沖縄観光情報:写真で振り返る…『第2回久米島トライアスロン大会』オフィシャル的想い出(あるいは、牧歌的モーメントの微笑ましきシークエンス)

写真で振り返る…『第2回久米島トライアスロン大会』オフィシャル的想い出(あるいは、牧歌的モーメントの微笑ましきシークエンス)

  • イベント
  • 9
  • Clip

post : 2016.03.20 18:00

 
最近の仕事で最もインプレッシヴだった『久米島トライアスロン大会』(主催:同実行委員会・共催:沖縄県・琉球新報社)。オフィシャルとして、説明会からアフターパーティーまで、まるっと撮影させていただいた。ワガ沖縄CLIPではといえば、FBにてチラっとお伝えしたけど、今回はお気に入りのカットをいくつかお披露目。

 
“日本一早いトライアスロン大会!”を標榜する同大会。第2回となる今年は、去る2月28日(日)、久米島東海岸南部『イーフビーチホテル』をスタート&ゴールとして開催。総距離69km(スイム2km・バイク47km・ラン20km)のコースを、計214人がエントリーし、個人の部176人中170人、リレーの部11組38人のうち10組が完走。
 
言うまでもなく重要なのは、天候。前日27日(土)16時の説明会時は、バケツをひっくり返したような凄まじい土砂降り…。が、当日は一転。打って変わって朝日が眩しい爽やかな晴天に。気まぐれな天候というドラマティックな舞台装置が、これ以上無いほどに機能。いやおうなく盛り上がりつつ、開幕。

 
ところで、オフィシャルの仕事内容は、「朝一番の水質検査に開会式、レースはもちろん、表彰式、夜のアフターパーティーまで、あますところなく撮影。レースは、トップ選手をマークするのではなく、できるだけ多くの参加者を。また、スタッフやボランティア、応援の模様など、要所をくまなく抑える」こと。
 
まだ暗い6:00過ぎの水質検査&選手受付に始まり、メインとなるレースは8:00〜15:00、20:00ラストのアフターパーティーまでのおよそ14時間を、1カメ(つまり、これだけのロングスパン&広範囲をカメラマン一人)体制で、ブチ通し。言うまでもなく、稀に見るタフすぎな仕事ではあったものの、初めてのスポーツ大会撮影ということもあり、モチベーション高く臨めた。

 
レースの撮影は、全くもって体力&フットワークがものを言う。スイムの際は、水着着用。水温約15度、早朝の海にモモまでつかり、スタートシーンを激写。選手の激しいアクションによる水しぶきで、カメラはもちろん(海水で)ぴちゃぴちゃ…。
 




 
続いてバイク&ランでは、原付きに乗って、選手とともに全コースを周回。日中は雲も無い快晴。最高気温22.4度で、熱中症も心配された。それでも、アップダウンの激しい久米島ならではのロケーションは、厳しくも明媚。海・山・緑、民家や市街地と、めまぐるしく変化する背景は、選手はもちろん撮り手をも大いにワクワクさせてくれた。



 
先頭集団ははるか先。その多くは、マイペースで山道・海沿いをゆるりと駆け抜け、時に笑顔でカメラに手を振る市民ランナーの皆さん。トライアスロンという、ややもするとエキスパートオンリーで染まりそうなハードな世界観とは、まるで逆を行くゆるやかな緊張感がいかにも心地よい。
 
 
 
 
 
そして何より。全行程で見え隠れする献身的なボランティアの動き、そして眼差しも温かなしまんちゅの応援は、やはり沖縄の大会ならでは。『NAHAマラソン』を彷彿させる牧歌的な雰囲気は、いつ触れ合っても素敵だ。

 
15:00、本来はこの段階でレース(強制)終了だが、最終ランナー1人があとちょっと…と号砲は鳴らず。15:17、最後の一人であったご高齢の走者が見事ゴールイン&ここで号砲! 盛大な拍手に迎えられ、爽やかな感動と、溢れる笑顔の中、大会は幕を閉じた。
 
ご存知の通り当大会は、(合計約226kmからなるロング・ディスタンスではない)ショート・ディスタンス。もちろん、ガチな本気トライアスリートもノミネートしているが、リレーの部が設けられるなどアマチュアも決して少なくない。故に、ゴールでは、沿道のお子さんと一緒にフィニッシュ!など、市民参加型ならではの微笑ましき瞬間が多いのも印象的だった。
 
 
直接レースに出場したわけではない。でも無事撮り終えた。もちろん完走したわけではない。でも共に走り抜けた。ファインダー越しに己(のみ)の中で芽生えた熱いロマン。全身全霊でゴールしたアスリートたちが、戦友にしか見えない(勝手に)のは、裏方に徹したオフィシャルカメラマンならでは、の密やかな愉悦…と言えそうだ。
 
・・・・・・
 
「沖縄 ☓ スポーツ」は、頗る相性良し、を改めて認識。これからも、この心地よい魅惑のシナジーを目撃し続けたい。折にふれて。
 
 
 
 
第2回久米島トライアスロン大会
http://www.kume-tri.com/
 
沖縄CLIPフォトライター 小川 研(Qey Word)
 
 
 
 
▼関連サイト:
激白!? フォトライター・小川 研“の人物撮影”的真実…
南国に咲きし「花」…と巡る(または綴る)追憶の2015
日常/沖縄 & 非日常/旅…にまつわるエトセトラ(的覚書)
 
 
 
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
~もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP~

Information