沖縄観光情報:「かふーわ宜野湾」は家族やグループで泊まりたい一軒貸しの外人住宅宿!

「かふーわ宜野湾」は家族やグループで泊まりたい一軒貸しの外人住宅宿!

  • 泊まる
  • 184
  • Clip

post : 2015.12.13 21:00

 
那覇空港から車で30分、人気のトロピカルビーチまでも車で5分という「かふーわ宜野湾」は、3LDKで大人7人が宿泊可能な一軒貸しの宿。戦後、米軍関係者用の住まいとして建てられた、沖縄ならではの外人住宅を利用しています。

 
庭には樹齢100年以上というガジュマルの木があり、手作りのブランコがつるされています。

 
「かふーわ」とは、沖縄の方言で、「いい知らせ」や「幸せ」を意味するもの。オーナーの中村 淳(なかむらあつし)さんは、この場所から幸せの輪が広がるようにと願いを込めて、宿の名前にしたといいます。

 
ドアを開けてまず目に入るのが、ポップカラーでまとめられたリビングダイニング。テーブルも棚もDIYが得意な中村さんの手作りで、部屋は木の温もりを感じるやわらかな雰囲気。

 
外人住宅だけあって天井が高く開放感があり、キッチンは広々とした大きさです。電子レンジや炊飯器、冷蔵庫など、基本的な調理家電は用意されているので、自炊もラクにできそう。ダイニングの奥には洗濯機と乾燥機もあります。

 
ベッドルームはふたつあって、ひとつは光がさんさんと入り込むシングルベッドが3つ並ぶ部屋。

 
もうひとつは二段ベッドの部屋。なんとこれも中村さんの手作り!
 
下段を利用する人が圧迫感を感じないように天井を高くし、幅はゆったりとしたセミダブルサイズ。さらにベッドをくっつけることで、かなり広々と感じます。見ているだけで子どものはしゃぐ声が聞こえてきそうなこのベッドでは、家族で川の字になって寝ることもできます。

 
もうひとつ子どもが喜びそうなのがキッズルーム。おもちゃや小さなすべり台まであって、子どもには至れり尽くせり。

 
どうしてこれほど子どもに優しいしつらえなのか尋ねてみると、中村さんの答えはとてもシンプル。
 
「ゆったりくつろいで、大人にも子どもにも楽しい旅をしてほしいから」
 
 
壊してはいけないからアレをやらないでね、コレも触らないでね。小さな子どもがいる親なら、旅先でもそんな気をまわしがち。けれどここでは……
 
「ケガさえしなかったら、家具に少しぐらい傷がついても大丈夫。丸ごと一軒貸し切りなので周囲に気兼ねもありません。どうぞ大人も子どもも笑顔で過ごしてください」
 
子どもが喜ぶものを置くことで、宿でも飽きずに過ごせ、大人はゆったりくつろげる。ブランコも二段ベッドもキッズルームも、4人のお子さんをもつ中村さんの優しさからできています。
 
 
すこんと抜ける空が気持ちいい庭からは、遠くに海を眺められ、バーベキューも可能。1,000円の追加料金でバーベキューコンロと炭を利用できます。
 
 
さらに嬉しいサービスは、中村さんが旅のプランの相談にのってくれること。予約時はもちろん、チェックイン時にもおすすめの店や旅ルートを教えてくれます。
 
暑い時期なら、観光客が少なく地元の人が通うシュノーケルスポットを、雑貨好きと聞けば、おすすめの雑貨屋さんを。地元の人と触れ合える場所、穴場スポットetc. 旅の予定を組むこともサポートしますよと中村さん。まるで沖縄旅行の案内役のようです。
 
そんな心遣いもやはり、旅を楽しいものにしてほしいという思いからです。
 
 
ペットと一緒に泊まれて、大人数でもOK! 家族旅行のほかに、最近では女子旅や卒業旅行で利用するグループも増えているそう。
 
近隣にはかわいいカフェやパン屋もあり、暮らすように泊まれる宿「かふーわ宜野湾」。ここは優しさの詰まった一軒宿です。
 
 
かふーわ宜野湾
住所/沖縄県宜野湾市大謝名2‐5‐11
電話/090-1947-0122(直通)、098-998-8628
料金/一軒貸し25,000円 *プランによって金額に変動あり
http://favorite-okinawa.com/
 
*シュノーケルセットの無料レンタルあり。
*同じ一軒貸しでリビングにキッズハウスつきの外人住宅宿、「かふーわ浦添」もあります。ホームページをご確認下さい。
 
 
沖縄CLIPフォトライター 小野暁子
 
 
▼「かふーわ宜野湾」近くのおすすめスポットはコチラ
ファミリーでも安心!宜野湾市の「トロピカルビーチ」で、思いっきり遊ぼう!
出会った瞬間に惚れてしまう沖縄の手仕事「kufuu」
鶏そば屋「いしぐふー」は山原地鶏だしのあっさりスープが決めて
 
 
 
~沖縄をもっと好きになる 沖縄CLIP~

Information

沖縄県宜野湾市大謝名2‐5‐11