沖縄観光情報:のんびり沖縄を楽しむなら、大浦湾海辺の直売所『わんさか大浦パーク』へ!【PR】

のんびり沖縄を楽しむなら、大浦湾海辺の直売所『わんさか大浦パーク』へ!【PR】

  • 体験する
  • 9
  • Clip

post : 2018.03.02 09:00



那覇市から車で約1時間ほどで、リゾート開発されていない落ち着いた雰囲気が魅力のやんばる(沖縄本島北部)の名護市東海岸エリアにたどり着くことができます。そのエリア入り口といえる場所にあるのが、大浦湾海辺の直売所『わんさか大浦パーク』。やんばる方面へのおでかけした時には是非立ち寄ってほしいオススメスポットです! また、3月3日(土)から25日(日)まで、このエリア一帯で地域のかたがたと触れ合えるオススメのイベント『第6回フラワーフェスティバル』が開催されるので、このタイミングでやんばるへお出かけしてみてはいかがでしょうか?




また、『わんさか大浦パーク』のすぐ横には、天然記念物である『大浦のマングローブ林』があり、全長726メートルあるウッドデッキの遊歩道で散策を楽しめます(大人350円/小中学生200円)。



もっとオススメなのはカヤックに乗船することができる『のんびりマングローブツアー』(大人5,400円/子供4,320円)です。遊歩道よりも水辺に近い位置から、マングローブの中まで楽しめます。




もし、カヤックを体験するのが初めてでも大丈夫。ガイドさんがやさしく教えてくれますし、並走してくれるので安心ですよ。




ところでマングローブとは、熱帯・亜熱帯の海岸や河口付近の海水と淡水が混じり合う場所の植物群生のことで、とくに大浦湾河口のマングローブには、主にオヒルギやメヒルギが生い茂っています。




また、ヤエヤマヒルギもほんの数本だけ生えているので見つけてみてくださいね。




カヤックだけでなく、船を一旦降りてからウッドデッキの遊歩道の散策がついているので、ツアーを2倍楽しめます。なにより、ガイドさんに案内してもらえることで、マングローブに生息する植物や小動物のことなどをくわしく知ることができます。




カヤックのツアーはそのほかにも、朝開催の『夜明けの日光浴 朝日ツアー』(大人8,640円/子供5,400円)や、夜開催の『静寂ナイトマングローブツアー』(大人7,560円/子供5,400円)があります。いずれのツアーも前日までの事前予約が必要です。予約が完了したら、濡れてもいい服装と履き物を用意すれば当日は手ぶらで参加できるので気楽です。








カヤックツアーや散策で小腹が空いたら、わんさか大浦パーク内には、食堂、てんぷら屋、焼き鳥屋、パーラーなどがありますので、がっつり食事からおやつタイムまで楽しめます。




名物おやつはサーターアンダギー、地域名産のかぼちゃを使ったカレーパンも人気。中でも、紅芋あんが入ったサーターアンダギー(100円)がオススメの一品です。そのほかには、地域でとれたシークヮーサーを丁寧にしぼったシークヮーサージュースも元気回復にいかがでしょう!



 
おだやかな大浦湾を眺めながらくつろぎのひとときを楽しんでください。また、わんさか大浦パークでは、民泊の受付も行っています。この静かなエリアでもっとゆっくりと過ごすことができるほか、地域のかたと交流もできるので、宿泊してみるのもオススメですよ。


『わんさか大浦パーク』
住所/沖縄県名護市字大浦465-7
営業時間/10:00〜19:00
電話/0980-51-9446
URL/https://www.wansaka-o.jp/
・わんさんか大浦パーク近辺のマップ「うぷら(大浦)マップ」できました。

『第6回フラワーフェスティバル&オープンガーデン』
会場/沖縄県名護市東海岸エリア一帯
開催期間/2018年3月3日(土)〜25日(日)まで
開園時間/10:00〜17:00
チケット販売/わんさか大浦パーク、または名護東海岸沿いの共同売店やカヌチャリゾートでも購入できます。
観賞券/500円、地図入りパンフレット付き
公式HP/https://www.wansaka-o.jp/フラワーフェスティバル2018/


地産地消フードフェスティバル『やんばるカリー(嘉例)祭』
開催日/3月21日(水・祝)
カレーチケット/1,000円(投票券付き)
(※10〜15店舗以上出店予定)
開園時間/10:00〜18:00
公式HP/やんばるカリー(嘉例)祭サイト
(上記ページ内にやんばるカリー(嘉例)祭の情報が掲載されています)

『久志の民泊』
電話/090-9785-7832
URL/http://kushinominpaku.com/

※料金は、2018年3月1日現在

関連記事
・フラワーフェスティバル2015 


沖縄CLIPフォトライター 桑村ヒロシ

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

*この記事は、【事業】平成29年度農山漁村振興交付金(地域活性化対策)二見地域活性化協議会のスポンサード記事です。*

Information

沖縄県名護市字大浦465-7