沖縄観光情報:サバニが生まれるまで<第2回>ハラケーギ

サバニが生まれるまで <第2回> ハラケーギ

post : 2017.07.01 18:00

 
<当コラムについて>
糸満(いとまん)のサバニ大工・大城清さんと高良和昭さんが、2017年7月2日開催予定の「第18回サバニ帆漕レース」に出艇されるご自分たちのチームのサバニを制作されていく様子を連載でお届けしております。詳しくは前回までのコラムをご覧ください。
 
 
2017年.緑が伸びやかな4月、サバニの制作作業がはじまりました。
 
んにゃぁ~、んにゃぁぁぁあ~あ~あ~。
 
サバニ工房に足を踏み入れると、ロボットのネコが鳴いているような音がしています。サバニ大工の大城清さんが、サバニの側面となる板「ハラケーギ」の上に電気カンナを滑らせていました。ハラケーギの成形は、厚みを整え、墨を入れ、彫り込むことがおもな作業。訪れたときは、厚みを整えられているところでした。「樹のいい香りがするでしょう」。大城さんの言葉通り、工房は杉の香りで満たされていました。小さな工房でちょっとした森林浴です。が、うっかり風下にいると、細かい木屑でゴホゴホッとむせてしまいました。
 
 
作業の合間、ポツリポツリと大城さんは様々なことを語られます。例えば、与那国島(よなぐにじま)のサバニは反りが深く、12メートルの白波にも向かっていけるほど荒波向きだとか、むかしは「石(こく)」単位だった材積計算がいまでは「立米(りゅうべい)」単位になっているだとか。専門的な内容で私には少々難しいものもあれば、地域性や時代の移り変わりを知ることができるものまで、その内容は多岐にわたります。
 
 
「昔の海人(うみんちゅ/漁師)はトビウオ漁から戻ってきて港に入ると、舟を軽くするためにこっそり網を海に投げていたみたいです。そして岸を目指して、我先にと一目散に競い合っていたんですよ。もちろん投げた網はあとで取りに戻りますけど。そこまでして負けたくないって気持ちがあったんですね」と大城さん。商売道具の大切な網を投げ出してまで勝負するあたりは、海人の気性とユーモアをよく表すエピソードです。幅広い知識を有する大城さんのお話を聞けるだけでも、工房に来ることが楽しくなります。
 
 
「墨入れをする前に、私の頭のなかにはサバニのイメージがすでに出来上がっています」と大城さん。墨入れは、サバニの高さ、幅、厚みなどを決定する作業なので、サバニの強度に影響するそう。「サバニ、サバニと言うけれど、サバニにも種類がいろいろとあって、用途によって異なります。私は島々を渡っていくような遠洋のサバニを基準にしています」という大城さんが、今回レースに向けて作られているサバニは、これまでレースで乗っていたサバニよりも幅が広く、外洋の波に強いサバニ。なんとも頼もしいサバニになりそうです。
 
 
作業の合間に、大城さんが少し照れ笑いをするように、「今回は時間がありませんし、自分たちのサバニなので、本来は彫り出す工程をいくつかショートカットしてますよ。本当はサバニ大工の腕の見せどころなんですけどね」とおっしゃいました。
 
 
多忙を極めた大城さんたち、予定より数ヶ月遅れでサバニ制作がはじまったことから、船員が座るザシカ(座板)を置くための台「サシカザン」など、彫り出してつくる数カ所の部分を省略して、その部分は後付にされるそう。それは、「なんとしてもレースまでにサバニを完成させたい。完成させるのだ」という大城さんたちの強い意志の表れのように思えました。(つづく)
 
 
沖縄CLIPフォトライター 安積美加
 
 
<関連記事>
シマアシビ <阿嘉島> サバニ
糸満海人の歴史と文化を伝える生きた資料館「糸満海人工房・資料館」
サバニ帆漕レース(座間味島)
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
~もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP~

Information