沖縄観光情報:【ちゅらまーいHa:mo(ハーモ)で巡る沖縄:夫婦旅編】シニア層にもおすすめしたいとっておきコースをご紹介!〔PR〕

【ちゅらまーい Ha:mo(ハーモ)で巡る沖縄:夫婦旅 編】シニア層にもおすすめしたいとっておきコースをご紹介!〔PR〕

  • 体験する
  • 36
  • Clip

post : 2016.04.25 21:00

 

1人乗り電気自動車COMS(コムス)に乗って本部(もとぶ)半島を旅する“とっておきの着地型ツアー”「ちゅらまーい Ha:mo(ハーモ)」。今回のおすすめコースは、フクギ並木の美しい集落を散策するようにドライブしたり、世界遺産など史跡を巡ったり、集落の商店や市場などで地域の人とふれあえるルートをご紹介。スピードも出過ぎない安心な乗り物での旅は、若いかたはもちろんのこと、シニア層にもおすすめのツアーです。

 

 

「ちゅらまーい Ha:mo」の出発地点は、本部町観光協会をはじめ、町内の観光ホテル4カ所と、今帰仁村の観光宿泊施設の計6カ所あります。コースもショート2時間コース(3,000円)の4つのルートと、のんびり4時間コース(5,000円)の4ルートの計8つのルートがあります。今回は本部町観光協会をスタート地点にして、悠々4時間コースの「世界遺産 今帰仁城(なきじんじょう)跡と集落散策」ルートを旅します。

 

運転免許書を提示して出発の手続きを済ませたら、タブレットにルートを設定してもらい、あとはナビの案内通りに進んでいくので安心です。タブレットのガイドはカーナビのようなもので、コースマップに現在地がリアルタイムに表示されて行き先を示してくれます。また、音声案内もあるので、迷子になる心配はありません。

 

 

まず最初のルートポイントは、本部町の豊原(とよはら)地区を通っていくのですが、とても自然豊かで静かな集落でした。地元のかたでないと立ち寄ることがないような素敵なエリアを案内してもらえるのが、このコースの魅力です。

 

 

しばらく進むと、野菜の無人販売コーナーを見つけたので、インカムのトランシーバーで「ちょっと立ち寄ろうよ」と連絡を取り合いながら途中停車。新鮮な野菜を購入することができました。また駐車する際は車体がコンパクトなので、道端で邪魔にならないように停めやすいのもポイントでした。

 

 

本部町から今帰仁村に入り、国道505号線の今泊(いまどまり)集落の入り口に、「北山(ほくざん)商店」というローカルな売店がありました。食料から日用品まで揃っていて、なかでも気になったのが、「チンビー」と書かれた商品。お店のかたに伺うと、「餅米が原料の『米天ぷら』ですよ」とのこと。このように、地元のかたとふれあえる地域の商店でのお買い物は、とくにおすすめです。

 

 

今泊(いまどまり)は、フクギ並木が美しい昔ながらの集落で道幅は狭いのですが、1人乗り電気自動車のCOMSなら楽々。そして、今泊集落の端までいくと…

 

 

目の前に、青い海が広がっていました! とてもおだやかな海で、綺麗な白浜。シルバマと呼ばれる自然浜です。ここでいつまでも海を眺めていたい気分になります。

 

 

シルバマから今泊集落に戻る途中、地元のかたから声をかけられました。珍しい乗り物なので、それをきっかけに会話が生まれます。楽しいおしゃべりは、旅の思い出になることでしょう。

 

 

今回のルートには、世界遺産・今帰仁城跡があるので、パーキングに駐車して城内を散策してみてはいかがでしょうか。入場券の半券で、駐車場と隣接する今帰仁村歴史文化センターにも入館できるので、この地域の歴史や文化をくわしく知ることもできておすすめです。

 

 

今帰仁城跡を見学したあとは、県道115号線を上がっていくと、その途中、左手の脇道に入るようにナビが指示してきました。すると、向かった先には、「恋人ガジュマル」と呼ばれる2本の巨木なガジュマルが、抱き合うようにそびえ立っていました。樹齢200年になるそうで、この樹木のようにずっといつまでも大切な人と一緒に寄り添っていけるよう、願掛けに記念撮影してみるのもよいかもしれませんね。

 

 

県道115号線へ戻り、本部町方面に向かうと、山里大橋からの眺めが絶景でした。尖ったカルストの山々の向こうに、本部の街や、さらに奥のほうには瀬底島も見えてきました。速度も原付バイク並みなのでスピードが早すぎず、眺めを観賞しながらのんびりドライブするにはもってこいです。

 

 

そして、コースの最後に立ち寄った観光ポイントは、本部町営市場。1人乗り電気自動車COMSで目立ったのか、市場でも声を掛けられました。市場の人と会話しながらお買い物したり、ぶらぶら散策を楽しんでみたり。地域と交流するきっかけが生まれる「ちゅらまーい Ha:mo(ハーモ)」で、「世界遺産 今帰仁城跡と集落散策」ルートの旅を、ぜひ一度体験をしてみませんか。

 

文:沖縄CLIPフォトライター 桑村ヒロシ(KUWA)
写真:沖縄CLIPフォトライター Sachiko

 

 

■今回桑村ヒロシが体験したコースはこちら

世界遺産 今帰仁城跡と集落散策ルート(4時間コース)

http://churamai-hamo.okinawa/#motobu

 

■関連記事はこちら

セソコマサユキが体験!まちまーいのような親密さと、車の快適さ。ちゅらまーいHa:mo(ハーモ)だからできる、やんばるのあたらしい旅のかたち。〔PR〕

《ちゅらまーいHa:mo立ち寄り先》世界遺産の今帰仁城跡から見る絶景。さくらの名所としても人気!

 

■ちゅらまーい Ha:mo(ハーモ)

 

2時間コース・3,000円

4時間コース・5,000円

お問い合わせ先:090-6866-6305(一般社団法人 羽地ネットワーク)
公式HP:http://churamai-hamo.okinawa/
 

*この記事は、トヨタ自動車株式会社のスポンサード記事です*

Information