沖縄観光情報:激白!?フォトライター・小川 研“の人物撮影”的真実…

激白!? フォトライター・小川 研“の人物撮影”的真実…

post : 2016.02.06 21:00

 
ポートレートが、苦手だ。目線の有無に関わらず、人物カットは、何度やっても何回撮っても、、、永遠に、難しい。
 
人と人。一発勝負。失敗は、許されない。 
 
時に。言うまでもなく、スチール撮影は2種類。①静(ブツ)or ②動(ブツ)。というか、この2つしか、無い。当たり前だけど。例えば、①。雑貨やインテリア、建物、料理、それに風の無い時の植物などが上がる。対して②は、動物、車や飛行機といった乗り物、それに波のある海や風にそよぐ緑に、、、そしてもちろん人。カメラをいじくったことの無い方でも、両者で撮影の方法が全く異なることは、容易に想像が付くだろう。
 
これまで、当沖縄CLIP以外でも、様々な“沖縄観光系メディア”にて、取材・撮影の仕事をさせてもらった。そう、観光系ということになると、(料理や雑貨など)①が多くを占める→必然的に場数は踏む。なので経験値なるものは、いつしか豊潤なものへと変貌していく。それより何より①は、自宅はもちろん近所や旅先など様々な場所で、練習可能。日常生活でも、人知れずイロイロなシチュエーションで、気ままにshoot。だから、①は満ち満ちる親近感。
 
でも。②は少しばかり事情が異なる。何といっても、被写体(オブジェクト)が、動く。movingなオブジェクト“ありき”だ。だから、①のごとく気軽に練習もできないできるわけない。
  
ということで、→冒頭(の激白)。 ②の中でも、特に人…。人物撮影(人撮り)は、場数の少なさ故、深層心理に“苦手”という文字がこびり付いている。シミの様に。時々ある人撮りの仕事は、ストレスとコンプレックス&焦りと不安の、シークエンス。前夜からすでに大ピンチ。夢の中で撮影シミュレーションし(ちょいちょい目が醒めては、嗚呼まだ始まってもねー…と途方に暮れ)てることも。そう、人撮りは、いつでも緊張感ブリバリ。
 
でも、数カ月前「逃げちゃだめだ!」と、深層心理から何だか聞こえて。だからガンバってみることに。各種取材・撮影を通して、(オーダーの有無に関わらず&時間の許す限り)必ずや取材対象の方を撮らせて頂くことに。人撮り上達(克服?)のための、「場数」を、はりきってクリエイト。
 
てことで、最近様々な場で撮らせていただいた沖縄の方々。少しはガンバった…かな、というカットを、いくつか時系列([撮影日@撮影場所])で、初公開。表情を、見てね。
 
 
■トップバッターは、feat.河野こずえさん♡ 言わずと知れた、わったー沖縄CLIPフォトライターの実力派夫婦ユニット・monoboxの奥方。プロデュースする『Gallery はらいそ』取材の際、(キリヌキ用に)ぱちり♡
 
[2015.08.13@はらいそ] 
 
■『マーミヤかまぼこ』で知られる(株)マーミヤより、専務取締役の金城 有作(きんじょう ゆうさく)さん。自信作の『旬海選かまぼこ』をほおばり、(肩書きを完全に無視して)ご満悦。
 
[2015.11.20@マーミヤかまぼこ那覇工場&直売所]
 
■本部町伊豆味の山奥にひっそりと広がる『自然石庭』代表の渡慶次 道清(とけし みちきよ)さん。花と緑に造詣の深い、達観の、翁。悠久の時が、流れていた。
 
[2015.12.03@伊豆味自然石庭]
 
■あの! サッカー元日本代表・高原 直泰(たかはら なおひろ)選手(左から3番目)。沖縄本島東海岸のうるま市を拠点に、選手兼監督兼代表(驚)という、本気のクラブチーム『沖縄SV』を、この1月から旗揚げ。オーラ出てたわ。
 
[2015.12.07@立ち上げ記者会見]
 
■芸能生活55年以上! 沖縄を代表する、“超”が付く唄者の大御所・大城 美佐子(おおしろ みさこ)さん。自ら経営する民謡酒場『島思い』にて、誰にでも気さくに接する姿に、ただただあっぱれ。
 
[2015.12.19@島思い]
 
■「東コレ」デビューも果たした、沖縄発のコレクションブランド『HIGA』(旧『COVER』)。デザイナーの比嘉 一成(ヒガ イッセイ)さんは、少年の様な瞳が魅力のナイスガイだった。
 
[2016.01.09@HIGAアトリエ]
 
