沖縄観光情報:呼吸する彫刻、体温を持つ物体。アートユニット与太郎【後編】

呼吸する彫刻、体温を持つ物体。アートユニット与太郎【後編】

post : 2016.07.28 12:00

 
「呼吸する彫刻、体温を持つ物体。アートユニット与太郎【前編】」に登場したアートユニット与太郎が、子どものように自由で伸びやかな感受性から日々産み落としている作品のうち、今回紹介したいのは、生活の道具やオブジェといった購入可能なものたちだ。
 
 
 
取り囲む壁も、大空と大地から2人を隔てる天井も、床もない、「世界一広いアトリエ」で作られているのは、木のカトラリーからTシャツまで幅広く、素材もチーク材だったり、ブロンズだったり、土だったりとさまざまなのだが、共通して光っているのは“目のつけどろ”とデフォルメする力だ。
 
 
 
 
奥山泉(おくやま・いずみ)さんが彫り出すメルヘンチックな写実主義は「ユルリズム」(ゆるーいリアリズム)とでも形容したくなるし、吉田俊景(よしだ・としかげ)さんの頭脳から生み出されるエキセントリックな空想世界は、“難解さから自由になった抽象主義”と呼ぶにふさわしい。
 
 
そんな与太郎ならではの世界観が体現されている商品のなかで、もっとも実用的なのがチーク材のカトラリー。「水円」や「米や松倉」のショップサインで人気を集める味わい深い木彫りの技術を、生活雑器に応用したシリーズだ。
 
お馴染みの材木屋さんにカットしてもらったチーク材を商品のサイズに合わせてまず切り出す。馬、うさぎ、猫、ナマケモノなど動物をザッザッ、シュッシュッと時間をかけて掘り出していく。「彫ってるうちに表情をこうしたいとか、尻尾をつけてみたいとか、ついついのめり込んでしまうんです」と奥山さん。もともとアーティストということもあって、同じものを同じように作り続けるというタイプではないらしい。
 
 
作業はここで終わらない。まだまだ先が続くのだ。アクリル樹脂などで表面をコーティングする代わりに、与太郎が採用しているのは磨き仕上げ。何回も何回も目の細かさを表す番手を変えて、サンドペーパーで磨き続けるという。80番・・・300番と目を変えて磨いたら、水洗い。乾燥させたら400番から600番までペーパーを変えてひたすら磨く。ここで再び水洗い。800番、1000番で磨き、三度目の水洗い。じゅうぶんに乾かしたら最後にもう一度1000番で仕上げ磨き。
 
「彫るよりも磨くのに手間と時間がかかるんです」と奥山さん。それなのに、値段はヘラやしゃもじで3,996円から、カッティングボードで9,720円から。レパートリーは、スプーン、箸、バターナイフ、コーヒーメジャーなどいたって豊富。手の込んだ細工と一つ一つ微妙に違う動物たちのディテールや表情が人気な上に、良心的すぎる価格設定も相まって、生産が注文になかなかついていかないらしい。
 
 
 
 
木のカトラリーに負けず劣らず人気なのが、裏と表のリバーシブルで眺めて楽しむ陶器シリーズだ。たとえば畳の上の陽だまりで昼寝を楽しむ猫、温泉でくつろぐ宇宙人、イカを飲み込むマンボウや喫茶店で物思いに耽る少女など、器の上にいろいろな物語の世界が描かれている。
 
 
与太郎の持ち味は生活雑器にとどまらない。たとえば遊び心いっぱいのタバコのアクセサリー「シケモクバッジ」。以前一世を風靡した「ビックリマンシール」世代だけあって、人を驚かせるのが大好きなお二人。サプライズアイテムとして作ってみたシケモクが飲み会で大好評。いつのまにかバッジになって創業以来のロングセラーアイテムになったのだとか。
 
 
 
そのほか、羊の貯金箱、夢見るコアラ、ミニツバメ、鶏のエッグスタンド、狸スプーン、爪楊枝スタンドにも使えそうなシュールなミニチュア一輪挿し、暖をとる人、ブロンズ猫、昼寝をする人プラス宇宙人とどんなものか想像しているだけでも楽しくなるアイテムが目白押し。
 
 
 
極め付けは「青竹山」(¥18,000~)と「ヒソヒソメガホン」(¥3,000)。青竹山は青竹踏みをアレンジした足裏マッサージ器。ガリバーの巨人になったつもりで山を踏み踏み。気分爽快間違いなし。ささやきメガホンは茶目っ気たっぷりのおちゃらけアイテム。三世代で一家団欒するときにオススメです。
 
 
 
お猿のキッチンペーパースタンドなどの実用品やTシャツ(¥2,700~)まで、つい使いたくなるアイテムも充実。ゆったり流れる島の時間とゆるーい人間関係に支えられた奇想天外な与太郎ワールド。沖縄本島に遊びに来たらぜひ会いに行ってみてください。
 
《与太郎の商品を買える場所》
ten
住所/沖縄県北中城村島袋1497
電話/098-894-2515
営業時間/12:00~18:00
定休日/月曜~水曜日
Webサイト/http://ten-o.net/
 
miyagiya-bluespot
住所/沖縄県那覇市松尾2-12-22
電話/098-869-1426
営業時間/11:00~22:00
定休日/水曜日
Webサイト/http://magasin-miyagiya.com/grape4/
 
◯Tシャツはtuituree と、沖縄こどもの国で購入できます。
 
 
沖縄CLIPフォトライター 福田展也
 
 
《沖縄の手仕事》
呼吸する彫刻、体温を持つ物体。アートユニット与太郎【前編】
緩やかな中にも凛とした美しさのある器は、日常使いにもプレゼントにも♪ 首里の『decco(デコ)』で出合ったやさしい器
陶芸家・中村かおりさん/前編
 
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
~もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP~

Information