沖縄観光情報:完全個室×海辺のお食事でおもてなし♪鳩間島の老舗宿『ペンションマイトウゼ』

完全個室×海辺のお食事でおもてなし♪ 鳩間島の老舗宿『ペンション マイトウゼ』

post : 2017.04.30 12:00

石垣島(いしがきじま)に竹富島(たけとみじま)、西表島(いりおもてじま)や波照間島(はてるまじま)…。メジャーな島が目白押しの八重山(やえやま)諸島ですが、最も小さな有人島をご存知ですか? 西表島の北5.4kmに位置する「鳩間島(はとまじま)」は、人口50人に満たない(2016年7月末現在)、広さ0.96km²、周囲約4kmの素朴な離島です。
 
 
港は島の南部に位置し、すぐ目の前に集落が広がります。しかし、いわゆる商店は無く、飲食店も数えるほど…。それでも、10軒ほどの民宿が点在するため、オンシーズンは観光客で賑わいます。ほとんどの宿が年季の入った木造家屋ですが、名前も見た目も、(ほんのちょっとだけ)モダンな宿が、1軒。『ペンション マイトウゼ』は、こじゃれた建屋が、女性やファミリー層からも人気です。
 
 
ただ、最初にお断りしておきますが、「ペンション」と名打つものの、リゾート系の1軒貸し切り型などではなく、基本的には民宿です。それでも、一棟まるっと使用できる客室は、“全室個室”でそれぞれ独立しているため、プライベート重視派には安心です。タイプはカップル用6畳☓7部屋(写真)と、ファミリー向け大部屋10畳☓2部屋がスタンバイ。
 
 
また、特筆すべきは、各棟に取り囲まれる形で設けられた中央の屋根付き「ゆんたくスペース」。十数人程座れる大きなテーブルで、旅人同士が、毎晩泡盛で気さくに交流♪ 八重山の宿ならではの醍醐味です。
 
 
ちなみに、ハード情報としては、客室にはエアコン(有料)と電気蚊取を完備しますが、テレビや扇風機、もちろんWi-Fiもありません。トイレ、シャワー、冷蔵庫は共同(写真の大部屋のみトイレ、シャワー、小キッチン完備)。洗濯機(有料)はありますが、石鹸、シャンプー、リンス、タオル、歯ブラシなどのアメニティは一切ありませんのでご持参を。
 
 
そして、もう一つ。マイトウゼ最大の特徴は、宿泊スペースと、お食事をいただく食堂は、300m程離れた別々の場所にある点です。
 
 
客室から徒歩4〜5分。2階建て木造建物の食堂は、南向きオーシャンフロントのナイスロケーション! 朝はキラキラした水面を眺めつつ一日の始まりを爽やかに(写真)。午前中シュノーケリングでひと泳ぎしたあと、お昼は眩しい太陽を避け一休み。そして右手の水平線に幻想的な夕陽を臨むロマンチックなディナータイム…。3食を通し、移ろいゆく豊かな海の表情に誰もが癒されるでしょう。
 
 
宿泊客がお食事をいただくのは1階スペース。そして、今年3月に改装されたばかりの2階木造テラス席は、夜間、焼鳥居酒屋『より道』として営業。他の素泊まり宿の客で賑わいます。もちろん、宿泊客もお食事後、2階に移動しビール片手に「あっり、乾杯〜♪」が定番です。
 
 
 
気になるお食事は、出来る限り島の素材を使用しています。夜のメインは、もちろん近海のいまいゆ(鮮魚)です。元・海人(うみんちゅ)の宿主や女将自ら釣り上げた季節ごとの旬を用いて、煮付けや揚げ物、刺し身や出汁汁など、多彩なメニューでおもてなし。この日の夕飯はグルクンの煮物&お刺身に、翌朝は島で取れた卵のオムレツでお腹いっぱい♪ 
 
 
 
 
また、お昼に提供される自家製の「鴨そば」は自慢の一品! 数年前に高級食材のフランス鴨を取り寄せ、現在50匹程養殖するなど、その本気度が垣間見えます! ちなみに、宿泊客以外でも700円でいただけるので、どなたでもお気軽にどうぞ♪
 
 
客室も食堂も綺麗に改築されていますが、創業は実に1983年という、鳩間島では老舗宿のマイトウゼ。「若い頃、生まれ育ったこの島を離れ、東京で働いていましたが、1982年に戻り、翌年宿を始めました。元は、港近くに建屋がありましたが、'80年代の終わりくらいかな、今の場所に移り、徐々に増改築したんですよ」と、宿主の通事建次(とうじけんじ)さん。
 
 
ところで気になるのがその屋号。「『マイトウゼ』という名称は、島に二つの通事(ツウジ)家があって、こちらが“前の通事(マエノツウジ)”だったことに由来しています。ちなみに、通事という名字は、古くは鎌倉時代に遡ります。ルーツは京都で、琉球王朝時代には首里の役人で、中国との通訳も勤めていました」。なんともはや。沖縄でも相当に珍しい御名字には、本土や大陸とも関わりのある、深くて長い歴史がありました…。
 
「食堂のある建屋は、私どもの住宅も兼ねています。まあ、お客さんも私達が近くにいるよりも、気ままに過ごせるかなと、敢えてこういう形にしいてるんですね」。確かに、宿泊スペースは、何の気兼もなく過ごせる自分たちだけの空間。一方、お食事タイムは海を眺めつつ、皆で賑やかに。なるほど、この分かりやすいメリハリこそが、マイトウゼ最大の魅力なのかもしれません。
 
 
そして夜半。ゆんたくスペースの電気を消すと、一気に訪れる真っ暗闇。人工的な光は、時折遥か頭上を抜けていく『鳩間灯台』の灯火だけ…。そして、目が慣れてくると徐々に広がる満天の星空は、もはや銀河そのものでした。一晩過ごしてこそ味わえる小さな離島のささやかな幸せ。鳩間島の老舗宿で、目一杯感じて下さいね。
 
 
 
 
ペンション マイトウゼ
住所/沖縄県八重山郡竹富町鳩間46-2
電話/0980-85-6166
料金/6,000円(1泊1名3食付 ※税込)
チェックイン&チェックアウト/船の時間で応相談&9:30
 
 
沖縄CLIPフォトライター 小川 研(Qey Word)
 
 
▼関連サイト:
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。
沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
~もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP~

 

Information

沖縄県八重山郡竹富町鳩間46-2