沖縄観光情報:石垣島のかわいい古民家、香りのアトリエPEPE[PR]

石垣島のかわいい古民家、香りのアトリエPEPE[PR]

  • 体験する
  • 18
  • Clip

post : 2016.02.20 21:00

沖縄最高峰、石垣島の真ん中に位置する於茂登岳(おもとだけ)のふもとに広がる於茂登集落。静かな集落のなかに、香りのアトリエPEPE(ペペ)があります。
 
 
2015年にオープンしたばかりのアトリエは、漆喰の瓦屋根の古民家。PEPEでは、たくさんの香料のなかから自分の好みのものを選んで、オリジナルの香水がつくれます。

 
とびらを開けておじゃますると、外国ののんびりした片田舎といったかわいい雰囲気。ピンクの壁や水色の柱は、借りたときからこのカラーだったといいます。
 
 
 
ペペを主宰するのは、Maki Uedaさん。香りのアーティストとして、国内はもとより、ヨーロッパでも活躍されています。最近もオランダでの展示会に向けて、作品の香りをシッピングしたばかりだそう。
 
Makiさんは千葉県出身で、美術の勉強のため南フランスへ留学。留学先のグラースという街は“香水の都”と称される土地なのでした。出会った香りのアートに、どんどん引き込まれていったといいます。
 
そして、フランスやオランダで、さまざまなインスタレーションを行ったり、約10年間活動をしていました。石垣島に来るようになったのは、自身のぜんそくの治療から。島に来て、みるみるうちに状態がよくなって治ってしまったのだそう。そして、好きになった石垣島に2013年に移り住みました。

 
かわいらしい実験室。そんな印象を受けるアトリエ。ずらっとたくさん並ぶボトルに心が弾みます。
 
天然のエッセンシャルオイルや、グラースより仕入れている本場の香料など、その数100種類ほど。すべての香りを試したくなってしまいます。
 
体験のスタートはまず、Makiさんがコーヒーを淹れてくれるところから。於茂登岳からひいている山水を薪で沸かして。
 
 
コーヒーをのみながら、好みの香りやつくりたいイメージを探していきます。「森の香り」や「土の香り」というイメージをあげる人が多いといいます。

 
自分だけの香りができあがったら、こんな瓶に入れて持ち返れます。
 
香りの聖地で経験を積んできたMakiさんですが、石垣島は「自然に生えているものの香りが豊かでおもしろい。それを発見するのがとても楽しい」と話します。そして、そのおもしろさを島を訪れた人たちにも味わってもらいたい。
 
島にきて出会い、好きになった香りをモチーフにした商品もあります。
 
 
「さがりばなの宴」と「マーニーの森」の2種類。サガリバナは、初夏に一夜だけ咲く芳しい香りの花。マーニーは日本では八重山地方にのみ生息し、4月頃にどこからともなく甘く漂ってくる、ヤシ科のクロツグという植物。「マーニーの森」はMakiさんが実から抽出したものです。
 
Makiさんが「ローズの香りをつくってみるね」と言って、選んだ4つの香料。まずはひとつひとつをかいでみます。なじみのある香りもあって、これがローズに?と思ったり。でも、それらを合わせると、ローズ! 驚きです。そんなマジックを目の前で見ると、もっともっとその奥深さを知りたくなってしまいます。
 
石垣島のかわいらしい古民家で、ディープな香りの世界にふれてみませんか。

 
 
 
香りのアトリエPEPE
住所/沖縄県石垣市真栄里1111-217
予約/olfactoryart@gmail.com (前日、当日の予約は電話で)
電話番号/090-7711-6005
料金/8000円(約2時間)
アトリエHP/http://www.pepe.okinawa/index.php/2015-07-07-01-16-45
Maki Ueda HP/ http://www.ueda.nl/index.php?lang=ja
 
「さがりばなの宴」、「マーニーの森」販売店
ホテル エメラルドアイル、T&A、てしごとやなど(すべて石垣島)
 
 
関連記事
石垣島「まるたか農園」で島野菜の料理体験! 沖縄料理のランチもお楽しみ!
グラスづくり体験をしよう! 石垣島ガラス工房 Ponte
フェルトでつくる石垣島のいきもの
 
 
 
沖縄CLIP編集部
 
 
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
 
〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

 

Information

沖縄県石垣市真栄里1111-217