沖縄観光情報:空手発祥の地に誕生したあたらしい沖縄土産

空手発祥の地に誕生したあたらしい沖縄土産

post : 2016.10.18 12:00

 
あたらしい沖縄土産が誕生した。生みの親は2009年にイギリスから沖縄に移住したジェームス・パンキュビッチさん。沖縄のアパレルブランド 「琉球ぴらす」と共同で沖縄が世界に誇る伝統文化、空手をモチーフにしたファッションアイテムをデビューさせた。現在販売されているのは空手島シャツ (¥11,880)、Tシャツ(¥3,564)、ポロシャツ(¥3,780)、フードパーカー(¥6,804)、ジャケット(¥6,588)など。
 
 
 
18歳で空手を始めたジェームスさんは高校を卒業したあと大阪の大学に留学し、そこで沖縄出身の女性と知り合った。卒業後いったんはイギリスへ帰国したがその女性とやがて結婚。子どもができたのを機に沖縄に移住した。
 
空手の魅力をあたらしい角度から発信しようと那覇市内にDOJO BARをオープン。やがて聖地巡礼さながらに空手発祥の地を訪れる海外の空手愛好家が集まる場所になり、今では毎年およそ5,000人が訪れている。
 
 
沖縄は人生の道場のような場所だと以前から感じてきたジェームスさんは、今回の商品化にあたって、 “OKINAWA DOJO OF LIFE”をブランドネームとして選んだ。彼にとって空手は格闘技以上の「道」であり、それを極めるためには長い時間 をかけて真理を学ぶ必要があるのだという。
 
 
「沖縄にいると空手道に通じる真理を日々の暮らしの中で学ぶことができるんです。『ゆいまーる』(地域に住むお互いが助け合うしくみ)や、『いちゃりばちょーでー』(いったん気心が知れたら兄弟と同じ)の精神、仲間を応援するときの『ちばりよー』という思い。そのような人生の知恵を反映させた かったのです」とジェームスさんは“OKINAWA DOJO OF LIFE”の開発の経緯を語ってくれた。
 
 
画像提供:CHALLENGE Okinawa
 
「沖縄空手の日」に行われた「百型チャレンジ」や「百古武道型」イベントで撮影された写真を使用し、空手を演武している様子をプリントした「空手アクションシャツ」など空手島シャツは、5種類の展開。
 
 
そして、「礼に始まり礼に終わる」をデザインした“Rei To Rei Tee”や、空手家にとって「人生の生きがい」である空手への思いを 大胆に表現した“Ikigai tee”など4種類のTシャツのほか、ポロシャツ、フードパーカー、ジャケットなど、着ていて楽しくなるデザインが施され ている。「空手愛好家以外の人にも文化としての空手の魅力を発信したい」と今後もアイテムは増えていく予定だ。
 
東京オリンピックの正式種目にも選ばれて、空手はこれからますます注目されていくはず。沖縄の魅力を知る一つの入り口として“OKINAWA DOJO OF LIFE”を楽しんでみてはいかがだろう。
 
“OKINAWA DOJO OF LIFE”は琉球ピラスで購入いただけます。なおDOJO BAR では税抜き価格で販売しています(本文の価格は税込み価格です)。さらに空手島シャツは20%OFFで購入できます。
 
 
CHALLENGE Okinawa
DOJO BAR
住所/沖縄県那覇市安里101
電話/098-911-3601
営業時間/18:00〜24:00
定休日/火曜日
Webサイト/http://dojo-okinawa.com
 
沖縄CLIPフォトライター 福田展也
 
 
《おすすめの沖縄土産》
帽子になった赤瓦屋根、Tシャツになった沖縄地図。あたらしい沖縄土産
呼吸する彫刻、体温を持つ物体。アートユニット与太郎【後編】
沖縄を代表するクリエイティブユニットが、ユニークなデザイン雑貨ショップをプロデュース!
 
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
~もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP~

Information

沖縄県那覇市安里101