沖縄観光情報:沖縄に来たら食べて見たい!おいしい新感覚おやつ

沖縄に来たら食べて見たい!おいしい新感覚おやつ

  • おすすめ
  • 29
  • Clip

post : 2015.11.25 10:00

沖縄のおいしい新感覚おやつ

おいしい“おやつ”は、楽しい旅の必須アイテム。沖縄にはおいしいおやつを提供するお店がたくさんありますが、今回は、そのなかでも新感覚の新しいおやつをピックアップしてご紹介します。ドライブでの車中やホテルなどで気軽にお召し上がりください。

①島豆腐で作った新感覚おやつを提供する「しまドーナッツ」

淡い黄色の屋根と扉と窓枠には薄い青色。絵本にでてきそうな程かわいらしい佇まいの「しまドーナッツ」は、名護市伊佐川(なごしいさがわ)にあるドーナツ専門店です。 ここで提供するのは、沖縄の食卓では当たり前に見かける島豆腐のおからを使い焼いた、焼きドーナツ。チョコやココナッツなどの定番のトッピングにあわせ、ジーマミ(島ピーナッツ)や紅イモなどの沖縄の素材を使ったものが並びます。

子供たちが安心して食べられるおやつを作りたいと、島豆腐のおからなど体を思いやった素材を使う焼きドーナツは、店主のこだわり。「しまドーナッツ」のドーナツは、そんな優しい思いが伝わる、母親ならではのおやつなのです。

しまドーナッツの詳細情報

住所/沖縄県名護市伊差川270
電話/0980-54-0089
しまドーナッツの詳細情報はこちらから>>

②キャロットアイランド名産、「津堅にんじんサイダー」

別名キャロットアイランドとしても知られているにんじんの名産地、うるま市津堅島(つけんじま)。口あたりが優しく、甘いにんじんとして県内外でも評価が高く、人気があります。今回おすすめするのは、この津堅島のにんじんを使用したご当地サイダー「津堅にんじんサイダー」。

有機栽培ならではのいびつな形など、規格に落ちたにんじんの新たな活用法を考え、農家自ら開発した商品。色合いも鮮やかで、ラベルには島へ渡るフェリーのイラストがユニークに描かれています。「津堅にんじんサイダー」は、平敷屋港や海中道路、海の駅あやはし館などでお土産として販売も。シークヮーサーが入っていることで、甘さのなかにも爽やかさが広がります。

津堅にんじんサイダーの詳細情報

生産/農業生産法人 萌芽
電話/098-855-5560
津堅にんじんサイダーの詳細情報はこちらから>>

③ ジーマミ豆腐を使った、ポールシュガーの「ジーマミきなこロール」

自社農園で栽培した素材を使いスイーツを提案するのは、那覇市久米(くめ)にある「楽園スイーツ ポールシュガー」。店内には、その農園で育てた島バナナやブルーベリー、ハーブなどの素材を使った、かわいいスイーツがずらりと並びます。

ここで沖縄島スイーツとして販売しているのが、1本1,500円の「ジーマミきなこロール」。生地にきなこを練りこみ、クリームにはジーマミ(島ピーナッツ)豆腐を使用していることで、大人も楽しめる濃厚な味をだします。一度食べると癖になりそうな、新感覚のもちもちの食感。旅の疲れた体に、ほどよい甘さが染み渡ります。

楽園スイーツ ポールシュガーの詳細情報

住所/沖縄県那覇市久米1-14-1 アーバンコンフォート1階
電話/098-917-2730
楽園スイーツ ポールシュガーの詳細情報はこちらから>>



ホッと一息を入れる瞬間。おいしいおやつは、旅のお供としても彩りを与えてくれます。テイクアウトできることで、旅の隙間をうまく埋めてくれるのもうれしいですよね。気に入ればお土産としてもご購入し、ぜひお持ち帰りください。お土産として頂ける方も、笑顔になること間違いなし!の一品です。



◎ おやつに最適な沖縄のスイーツは、こちらでも紹介しています。




沖縄CLIP編集部


沖縄CLIPでは、みなさんがおすすめする沖縄観光情報をお待ちしております。ご投稿はこちらから。



〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

 

Information