沖縄観光情報:【リトハク×沖縄CLIPコラボ】久米島の泡盛酒造巡りで、きっと見つかる“お気に入りの一本”

【リトハク×沖縄CLIPコラボ】久米島の泡盛酒造巡りで、きっと見つかる“お気に入りの一本”

  • 体験する
  • 8
  • Clip

post : 2016.11.24 15:00

沖縄県が誇るお酒、泡盛。県内には47の酒造所があり、リキュールも含めると2,000種類ほどの泡盛があるそうです(2016年9月30日現在:沖縄県酒造組合)。フルーティーで飲みやすいものから、個性が強くずっしりした味わいのものまでテイストは様々。飲み比べをしてみるとそれぞれの違いが楽しめるので、泡盛に興味がある方も、「興味はあるけれど、味の違いがよく分からない」という方もぜひ一度試してほしいお酒です。
 
 
今回紹介するのは久米島(くめじま)にある泡盛酒造所です。キレイで豊富な水資源に恵まれた久米島は、泡盛造りに最適な土地と言われており、島内には2つの酒造所があります。ひとつは泡盛業界最大手の「久米島の久米仙(くめせん)」。もうひとつは家族経営の小さな酒造所「米島(よねしま)酒造」です。
 
 
久米島で一番高い宇江城岳(うえぐすくだけ)の麓に工場を構える創業昭和24年の「久米島の久米仙」は泡盛の生産規模が県内最大級。工場の敷地面積は8,595平方メートルと大変広く、事前予約で試飲も出来ますので、泡盛造りに興味のある方はぜひ訪ねてみてください。
 
 
久米仙では21種類の泡盛を製造・販売しています。久米島で名水と名高い「堂井(ドーガー)」と同じ水系の宇江城山を源流とする、自己水源の湧水を使用した泡盛は、クセが少なく口当たりまろやか。
 
 
35度の3年古酒「球美島(くみしま)」は久米島でしか手に入らない代物なので、お土産にもぴったりですね。
 
 
最近若い女性の間で人気があるのは泡盛リキュール。なかでも県産のシークヮーサーをふんだんに使用した「泡盛仕込みシークヮーサー」と、ペースト状にした梅の果肉をブレンドした「あらごし琉美の梅酒」は人気商品なんだそう。ロックはもちろん、甘みを抑えたテイストになる泡盛割りやさわやかな炭酸割りなど、お好みの飲み方でお試しください。
 
 
もう一方の酒造所は、家族経営の小規模な「米島酒造」です。こぢんまりとした工場は「意思の疎通がしっかりとれるので動きやすい」と話すのは、四代目の田場 俊之(たば としゆき)さん。「料理とのマリアージュを楽しんでほしい」という思いから、米島酒造が目指しているのは、端麗で主張し過ぎない泡盛。口に含むと品の良い香りがふわっと上がり、キレのある味わいが楽しめます。個性が強すぎないので、バーなどで泡盛ベースのカクテルに使われることも多いそうです…
 
まだまだ続く、久米島の久米島の泡盛酒造巡り! この続きは、沖縄離島専門の観光情報サイト【リトハク】のWebサイトでご紹介しています。
こちらからご覧ください。 ⇒ http://ritohaku.okinawastory.jp/kumejima/7606/

 

株式会社久米島の久米仙
住所/沖縄県島尻郡久米島町字宇江城2157
電話/098-985-2276
URL/http://www.k-kumesen.co.jp/
販売・試飲/10:00~16:00(お昼休みの12:00~13:00は除く)
 
 
米島酒造株式会社
住所/沖縄県島尻郡久米島町字大田499
電話/098-985-2326 
URL/http://www.yonesima.jp/
工場見学/月~土曜(要予約)
予約及び見学受付時間/10:00~12:00/14:00~17:00
 
 
沖縄CLIPフォトライター Sachiko 
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。


 

Information

沖縄県島尻郡久米島町字宇江城2157