沖縄観光情報:南国の風景を彩る「マングローブ」

南国の風景を彩る「マングローブ」

post : 2013.12.05 18:00


「マングローブ」とは、熱帯の海岸沿いの海水と淡水が混じりあう場所に生育する植物群の総称。
沖縄にはヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギ、ヒルギモドキの4種が生育しており、このうちヒルギモドキは島北部の億首川(おくくびがわ)の河口にしか見られないのだそう。


海岸沿いにタコ足みたいな根っこでしっかりと大地に根ざす姿に力強さを感じます。
マングローブの根っこは海に有害なものが陸から流れていかないようにするためのフィルターの役割を担っているんですよ!


マングローブの森が目の前いっぱいに広がる様子は、まさに南国そのもの。
そんな沖縄の自然に触れる、心洗われる旅へでかけませんか?

沖縄CLIPフォトライター 知念玲奈(0173)

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 

Information

沖縄県金武町