沖縄観光情報:久米島、エメラルドグリーンの海に広がる畳石

久米島、エメラルドグリーンの海に広がる畳石

post : 2016.01.31 12:00

久米島(くめじま)から橋を渡っていける小さな島、奥武島(おうじま)。その海辺には、人工物のような不思議な形をした、畳石と呼ばれる岩石群が見られます。
 
左手が奥武島
 
橋を渡ってすぐある、バーデハウス久米島の駐車場まで行くと、建物の後ろに、目を見張るような鮮やかなエメラルドグリーンの海が見えます。
 
 
海に向かって進み、堤防の向こうに見えるのは、まるで亀の甲羅のような、いびつな六角形がひしめき合って広がる畳石。
 

 
海岸沿いに250mほど続いていて、約600万年前に噴火した溶岩が冷え固まるときに、規則的な割れ目ができたと考えられているそう。2014年に国指定天然記念物に登録されています。
 
きれいな海を眺めながら、自然のパワーを感じられる場所。干潮に近い時間に行くのがおすすめですよ。
 
 
 
畳石
久米島空港から車で約40分
 
 
関連記事
久米島の果てに浮かぶ、真っ白な砂浜で出来た楽園のような無人島
久米島、ミーフガーの岩の隙間からのぼる朝日
夏限定!久米島の青い海で乗馬体験!
 
 
沖縄CLIPフォトライター 笹本真純
 
 
 
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
 
〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

 

Information