沖縄観光情報:那覇空港近くのツルツルしこしこ自家製木灰そばがおいしい「とらや」

那覇空港近くのツルツルしこしこ自家製木灰そばがおいしい「とらや」

post : 2015.12.27 00:00

「木灰そば」というのをご存知でしょうか? 木灰はそのまま「モクハイ」と読んだり、ウチナーグチ(沖縄のコトバ)で「モッカイ」と言ったりします。意味はそのまま字のごとく、樹木を燃やしてできた灰のこと。現在の沖縄そばの麺は、小麦粉と塩と“かん水”から作られています。ところが戦前は、かん水の代わりに、“灰汁(木灰を水につけて置いた上澄みの部分)”を用いていました。これが「木灰そば」です。たいへん手間がかかるため、いまでは木灰そばのお店は数えるほどになりました。限られた木灰そば店のなかで、もっとも那覇空港に近い木灰そばのお店が「自家製麺 木灰そば とらや」です。

 
2006年9月にオープンした「とらや」は那覇空港からクルマで約10分。ゆいレールでは「那覇空港」から2駅目の「小禄(おろく)」駅下車、歩いて10分足らずです。

 
店内にはカウンター席とお座敷が用意されています。地元の方はもちろん、観光客の方も多いそう。シンプルなメニューは、かえって期待値を上げますよね。

 
「本ソーキそば」は骨付きのあばら肉が別皿に付いてくる木灰そば。「沖縄そば」は三枚肉が乗った木灰そばです。平日はセットメニューが人気で、とくに「ちきなーじゃこのせご飯」が人気だとか。「ちきなー」とはからし菜のことで、沖縄ではポピュラーなお野菜です。

 
席に着くとサービスで自家製浅漬を持ってきてくださいます。お漬物を取り分ける小皿はやちむん(沖縄の焼物)。“やちむん、いいなぁ。ステキだなぁ”と店内を見回すと、お箸立て、爪楊枝立て、観葉植物の鉢まで贅沢にやちむんです。店内のさりげないやちむんが沖縄らしくてイイ感じ。

 
かわいらしい小型の製麺機。オーナー店主、最初はこの製麺機で木灰そば作りの練習をされていたのだとか。

 
まったくの独学で木灰そばを完成させた店主。樹木を焼いて灰をつくり、できた灰を水に漬け、数日寝かせて灰汁にする。そして、ようやく麺作りがスタート。すべての工程をおひとりでなさっています。「一般的な作り方であれば数時間でできますが、灰汁をつくる工程を入れると、木灰そばは作るのに4~5日はかかりますね」とのこと。

 
麺場は立入禁止。「麺場は大切な仕事場。ここが勝負どころですから」と店主。木灰そばを作れるお店は少なく、ほとんどが家族経営のため、その製法は門外不出。誰からも習うことなく、たったひとりで試行錯誤を重ね、ようやく作り上げた「とらや」の木灰そば。ポツリポツリと、多くは語られない分、木灰そばに並々ならぬ想い入れがあるように感じました。

 
三枚肉の乗った「沖縄そば」とご飯もので一番人気の「ちきなーじゃこのせご飯」。どちらも器はずっしりとした沖縄のやちむん。透明な鰹出汁のスープに白い麺。木灰麺の白さが美しく感じます。木灰そばをひとくち食べてみて、最初に思ったのは、「麺がおいしい!」。あっさりとしたスープに、ツルツルしこしこの麺はとても美味しく、一気に食べてしまいました。人気の「ちきなーじゃこのせご飯」もちょうどよい塩加減でご飯がおいしく進みます。

 
一度お試しいただきたい「とらや」のツルツルしこしこ木灰そば。大晦日は深夜0時まで営業されています。今年の年越しそばは、那覇空港近くの「とらや」でいかが?

 
 
自家製麺 木灰そば とらや
住所/沖縄県那覇市赤嶺1-5-14 金城ビル1階
営業時間/11:00~20:00(売切次第閉店)
定休日/火曜日 ※祭日の場合は営業。
電話/098-858-2077
URL/http://tabelog.com/okinawa/A4701/A470103/47002599/
 
 
沖縄CLIPフォトライター 安積美加
 
 
 
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
 
〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

 

Information

沖縄県那覇市赤嶺1-5-14