■編集デスクを手掛ける某観光情報フリーペーパー2016冬号表紙のアザーカット。OKINAWAN GIRLSの玉城 翔子(たまき しょうこ)ちゃん(右)と、平良 夏希(たいら なつき)ちゃん。
 
[2016.01.10@POSILLIPO]
 
■首里の高台にある、ちょっと素敵な隠れ家アクセサリーショップ『ci.cafu metal work』。作家で代表の喜舎場 智子(きしゃば ともこ)さん(左)と、作家の平澤 尚子(ひらさわ なおこ)さん。共にもじもじ具合が何ともかわいらしかった。
 
[2016.01.25@ci.cafu metal work]
 
■沖縄にて、天然酵母パンの先駆け的存在『宗像堂』。代表の宗像 誉支夫(むなかた よしお)さんは、何となぁく怖い方…なイメージだったが、実際はフランクな方でとても話しやすかった。
 
[2016.01.28@宗像堂]
 
■温もり溢れる木の器…。『gallery k.』の木工、藤本 健(ふじもと けん)さんも、何となぁく気難しい方…なイメージだったが、会ってみるとちょっとハニカミ屋さんのイイ男だった。*沖縄CLIP記事
 
[2016.01.28@gallery k.]
 
■今でこそ一般的な、沖縄カフェの草分け的存在。2000年オープン『cafe/zakka BE NATURAL』。オーナーシェフの日向 紀彦(ひなた のりひこ)さんは、長野県ご出身のハジかさー(恥ずかしがり屋)で、なかなか笑ってくれず…。でもこの1枚は(ピン大甘だけど)奇跡の1枚。*沖縄CLIP記事
 
[2016.01.28@BE NATURAL]
 
■『OSA(http://osa1.ti-da.net)』理事長=沖縄サーフィン会のドン!“かずぼーさん”こと、宮城 豊和(みやぎ とよかず)さん、筋肉隆々・・迫力満点…汗 
 
[2016.01.28@富士家 泊本店]
 
■体に優しいカレー、エスニックご飯、手作りお菓子の『dechibica』。オーナーご夫妻の、ノッポ担当の畠山 拓(はたけやま たく)さんと、小柄キャラは紀和(きわ)さん。*沖縄CLIP記事
 
[2016.01.29@dechibica]
 
■こちらもご夫婦。家具デザイナー・國吉 聡(くによし さとし)さんと、奥様のガラス作家・國吉 ゆみこ(くによし ゆみこ)さん。お二人が手掛ける老舗雑貨店『ROBOTZ』は、そこにいるだけで何だか愉快な気分に。
 
[2016.01.30@ROBOTZ]
 
■『自然食とおやつ mana』のオーナーは、美人ツートップ。うちなーんちゅーの吉田 万美(よしだ まみ)さん(左)と、静岡ご出身の尾崎 夏代(おざき なつよ)さん。お二方とも、ステキな笑顔でめいっぱい元気いただいた。 
 
[2016.01.30@自然食とおやつ mana]
 
■沖縄の手仕事が一同に会する『kufuu』。敏腕ショップマネージャー・田港 真紀子(たみなと まきこ)さんは、うちなー美人。お店の雰囲気に見事にマッチ。*沖縄CLIP記事
 
[2016.01.30@kufuu]
 
と。魅力たっぷりな皆さん。どちら様も、沖縄で様々な分野で活躍されているステキな老若男女。お店のご主人などは、観光ついでに足を運べば、お会いできる方々ばかり。気になる方がいたら、ぜひともお立ち寄りを。
 
 【蛇足】…的にひとりごつ。 
人撮りのキモは、やっぱ表情。そして、狙うはもち笑顔…と言うは易し。大抵はレンズ向けると身構えられる。そこで、必要なのは、信頼関係。これに尽きる。気の利いた(=テキトーな)言葉で、軽やかな(=くだらない)トークに、アドリブ(=思いつき)で動いてみる。撮られる側の“(笑)”をいかに引き出せるか。それが全て。そうして奇跡的に降りてくる(かもしれない)瞬(く)間!を逃さず、shoot & shoot の、シークエンス。かくしてクリエイトした「場数」の数々。少しは、上達(克服?)した、かな。人撮り…
 
PS:撮影にご協力いいただいた皆様、ありがとうございました。
 
 
 
 
沖縄CLIPフォトライター 小川 研(Qey Word)
  
▼関連記事:
南国に咲きし「花」…と巡る(または綴る)追憶の2015
日常/沖縄 & 非日常/旅…にまつわるエトセトラ(的覚書)
気まぐれ連載[離島クロッキー]第三回… 逝っちまった夏(の想い出)、粟国島
 
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
 
〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

 

Information