沖縄観光情報:ソリッドな素材から温もりのある世界を生み出す『LITTAIMETALWORKS』【前編】

ソリッドな素材から温もりのある世界を生み出す『LITTAI METAL WORKS』【前編】

post : 2016.09.30 06:00

 
沖縄に移住してから初めてわかったことの一つは、内地だとプロに頼むようなお仕事を、自分でチャチャッとやってしまう人が普通にいることだった。農家でもないのに畑を田んぼにつくり変え、稲作をやってしまう人がいたり、ハイレベルなDIYをする人が沖縄にゴロゴロいるのが驚きだった。
 
 
そして沖縄は、個人や小規模な組織で活動しているつくり手の層が厚い。やちむんやガラス、木工は言うに及ばず、いろんな分野で活躍している達人たちがたくさんいる。たとえば、自動車や農耕機に使われているサスペンション用の金属で昔ながらの包丁をつくる人がいたり、手作りの小屋で汲みあげた海水から塩を作る人がいたり、発電機能を持つ小型焼却炉を発明する人がいたり。
 
 
「月並みですが、絵をかくことが好きでした」と目を細めて語る仲地研二(なかち・けんじ)さんもそのひとり。金属という男性的なマテリアルを使って、機能美という言葉がしっくりくるキッチンをオーダーメイドで仕上げるその腕前は、沖縄でクリエイティブな仕事をしている人たちの間でも評価が高い。
 
 
日々の仕事の中心を占めるのは店舗やオフィス、個人住宅での金属を使ったバイオーダーの造作だ。シンプルで飽きがこず、メンテが簡単な使い勝手のよい空間作りが評判だ。
 
たとえば、やんばるで建築が進んでいる個人住宅。弟の仲地正樹(まさき)さんのLITTAIspace worksがデザインしたこの住宅にはもうすぐ県外から引っ越してくる家族が住むことになる。
 
 
 
こちらは本部町にある「true blue」。森の中にあるペットサロンとペットホテルで、愛情溢れるもてなしと確かな腕前のトリミングで知る人ぞ知る存在になっている。こちらの店舗兼住居を設計したのも弟の正樹さん。兄弟で手がけたキッチンとリビングの仕上がりはこんな感じ。入れもの(建物や内装)自体の存在感は控えめに抑え、そこに暮らし生活する使い手の人となりが、彩りとか体温になって、触れることのできる個性として現れてくるような、そういう仕事ぶりが仲地さんの流儀なのだろう。
 
 
さて、子供の頃から絵を描くことが大好きだったという研二さんは高校を卒業すると、東京のTSAという知る人ぞ知るユニークな学校で現代美術を学んだ。その後、いくつかの仕事を経験する中で、作品づくりとの両立の難しさを感じ、「自分の製作所を持ちたい」と気持ちが強くなり、独立することを選んだという。
 
 
「独立してからの10年をあらためて振り返ってみると、少しずつ望んだ形に近づいている」と語る研二さん。「独立当初は、“仕事”に追われる毎日で、なかなか思うように“作品”をつくることができなかった。しかし、ここ数年積極的な制作活動に取り組んでいる」という。
 
 
工房にも、その隣にある事務所にも、試作品や作品がスクラップブックのなかのコレクションのように“展示”されている。金属の中でも鉄が好きだという仲地さん。経年劣化の影響を受けやすい鉄は、時間とともに表情を変えていく。そこが魅力的なのだそうだ。無機質に見える素材のナチュラルな側面。そのアンバランスさがたまらないのだろう。

 
たとえば、事務所にあるのはこんなオブジェ。いまにも壊れて崩れ落ちそうな脆さが印象的。ドローイングを重ねて、作り方を検討し、様々な問題を試作で解消する。そのように制作に取り組んでいるのだそうだ。
 
 
こちらは工房の壁を這うように上昇したり、下降したりしている飛行機のオブジェ。研二さんのオブジェを眺めていると飛行機が生き物のように感じられてくる。ゆらりと蛇行した感じは木肌を這うように成長するつる性の植物のようにも、節足動物のようにも見える。
 
 
10年くらい前に店舗の内装用につくったランプシェードの試作品。極めてシンプルながら、直径と高さのバランスと上から下への角度がパーフェクト。「工業製品と作品の行き来を楽しみたいんです」。そう語る研二さんの発想は扱っている素材とは対照的に柔らかい。
 
◎後編では実際に購入することができる商品を紹介していきますのでお楽しみに!
 
 
 
 
 
LITTAI METAL WORKS
住所/沖縄県宜野湾市赤道1-5-26
電話/098-893-8218
営業時間/9:00~18:00
定休日/日曜
 
 
沖縄CLIPフォトライター 福田展也
 
 
《沖縄の作り手》
呼吸する彫刻、体温を持つ物体。アートユニット与太郎【前編】
陶芸家・安里貴美枝さん【前編】
染色家・田中紀子さん【前編】
 
  
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
~もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP~

Information

沖縄県宜野湾市赤道1-5-26