沖縄観光情報:築150年以上の古民家で食べる、首里の沖縄そば「御殿山(うどぅんやま)」

築150年以上の古民家で食べる、首里の沖縄そば「御殿山(うどぅんやま)」

  • 味わう
  • 180
  • Clip

post : 2015.12.30 06:00

  
首里の高台にある「御殿山」は、築150年以上の赤瓦屋根の古民家で食べる沖縄そば屋さん。周りが美しい緑に覆われて、何度足を運んでも、この入口に立つだけで心が癒されます。

 
ご存知の方も多いと思いますが、沖縄の昔ながらの赤瓦の家には玄関がありません。ということで、店の中には横からひょいっ。

  
靴を脱いであがると、どこかのお宅におじゃましたような、のんびりとした空気。

仏壇
 
沖縄ならではの床の間や仏壇もあって、畳にぺたんと座ったとたん、くつろいでしまう。そんな居心地のよさも魅力のひとつです。

   
こちらで食べられるそばは、灰を水に溶かしてできるアクを加えた自家製麺。昔ながらの作り方を守っています。
 
使用するアクですが、なんと御殿山では木を燃やして灰を作るところからスタート。やんばるで1~2年乾燥させたガジュマルの木を1日かけてゆっくり燃やし、できた灰を水に溶かして何週間もかけて寝かせます。水が黄金色に澄んだところで、ようやく麺に加えるアクが完成。

灰に水を溶かし数週間すると黄金色に
 
しかも、灰によってアクにも違いが出てくるため、できあがったいくつかのアクをブレンドしてから小麦粉に混ぜ、そのつど理想の麺になるように調整しているそう。口に入るまでに、かなりの手間ひまがかかっていることに驚いてしまいました。

三枚肉がのった「胚芽すば」
 
メニューはスタンダードな「沖縄すば」や「ソーキすば」、「野菜すば」のほか、沖縄すばのプレーンな麺を胚芽麺に変えた「胚芽すば」などがあります。

 
こちらが胚芽を練り込んだ麺。クセがなく栄養価も高いので、プレーンに負けず劣らず人気だそう。メニューにあるそばなら、全てプレーンな麺と胚芽麺のどちらかを選ぶことができます。
 
スープは豚骨に玉ねぎ、泡盛を加えて煮込んだものをひと晩寝かせて余分な脂を取り除き、その日の朝とったカツオと昆布のだしをブレンド。仕上げに、三枚肉を煮込んでとれたスープを加えています。
 
ひと口飲むと、じんわりとカツオの旨みが広がる中に、しっかりとしたコクを感じられるスープは、最後までごくごくと飲みほしてしまうおいしさ。化学調味料を一切使っていないのも、大切なこだわりです。

 
こちらは女性に人気のヘルシーな「野菜すば」。たっぷり入ったもやしやキャベツ、にんじんは、油で炒めることなく湯通ししただけ。野菜それぞれのシャキシャキ感が残っているので食感も楽しい。
 
時間をかけて煮込んだ肉は、やわらかく、しっかりとした味わい。余分な脂を除いているから、あっさりとした野菜との相性もバツグンです。

  
サイドメニューのおすすめは、なんといっても「黒糖ぜんざい」。ふわふわの氷の下には、それぞれ黒糖で煮た金時豆と小豆が入っていて、小豆は裏ごして口当たりをよくするこだわりよう。小さな四角い餅が食感のアクセントです。
 
 
テラス席もあるので、風が心地いい日はこちらで食べても。庭の緑が気持ちいいですよ。
 
 
自信を持っておいしいと言えるそばを出すために、麺、スープ、具の全てが手作り。時間をかけて手をかけて。お客さんの喜ぶ顔を見たいという真心が伝わってきます。
 
親族で力を合わせて経営しているから、厨房ではあうんの呼吸が流れている。それもきっと、居心地のよさにつながっているはず。こだわりぬいた昔ながらの沖縄そばと、温もりに包まれた古民家と。御殿山は、今日も心のこもった一杯を訪れた人々に届けています。
 
 
琉球古来すば 御殿山(うどぅんやま)
住所/沖縄県那覇市首里石嶺町1‐121‐2
電話/098‐885‐5498
時間/11時30分~16時
定休日/月曜日
 
 
沖縄CLIPフォトライター 小野暁子
 
 
▼首里の関連記事はコチラ
琉球王国の歴史と文化にふれる世界遺産「首里城」
首里金城の大アカギは、神の大木。沖縄のパワースポット
虹色のオリジナルアイテムができる!「首里琉染」のサンゴ染め
 
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
 
 
~もっと沖縄を好きになる。沖縄CLIP~

Information

沖縄県那覇市首里石嶺町1‐121‐2