沖縄観光情報:やんばるの「おいしい」を探す旅

やんばるの「おいしい」を探す旅

  • おすすめ
  • 21
  • Clip

post : 2015.12.25 08:00

やんばるの「おいしい」を探す

沖縄本島北部エリアの事を、通称山原(やんばる)と言います。山々は緑深く生い茂り、畑も多く、おいしい野菜やフルーツなどが栽培されています。今回は、やんばるで「おいしい」を探すならここ!とお勧めしたい、素材にもこだわりを見せるカフェやレストランをご紹介!やんばるならではのゆったりした時間が、さらに美味しさを引き立ててくれます。

やんばる食材を使った美味しい学食 「YANBARU HARUSAA’S TABLE kaito+」

YANBARU HARUSAA’S TABLE kaito+は、恩納村谷茶(おんなそんたんちゃ)にある沖縄科学技術大学院大学(OIST)の中にある学食カフェ。学食とは言ってもレベルが高く、やんばるの食材を中心に調理され、パンにもこだわりを見せるほど。カフェからは、西海岸をパノラマで見渡せ、景色を楽しみながら美味しい食事をいただくことができます。

新鮮なフルーツなどを、その場でミキサーにかけていただけるのは農家さん直営の学食カフェならでは。献立も、旬の食材を使用しつくられています。学食ならではのリーズナブルの設定もうれしいですね。

YANBARU HARUSAA’S TABLE kaito+の詳細情報

住所/沖縄県国頭郡恩納村字谷茶1919-1
電話/098-966-8413
YANBARU HARUSAA’S TABLE kaito+の詳細情報はこちらから>>

自家製の食材を使う、老舗そば店「むかしむかし」

名護市中山にある「むかしむかし」は、天然かん水で小麦粉をこねて作る、古くからの製法にこだわる老舗沖縄そばやさん。使用している食材のほとんどが自家製で、お店の裏にある畑で収穫します。

時期にあわせ、こだわりで栽培するものだからこそ、新鮮でおいしい。今回ここでお勧めするのは、「島野菜そば」。特製麺が見えないほどの野菜が、色とりどりに飾られます。豚骨をベースにした、かつお出汁のコク深いスープは絶品。木炭麺との相性もよく、一度食べるとやみつきになってしまいます。

むかしむかしの詳細情報

住所/沖縄県名護市中山694-1
電話/0980-54-4605
むかしむかしの詳細情報はこちらから>>

体にやさしいを追求する、本格派農園が営むリゾート「カナンスローファーム」

目の前には海が広がり、のどかな環境が心地よい「カナンスローファーム」は、パイナップルの名産地としても有名な東村の一角にたたずみます。「カナンスローファーム」は、無農薬の野菜やフルーツから豚や鶏などを育てる、本格的な農園が営む宿泊施設&カフェ。店内のカフェは、宿泊者以外にも開かれ、誰もがこだわりの美味しい食事を楽しむことができます。

カナンスローファームが運営する農園も併設されており、ここでは農業体験ツアーに参加することも。県内でも珍しい、本格的な循環型農業を、気軽に体験することができますよ。

カナンスローファーム カフェ&エコステイの詳細情報

住所/沖縄県国頭郡東村平良863‐2
電話/0980‐43‐2468
カナンスローファーム カフェ&エコステイの詳細情報はこちらから>>



やんばるの「おいしい」にこだわりを見せる、カフェやレストランなどをご紹介しました。いかがでしたか。どれもオリジナリティにあふれ、何度も通いたくなるほどのおいしさ。ドライブがてら、足を運んでみてくださいね。やみつきになること、間違いなし!ですよ。



◎ やんばるの「おいしい」カフェ&レストランは、こちらでも紹介しています。




沖縄CLIP編集部


沖縄CLIPでは、みなさんがおすすめする沖縄観光情報をお待ちしております。ご投稿はこちらから。



〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

 

Information