沖縄観光情報:【リトハク×沖縄CLIPコラボ】宮古・伊良部島で蟹蔵さんと行くマングローブ蟹漁体験!

【リトハク×沖縄CLIPコラボ】宮古・伊良部島で蟹蔵さんと行くマングローブ蟹漁体験!

  • 体験する
  • 10
  • Clip

post : 2017.01.25 21:00

 
宮古島(みやこじま)から、長さ約3.5キロメートルもある伊良部(いらぶ)大橋を渡るとたどり着く伊良部島。そして、伊良部島とぴったりくっつくようにある下地島(しもじじま)の間は、マングローブが生い茂る入り江になっています。そこにはマングローブ蟹といわれる大きなワタリガニ「ガザミ」も生息しています。その蟹漁を体験し、実際に味わうことができるツアーがあります。
 
催行するのは、島の人との触れ合いを通した、宮古ならではの特別な島時間を体験できる観光メニューに定評がある「プラネット・フォー」の「宮古島ひとときさんぽツアー」。さっそくツアーに参加させてもらいました! 伊良部島の「佐和田(さわだ)の浜」近くで集合し、“蟹蔵”の愛称で親しまれている吉浜崇浩(よしはま たかひろ)さんのもとへ。
 
 
吉浜さんは、生まれ育った伊良部島でマングローブ蟹の保護活動と養殖を行っており、小さい頃からこのあたりの入り江を遊び場にしていたそうで、地形やそこに生息する生き物、植物などマングローブの生態系を知り尽くしている入り江のスペシャリスト。高校卒業後に本土へ出て、その後島へ戻ってきた時に、白い砂浜の減少など、入り江の環境の変化を目にしました。
 
 
同時に、久しぶりに食べたガザミは「世界一おいしい蟹だ!」と思ったのだそう。「高級蟹よりも地元の蟹がこんなにも美味しかったなんて。多くの人に食べてもらい、その美味しさを知ってもらいたい」と、今から10年前に養殖をはじめました。
 
入り江の環境の変化について調べた結果、その生態系も崩れてきていることもわかり、ガザミの数もかなり減ってきているため、繁殖させた蟹の稚蟹を放流する活動も行っているそうです。
 
 
それではいざ、ツアー開始! 入り江へと入っていきます。
 
 
マングローブ林の奥深くに分け入っていくにつれて、探検のわくわく感が高まってきます。吉浜さんが仕掛けた蟹カゴをひとつひとつ確認していきます。マングローブの生態やそこにいる動物のこと、たくさんの豆知識を教えてもらいながら進んでいくと… この日は4つ目のカゴでヒット!
 
 
まだまだ続く、宮古・伊良部島で蟹蔵さんと行くマングローブ蟹漁体験! この続きは、沖縄離島専門の観光情報サイト【リトハク】のWebサイトでご紹介しています。
こちらからご覧ください。 ⇒ http://ritohaku.okinawastory.jp/miyako/7784/

 

プラネット・フォー
住所/沖縄県宮古島市平良西里299-3
電話/0980-73-7311 ※2日前の17:00までに電話予約要
HP/http://www.plannet4.co.jp/hitotokisampo/tour-kani.php
所要時間/約2時間
料金/ひとり8,000円(マングローブカニ漁ツアー代、食事代、税込)
 
 
沖縄CLIPフォトライター 笹本真純 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
~もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP~

 

Information