沖縄観光情報:高さ8メートルの琉球国王が登場!琉球ランタンフェスティバル

高さ8メートルの琉球国王が登場! 琉球ランタンフェスティバル

post : 2015.12.25 00:00

 
沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)で敷地1万5千坪の広さに琉球王朝時代の街並みを再現した観光テーマパーク『むら咲むら』。これまでは昼間の観光体験が主でしたが、12月1日からは夜の観光も楽しめます! 2016年2月21日まで毎日18:00から開催されている『琉球ランタンフェスティバル』は、冬の時期だからこそ楽しめる、夜のライトアップイベント。しかも沖縄初となる本格的なランタンフェスティバルです!

 
入場料は通常の600円のまま。しかも当日昼間に『むら咲むら』へ入場したチケット半券があれば夜も再入場も可能とのこと。1日に2度楽しめるのはお得ですよね! 昼間とはまたちがう夜のライトアップされた光景を楽しむことができます。

 
とくに、体験天使館に入ると圧巻! ランタンに手が届きそうな高さに連なっています。光の中を通り抜けると…

 
こんな風に、台湾や中国のような雰囲気。ここはかつて琉球王国時代に中国からの使者を宿泊させた施設『天使館』を模した場所。ランタンの灯りがマッチングしています。

 
『琉球ランタンフェスティバル』のメインスポットは、このランタンのアーチの向こう側! 舞台横の広場のほうに注目ですよ。

 
目玉は、コレ! 高さ8メートルにおよぶ巨大な琉球国王のランタン! 土台の高さが2メートルほどあるので、トータルで10メートルの高さがあり、かなり存在感があります! そのほかにも、高さ約2メートル級のエイサー隊や琉球舞踊の花笠踊りのランタンもあって、とても沖縄らしい光のオブジェが煌煌と輝いてそびえ立っていますよ。

 
琉球武徳殿の建物では、プロジェクションマッピングを上映! 上映期間は12月19日~2016年2月21日までの毎日19:00、20:00、21:00の3回行われています。

 
毎週末の金・土曜日には、舞台で読谷村の伝統芸能や音楽ステージを堪能できます。上演開始時間は、19:00、20:00、21:00の3回。高志保(たかしほ)の馬舞(うままい)など、読谷村でしか観ることができない芸能などを観賞することができます。(※12月23日と24日、1月3日、2月7日と8日も開催!)

 
また、読谷村のイメージキャラクター・よみとん、紅芋タルト、泡盛残波など、“読谷村ならでは”をモチーフにした手作りランタン・オブジェが展示されているコーナーもありますので、そちらもどうぞお楽しみに!
 
 
ククル奏劇場では、創作組踊(くみおどり)『スイミー』のDVDが毎日18:30からと19:30からの2回上映されているほか、1月3日にはお正月特別公演として、生の舞台を観ることができるそうです!
 
 
そのほか、屋台も出ていて、読谷村の有名な『金月そば』などが出店していますよ。このシーズン、読谷村内では、世界遺産・座喜味城跡(ざきみじょうせき)がライトアップされていたり、今年からはむら咲むらで約1000灯のランタンが観賞できる『琉球ランタンフェスティバル』が始まったりと、各スポットで『よみたん夜あかり』が開催されています。読谷村で、沖縄の夜の観光を楽しんでみませんか?
 
 
『琉球ランタンフェスティバル2015』
期間:2015年12月1日~2016年2月21日まで
点灯時間:18:00~22:00(開園は9:00~)
会場:体験王国むら咲むら(住所:沖縄県読谷村字高志保1020-1)
電話:098-958-1111
料金:大人600円(大学生以上)、 中高生500円、 小学生400円
駐車場:あり(無料)
公式HP:http://ryukyu-lantern.com
 
沖縄CLIPフォトライター 桑村ヒロシ(KUWA)
 
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
 
〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

 

Information

沖縄県読谷村字高志保1020-1