沖縄観光情報:【リトハク×沖縄CLIPコラボ】家族で味わおう!おすすめ久米島グルメ5選〔PR〕

【リトハク×沖縄CLIPコラボ】家族で味わおう!おすすめ久米島グルメ 5選〔PR〕

post : 2015.12.30 15:00

久米島の別名「球美(くみ)の島」は、琉球列島の中で最も美しい島という意味。そんな美しい久米島の代表格がお水です。ミネラルが豊富で純度の高い海洋深層水や、自然の湧き水は美味しい久米島グルメを多く生み出しています。久米島へ行ったらぜひ食べて欲しい絶品グルメをご紹介します。

①久米島銘水で栽培!シャキシャキ食感の惣慶もやし

久米島の阿嘉集落(あかしゅうらく)から湧き出る自然の名水「久米島銘水」で、丁寧に栽培されている惣慶(そけい)もやし。透き通るような白さと、真っ直ぐに伸びた見た目が特徴です。シャキシャキした歯ごたえと、水々しい食感、そしてほんのり甘味を感じる味わいは、火を通さず、生でも充分おいしく頂けます。

②競った魚を味わう、久米島セリ市見学ツアー

競り落とした魚をその日の夕食に出してもらえる「久米島セリ市見学」ツアー。「オジサン」、「テングハギ(チヌマン)」など初めて聞く名前の魚や、普段目にすることのない色とりどりの魚たちが並びます。プロのシェフと一緒に、その日の夕食にする魚を吟味。無事競り落とした魚は和洋お好みの味で頂けます。新鮮な身は弾力があってプリプリとした食感!絶品です。

③柔らかくてジュージー!久米島赤鶏

今から約20年前に久米島で飼育が始まったとされる赤鶏は、お肉が柔らかくて美味しいと全国でも評判の鶏です。やはり美味しさの秘密は久米島の山水にあります。また鶏の餌の中に泡盛の酒粕を混ぜ込むのも美味しい赤鶏を育てるのに欠かせません。食べ方は唐揚げや焼き鳥がおすすめ。肉汁がジュワっと口中に広がります。

④養殖生産量日本一!久米島の海ぶどう

沖縄グルメでも人気の海ぶどう。実は養殖生産量日本一は久米島なのです。ミネラル分を豊富に含んだ、久米島の海洋深層水をたっぷり使って栽培されています。養殖所では施設の見学と摘み取り体験、そして試食まで楽しむことができます。丁寧に育てられた工程を知ると、その美味しさもひとしお。プチプチとした食感がクセになります。

⑤生産日本一!海洋深層水が支える久米島の車エビ

車エビの生産量日本一を誇る久米島。やはりその実績を支えているのは久米島の海洋深層水です。太陽の光も届かない深海から水を引いた低温の海洋深層水は、美味しい車エビを育てるのに必要不可欠。またミネラル成分が豊富に含まれているので、プリプリで健康な車エビが育つのです。養殖場の見学では、選別中の新鮮な車エビをその場で試食することができます。
いかがでしたか?ミネラルたっぷりの久米島の海洋深層水が生み出した絶品グルメたち。
是非その美味しさを現地で体験してみてくださいね。

 

沖縄離島博覧会【リトハク】のWebサイトでは、沖縄離島の魅力を発信しています。

http://ritohaku.okinawastory.jp

 

沖縄CLIP編集部


*この記事は、沖縄観光コンベンションビューローが運営する【リトハク】のスポンサード記事です*

Information