沖縄観光情報:沖縄の自然や日常を布に映し出すテキスタイル作家「Doucatty(ドゥキャティ)」

沖縄の自然や日常を布に映し出すテキスタイル作家「Doucatty (ドゥキャティ)」

post : 2017.10.01 12:00

沖縄本島南部に位置する南城市(なんじょうし)。ネコがのんびりと道を歩くような、のどかな住宅街の一角に、田原幸浩(たはらゆきひろ)さん、琴子(ことこ)さんの夫婦ユニット、「Doucatty (ドゥキャティ)」の工房兼ショップがあります。
 
 
小さな看板の入口から先にのびる小道を進むと、見えてくるのは天井の高い大きな工房。中に入ると、色とりどりの手ぬぐいやTシャツがずらりと並び、自然とワクワクしてしまいます。
 
 
ちょっと不思議なユニット名、「Doucatty (ドゥキャティ)」について尋ねると、
 
「沖縄の言葉で『自分勝手』という意味の『どぅかってぃ』からとったんです。
『どぅ(自分)』と『かってぃ(勝手)』。自分たちで好きに作って売ってるから、
どぅかってぃだよねーって、そんな会話から」と幸浩さん。
 
「そこに英語をあてたの。ちょっとイタリア語っぽく見えるかしら」と、隣でくすくす笑う琴子さん。
 
広告やパンフレット作りなどの、クライアントの意向に添う発注仕事をこなしたのち、自分サイズで自由に表現する手仕事スタイルへと変えていったふたり。たどってきた道のりへの思いも伝わるユニット名です。
 
それにしても、洗練された響きの名前だったので外国語と思いきや、まさか由来が沖縄だったとは!(笑)。そんな遊び心こそ、Doucattyの魅力です。
 
 
 
ふたりが描くのは、ふと目に映る身近な沖縄。島だこに島かぼちゃ、道ばたにある野草たち。種類豊富な手ぬぐいはどれも、研究を重ねながら、ひとつひとつ手染めしたもの。
 
 
 
こちらはTシャツで泳ぐイラブチャー。沖縄ならではの色鮮やかな魚も、ふたりの手にかかれば、こんなにポップになるんです。
 
 
沖縄そばの子どもTシャツもかわいい(うちの子に着せていました!)
 
 
大きな布にダイナミックに色をのせ、手染めの布も作ります。
 
 
 
「大判の布のいいところは、生活にわっと入り込んでくるところ。部屋につるすと雰囲気ががらりと変わったり、透ける光がきれいだったり。呼吸しているように一緒に生活できるし、暮らしの一部になるのが楽しくて」と琴子さん。
 
 
 
布さえあればバッグを作ったり、ストールにもできる。服だって作れる。何に使うか決めこまずに、まずは真っ白なキャンバスに描くように色をのせ、完成してから用途を考えるのも楽しい時間だそう。
 
 
 
工房の窓の外には、染め上がったばかりの作品が風にふわりふわりと揺れるのが日常の光景。天日干しが基本だから、どれも沖縄の光と風を吸い込んだ作品ばかりです。
 
 
「沖縄には自然はもちろん、人間的な大らかさや人とのつながりなど、あちこちで失われたものが当たり前に残っていると思うんです」と幸浩さん。
 
だからこそ、ふたりの目に映る身近なものは、どれも価値ある見過ごせないもの。決して派手さはない普段の景色から、楽しさやおもしろさをすくいとれるのだと思います。なにより、話のはしばしに『自分たちの手で創る喜び』があふれてる!
 
「できあがるまでのプロセスがとても楽しいの。毎回色の出方も違うし、にじみができたり、できなかったり。こんなに楽しいことはゆずれません」と笑う琴子さん。その喜びが、躍動感のあるタッチになり、色使いになっていくのです。
 
Doucattyが目指すのは、みんなに愛される食堂のような「他にはない味」を出した物づくり。これからもひとつひとつを楽しみながら、新たな作品が生まれていくに違いありません。
 
 
Doucatty(ドゥキャティ)
住所/沖縄県南城市佐敷新里740ー1
電話/098-988-0669
時間/10時~16時半(ショップ)
定休日/月曜日(不在の場合もあるので電話確認してから来店して下さい)
URL/https://doucatty.com/
 
沖縄CLIPムービー
Doucatty(ドゥキャティ)
 
 
沖縄CLIPライター 小野暁子
 
 
▼南城市のおすすめ情報
絶景!神の島久高島(くだかじま)を望む「ニライカナイ橋」
目の前がビーチ!緑豊かな景観も楽しめる一軒貸しのモダン宿♪
青く輝く海が目の前に!自家製パン&スイーツ「まんまるカフェ」
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。
沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
~もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP~

Information

沖縄県南城市佐敷新里740ー1