沖縄観光情報:琉球大学と沖縄の人気店がコラボレーション!スパイス香るレトルトカレー『琉球大学ロマン』

琉球大学と沖縄の人気店がコラボレーション! スパイス香るレトルトカレー『琉球大学ロマン』

post : 2017.05.28 12:00

※『琉球大学ロマン』は『琉球大学カレー』に名称が変更になりました。


2017年5月15日、人と人が繋がることで生み出されたレトルトカレーが発売されました。そのカレーは日本最南端の国立大学である琉球大学と、県内の人気カレー店『あじとや』がコラボレーションして作り上げた『琉球大学ロマン』。
 
 
『琉球大学ロマン』の最大の特徴は、琉球大学農学部の本村 恵二(もとむら けいじ)教授と、本部町(もとぶちょう)の農家が共同開発した「春ウコン”CL2号”」を使っているという点です。
現在、品種登録申請中のCL2号は、春ウコンの特性としての豊富な精油成分に加え、春ウコンには少ない黄色色素も大量に含んだ優良ウコンです。
 
 
本村先生はこれまでにCL2号を使ったパンやジェラートを作ってきたそうですが、"琉球大学ブランド"商品として販売するのは今回が初めて。
 
 
商品化するにあたって、学内でプロジェクトに興味のある学生を公募。集まった学生がそれぞれの専門分野を活かし、本村先生と一緒に商品開発・PRを行ってきました。
 
 
そして県内の人気カレー店『あじとや』の料理長 山崎 憲次(やまざき けんじ)さん監修の元『琉球大学ロマン』が完成しました。ベースとなるのは、インド・スリランカ産のオーガニックスパイスや県産黒糖をブレンドしたあじとやオリジナルのスープカレー。使用するウコンはもちろんCL2号です。一般的に出回っているウコンに比べてCL2号は香りにパンチがあるため、他のスパイスや黒糖とのバランスを何度か調整・試作し、今のレシピに決まったそうです。
 
 
そんな「個性的なウコンの香りを感じてもらえるように」と、パッケージの中にはCL2号の入った小袋が入っています。温めたカレーに振りかけたり、ご飯を炊く時に加えてターメリックライスにしたり、使い方はお好みで。
 
商品は、黒糖の甘みがじんわりと感じられる「基礎課程」と、爽やかな辛さが後を引く「応用課程」の2種類。「小さな子どもでも安心して食べられるように」という思いから、どちらも無添加(着色料・香料・化学調味料・保存料不使用)にこだわったそうです。
 
 
小麦粉を使用していないスープカレーはサラッ♪口に含むとウコンやコリアンダー、クミンの香りが広がり、後から辛さがじわじわと追いかけてきます。ニンジンやじゃがいもなど大きな具材が入っていないキーマカレーなので、野菜やお肉などお好みの具材を加えてボリュームアップ&オリジナルにアレンジするのも良さそうですね。
 
 
『琉球大学ロマン』は「沖縄CLIPマルシェ」や琉球大学の生協、那覇空港で購入することが出来ます。本村先生は「これだけで終わらず、第2弾、第3弾と商品開発を進め、海外進出も目指したい」と意気込みを語ってくださいました。
これから世界に羽ばたく『琉球大学ロマン』。まずはあなた自身の五感で味わってみませんか?
 
沖縄CLIPフォトライター Sachiko

※『琉球大学ロマン』は『琉球大学カレー』に名称が変更になりました。



まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

 
〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

Information