楽しめる日替わりプログラムが充実
 
このホテルのさらなる魅力の1つは、リゾートステイを楽しむプランが充実していること。例えば、水曜日の夜は三線体験ができる「三線と島唄の夕べ」、日曜日には泡盛を使ったオリジナルカクテル作りができる「泡盛カクテルナイト」、朝はヨガ、気功・太極拳やピラテスとなど、誰でも楽しめるプログラムがたくさん。これこそ、気軽に1人旅で訪れたり、女子旅で訪れる人が多い人気の秘密。
 
 
お腹いっぱいのディナー後に、「三線と島唄の夕べ」に参加してみました。スタッフの手慣れた三線の演奏と島唄を聞けるだけでも、すごく特別な気分。今回一緒に参加された方々も、初めてとは思えないほど上達が早く1時間以内の体験で2曲も弾けるようになっていましたよ!

 
翌朝、朝日と共に目覚めたら「ビューティーヨーガ」を体験。朝の心地よい空気感と優しい木漏れ日の中でする朝ヨガ。最高です!! 内側からリフレッシュ。
  
 
朝ヨガの後は、朝日がたくさん降り注ぐガーデンで朝食。ゴーヤーやフレッシュ野菜、果物で作ったスムージーで更に内側からキレイに!
 
 
他の沖縄のリゾートホテルとちょっと違う感覚
 
沖縄のリゾートホテルと言えば、目の前に広がる海! のイメージのリゾートホテルが圧倒的に多い中、こちらはちょっと違います。小高い丘に位置するココガーデンのプールサイドからの眺めは、沖縄の街。 
 
 
街と言っても、自然が多く残るうるま市の景色は最高。夜景も楽しめます。小高い場所にあるおかげか、心地よい風も印象的でした。

 
アクティブに観光地や島内を巡るのもいいけれど、ココ ガーデンリゾート オキナワでゆったりと、そして心もカラダもちゅらかーぎーにする沖縄時間を過ごしてみませんか? 沖縄の旅で内側、外側すべてキレイにリフレッシュしちゃいましょう。
 
 
ココ ガーデンリゾート オキナワ
住所/沖縄県うるま市石川伊波501
電話/098-965-1000
HP/http://cocogarden.com
 
 
沖縄CLIP編集部
 
 
※こちらの記事はココ ガーデンリゾート オキナワさまのスポンサード記事です。

Information

沖縄県うるま市石川伊波501