沖縄観光情報:路地裏のおしゃれなパーラーでシェイブドアイスとサンドイッチを味わってみる。【YES!!!PICNICPARLOR(那覇市)】

路地裏のおしゃれなパーラーでシェイブドアイスとサンドイッチを味わってみる。【YES!!! PICNIC PARLOR(那覇市)】

post : 2016.08.11 15:00

 
新都心からすぐ近くなのに、下町のあったかな雰囲気が楽しめる那覇市安謝(あじゃ)の路地裏にいままでにないタイプのパーラーがオープンして一年が経つ。
 
 
ミスタードーナッツのパッケージイラストなどで知られるペーター・佐藤さんのイラストを思わせるミントグリーンとレッド&ホワイトというアメリカンテイストの店構えの『YES!!! PICNIC PARLOR』。ここでは、アメリカ文化の影響を受けて育ってきたローカルたちに人気のサンドイッチやカラフルなシェーブドアイス(かき氷)を楽しめる。
 
 
おすすめはたくさんあるけれど、特におすすめなのが「油みそカツサンド」。揚げたてのフライドポテトと13種類から選べるドリンクがついてくる「ポテドリセット」でぜひどうぞ。大きくて分厚いロースカツと自家製の沖縄名物油みその相性は抜群。オーナーの又吉悟(またよし・さとる)さんのお父さんのレシピをもとに、久米島の味噌を使って手作りしているという油みそは年齢を問わず大人気なのだそう。
 
 
「親がよく作ってくれていたハムチーズサンドが小さい頃から大好きだったんです」とサンドイッチの販売をはじめた理由を語る又吉さん。子どもの頃に食べ慣れたサンドイッチはノスタルジーそのものなのだろう。

 
サンドイッチを堪能した後はふわふわした食感のかき氷。この日のおすすめは「シークヮーサーミルク」。こってりがっつりのカツサンドで満足したお腹を、さわやかな酸味と甘みがきれいにリシュレッシュしてくれる。
 
 
そして、ぜひぜひ食べてほしいのが「沖縄ぜんざい」。場所がらもあって、お店に来るお客さんは実に多彩。小銭を握りしめた子どもから、斜め向かいで花屋を営むおじさまや、杖をついてヨチヨチやってきてくれるおばあちゃんまで幅広い。ここの沖縄ぜんざいはそうした常連客たちが「こうしたら、ああしたら」と、自分ごとのように考えてくれたアドバイスをもとに完成させた地域の味なのだ。
 
 
海外旅行で、緑の芝生でピクニックを楽しんでいる人たちを見かけ、「こんな感じで暮らしを楽しめるお店を持ちたい」と思ってからお店を出すまでに、いろいろな場所を検討したという。最終的に決めたのはお連れ合いの又吉菜美(なみ)さんの実家のすぐ近くのこの場所だった。
 
 
「私が中学生の頃まではこの通りには有名なぜんざい屋さんがあったんですよ。でも、最近は、年配の人が多い割に、座ってゆっくりできるお店もなくなってしまって…。だから母ともこの通りに近所の人も気軽に立ち寄れて、なおかつ若い人たちに通ってもらえるお店を作りたいねって話していたんです」と笑顔で話す菜美さん。
 
 
「地元の小学生もグループで来たりするんですけど、子どもにとってはそれなりの値段じゃないですか。かき氷を食べられない子も中にはいたりするんですよね。一人だけ、何も食べないのはちょっとかわいそうだし。だから、気軽に買えるお菓子を少しですけど置くようにしたんです」と、沖縄の優しさがさりげなく伝わってくるのもたまらない。
 
 
那覇の街歩きを楽しんだあとはぜひ、YES!!! PICNIC PARLORへ。つい最近デビューしたばかりのソフトクリームもおすすめ! このパーラーで元気をもらって、沖縄旅行を最後まで満喫してくださいね。
 
 
 
 
 
YES!!! PICNIC PARLOR
住所/沖縄県那覇市安謝183
電話/098-943-5806
営業時間/10:00~19:00(火~金)、9:00~19:00(土)、9:00~17:00(日) 
定休日/月曜日
http://yespicnicparlor.tumblr.com
https://www.facebook.com/yespicnicparlor/
 
沖縄CLIPフォトライター 福田展也
 
 
《アメリカ文化の影響を受けた沖縄》
ミッドセンチュリーモダンの面影を今に伝える沖縄のランドマーク『Rycom Anthropology(沖縄市)』
沖縄を代表するクリエイティブユニットが、ユニークなデザイン雑貨ショップをプロデュース!【アトロンSHOP(沖縄市)】
らしくない感じが心地よい基地の街のラーメン屋、Stripe Noodles
 
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
 
~もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP~

Information

沖縄県那覇市安謝183