沖縄観光情報:『夏限定!注目の洞くつ探検ツアーを体験してみませんか』

『夏限定! 注目の洞くつ探検ツアーを体験してみませんか』

  • イベント
  • 22
  • Clip

post : 2016.07.15 12:00

 
沖縄で本格的な洞くつ探検ができるツアーがあるのはご存知ですか? ヘルメットにヘッドライトを装着し、探検服に軍手という装いで行く“夏期間限定”の洞くつ探検ツアーが7月16日(土)からはじまります! 暑い沖縄の夏だからこそ、涼しい地下世界への旅はいかがですか!
 
 
その場所は、沖縄南部の南城市(なんじょうし)にある観光施設『おきなわワールド』。おきなわワールドといえば、玉泉洞(ぎょくせんどう)があり人気ですが、この玉泉洞を途中でコースアウトして、未公開エリアの洞くつを探検することができます。どんなコースかというと、途中、胸元まで水に浸かったり、這って進んだりと、ふだんは体験することができないコースを、専門ガイドといっしょに楽しむことができるのだとか!
 
 
「おきなわワールドの玉泉洞は距離にして890メートルを観光用に公開していますが、実は未公開エリアまで含めると5,000メートルあり、いくつかに枝分かれしています。洞くつ探検のツアーでは、その未公開エリアをヘルメットをかぶって進みます」とガイドさん。
 
そんな話を聞くとちょっと難易度が高く感じるかもしれませんが、まったく大丈夫。小さなお子様(6歳以上)から、お年寄り(80歳くらい)まで参加した実績がある安心のツアーです。距離は全長600メートルほどのコースで、着替えからレクチャーまで含め所要時間は2時間半程度。
 
そして案内役は、この道ひとすじ、洞くつ専門のスペシャリストとして知られるガイドの大岡素平さんをはじめ、計4名いる専門のガイドさんがお伴します。
 
 
ツアー申し込み後、当日集合場所に行き、ヘルメットや探検服などを身に着けたあと、ガイドさんからのレクチャーがあります。洞くつ探検のマメ知識を知ってから出発するので、ワクワク感が増幅。途中までは一般の観光客と同じコースをいっしょに進むのですが、格好が格好なのでほかのお客さんからの注目度はかなり高いです。
 
 
そして実は、玉泉洞は深さ40メートル程の場所もあり、年間を通して摂氏21度と涼しいので、夏の散策にしては暑苦しくなく、快適な温度でツアーを楽しめます。玉泉洞に入ってから間もなく一般コースを外れ、いよいよ本格的な洞くつ探検がスタート! ときには両手も使ってしゃがみながら前進していくところもあります。さらには、こんなシーンも…
 
 
なんと、胸元まで水に浸かりながら、ロープを辿って進んでいきます! このツアーの中で、ぜひ一度は体験して頂きたいのがこの場面です。ちょっと水もひんやりするので、女子をはじめ、子供たちもキャーキャーと一番盛り上がります! 実際に子供たちにも大人気のツアーなので、夏休みに親子で参加も楽しいと思います。

 
もちろん、それだけではありません。人があまり入らない空間だからこそ、鍾乳石の色が綺麗なまま保たれていたり、それを間近で観ることができるのが、この洞くつ探検の醍醐味ともいえます。
 
 
真珠のような鍾乳石「ケイブパール」がとても美しかったり、見所が満載。ほかにも例えば…
 
 
このように、縄文土器や動物の化石を見つけることができたりと、その当時の古い動物の骨を見つけたりと、いろんな発見があり、楽しくてたまりません!
 
 
氷のつららにような鍾乳石の「つらら石」や、たけのこのような鍾乳石「石筍(せきじゅん)」は、何千年・何万年もかけて伸びていったものですが、中には、自然に折れて転がっているものもありました。折れてからもう200~300年は経っているそうで、ガイドさんが「どれくらい重いのか、持ち上げてみてください」とのことで持ち上げようとしてみたのですが、笑ってしまうほどビクともしません。かなりの重さがありました。
 
 
ツアーのクライマックスでは、ヘッドライトを1分間だけ消して、真っ暗な空間を感じてみるという、ちょっと神秘的な体験。まったく光はないのですが、不思議と怖くはなく、自分の感覚が研ぎ澄まされていくような、非日常的な感覚を味わいます。参加された女性も「暗闇の中、聞こえてくる水の音に癒されました。このまましばらくここに居たいなと思ったほどの心地良さでした」とのこと。
 
 
暗闇の体験のあとはゴールを目指します。地上に出たときの開放感が素晴らしく、当たり前のことですが、地上の光のありがたさが、また何ともいえませんでした。
 
体験された方々に感想を伺ってみると、
「ガイドさんの説明を聞きながら、鍾乳石が長い年月をかけて成長したものだというお話などに感心しながら、探検を楽しめました」。
「洞くつの中に水が流れていたり、鍾乳石が美しくて、自然の神秘を感じることができました」。
「水に浸かった場面があったのですが、案外、気持ち良かったです」などなど。
各々いろいろ感じながら、貴重な体験を楽しめたようです。
 
最後に、名物ガイドの大岡さんにもメッセージを頂きました。「沖縄の夏といえば一般的には海かもしれませんが、洞くつは海よりも涼しいですよ。こんなレアなところが玉泉洞にあるので、ぜひ、洞くつ探検を体験してもらいたいですね」とのこと。
 
日本の中でもトップ10に入る規模の玉泉洞で本格的な探検を経験したことは、忘れられない夏の思い出になることでしょう。ぜひこの夏、チャレンジしてみてはいかがでしょうか!
 
 
※『南の島の洞くつ探検』ツアー:
▼2016年7月16日~8月31日
 月~金  ①10:00 ②11:00
 土・日・祝①10:00 ②11:00 ③13:00 ④14:00
▼2016年9月1日~9月30日
 月~金  ①10:00
 土・日・祝①10:00 ②13:00
住所:沖縄県南城市玉城字前川1336番地(おきなわワールド)
電話:098-949-7421(前日17:00までに電話予約)
料金:大人子供一律料金3,000円(6歳以上)
(ガイド料、ヘルメット、ヘッドライト、シャワー室、保険料込み)
探検服一式レンタル料:1,000円
(探検服、ウォーターシューズ、タオル、軍手)
※探検用の服は各自ご準備して頂くことも可能です。
 
公式HP:
http://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/okinawacave/exploration.html
 
※関連記事:
・沖縄の歴史・文化・自然を満喫できる!レジャースポット「おきなわワールド」 
・地下に広がる不思議な世界!沖縄の鍾乳洞スポット 
・鍾乳洞の中にカフェ!? 南城市「ガンガラーの谷」にある人気カフェ「CAVE CAFE」 
・南城市にあるガンガラーの谷ツアーに参加! 
・沖縄国定公園 大石林山は、2億年の歳月を経て隆起した亜熱帯の林山 
 
沖縄CLIPフォトライター 桑村ヒロシ(KUWA)
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
~もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP~

Information

沖縄県南城市玉城字前川1336番地