沖縄観光情報:石垣島マイラー油を作ってみよう!港すぐそば『手作り体験工房ゆんたく』へ。【PR】

石垣島マイラー油を作ってみよう! 港すぐそば『手作り体験工房ゆんたく』へ。【PR】

  • 体験する
  • 14
  • Clip

post : 2016.05.31 09:00

 
南ぬ島(ぱいぬしま)石垣空港から車で30分、離島ターミナルから車で3分(徒歩でも10分強)の八島町(西)交差点にある『手作り体験工房ゆんたく』。工房となりのお弁当屋さん横に駐車場を完備。自分だけのオンリーワンな『島ラー油作り』ができたり、『石垣クリアキャンドル作り』、『石垣フォトフレーム作り』、『素焼きシーサー絵付け体験』ができる工房です。
 
 
石垣島といえば、食べるラー油を大ヒットさせた島としても知られます。食べるラー油は、炊きたてのご飯にかけたり、卵ご飯にまぜたり、豆腐にのせたり、そばにかけても美味しいですよね。今回は、人気が高い『島ラー油作り』のほか、『キャンドル作り』もご紹介したいと思います!
 
 
まず最初に、大人気の『島ラー油作り』(2瓶で1,500円)から。約20種類もの素材がずらりと並び、その中には、ピパーツ(島こしょう)、長命草、月桃、ウコン、黒糖、石垣の塩など、石垣島ならではの食材も入っています。黒糖はコクを出したり、長命草や月桃は味に個性を出したりします。
 
約20種類中、20さじまで素材をブレンドすることができるのですが、ぜんぶを1さじずつ入れても良いですし、パンチを効かせたい素材を多めに入れても良くて、自分のお好みの“マイラー油”を作ることができるのです。
 
 
ネギと生姜と鷹の爪を、菜種油とゴマ油で揚げた熱々のエキスを、さきほどの20さじ分ブレンドした素材に注ぎ、お客さん自身がかき混ぜて完成させます。このとき、「美味しくなあれ!」と愛情もいっしょに注ぐことがポイントなのだとか。
 
 
美味しそうな香りをかぎながら瓶詰め。ラベルシートは4種類から選ぶことができ、自分でパッケージして包装が完了すると、いよいよ試食タイム! ひとりひとりのレシピが違うので、味はそれぞれ個性があり、どれも香ばしくてオリジナリティーの高い印象的な味になること間違いなしです。そのとき作ったオリジナルレシピは1年間も保存されているので、自分だけのブレンドのマイラー油をいつでもまた通販で購入することができるのも魅力です。しかも、3個以上で送料が無料になるとのこと。
 
 
次に、『石垣クリアキャンドル作り』。グラス小1,000円のほか、グラス大1,500円のいずれかのサイズを選んだあと、白やブルーの砂を重ねたり、珊瑚や貝殻などを飾り付けていきます。
 
 
かわいいアクセントとして、また他と差をつけるため、カクレクマノミなどのガラスパーツをオプション購入することもできます。そのほか、自分が海で拾ってきた貝殻なども加えても良いそうですよ。
 
 
キャンドル液を何層か重ねる際に、魚のかたちをしたガラスパーツなどを加えて立体感を作っていきます。
 
 
石垣島での海遊びを思い浮かべてグラスの中に再現してみたり、理想の水族館を作ってみたりしてみてはいかがでしょうか。
 
 
これらの体験そのものが、旅の楽しい思い出のひとつになることでしょう。
 
 
手作り体験工房ゆんたく
住所/沖縄県石垣市登野城518
電話/0980-87-0125
公式HP/http://www.yunta9.com
駐車場/あり(無料)
 
沖縄CLIPフォトライター 桑村ヒロシ(KUWA)
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
 
〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

Information

沖縄県石垣市登野城518