沖縄観光情報:『うりずん散策、ありんくりんアッチャーウォッチャー』

『うりずん散策、ありんくりんアッチャーウォッチャー』

post : 2018.05.03 12:00


 

先祖供養のお墓参り、二十四節気の清明祭(シーミー)も県内各地でピークを迎えた4月中旬の沖縄本島南部。私の実家のある南城(なんじょう)市でも盛大にシーミー行事が行われました。佐敷(さしき)富士と呼ばれるスクナムイの麓にある我が門中(もんちゅう)墓へお参りしました。

 

 

血縁のある一族が入る共同墓を門中墓と言いますが、私の実家の門中墓は、今から190年以上も前に造られたもの。亀の甲羅に似ていることから亀甲墓(かめこうばか)とも呼ばれ、そのルーツは中国の福建省とも言われます。私が子供の頃は、お供えをした後は、このお墓の前でご馳走を広げ皆で食べたものです。

 

 

雨模様のこの日は、お墓の前で手を合わせ、ウサンデー(お供えものをいただくこと)はお仏壇のある家に帰ってからということになりました。

 

 

ヒラウコー(黒い沖縄独特のお線香)を置いた石の部分がお墓の入り口でもあります。お墓を開ける時は、バーベルで男の人が数人がかりでこの重い石の扉を動かします。お米、お酒、お茶と一緒にご馳走をお供えしました。

 

 

実家へ移動し、みんなでご馳走をいただきました。あれ!? お重箱じゃないの? って声がグソー(あの世のご先祖様)や読者の皆さんからも聞こえてきそうですが、ハイ、今年は、県産野菜がたっぷりの那覇の『食堂faidama』さんのオードブルにしてみましたよ。盆正月にシーミーに家族の年忌にありとあらゆる旧暦行事。沖縄では、冠婚葬祭問わずお重箱料理が登場することが多いので、時々はこうやって、お気に入りのお店のオードブルをお供えしたりするのが昨今の沖縄的風景でもあります。『ヒッチーナー(しょっちゅう)、三枚肉と天ぷらばっかりだったらウヤファーフジ(ご先祖様)の皆さんも飽きるサーネー』とか言いつつご馳走つついてます。

 

 

4月前半〜中旬のシーミーの季節が過ぎると、沖縄は本格的な夏を前に、大地が潤いに満ちる“うりずん”の真っ只中です。街路では、沖縄県花のデイゴが真っ赤な花を咲かせていました。デイゴが良く咲く年は、台風の当たり年なんていう迷信もありますが、さて今年はどうなりますことやら。

 

 

さて、沖縄の道路工事の標識も、最近は沖縄風のデザインや方言を使ったものが登場していますよ。『わじゃそーいびん』。直訳すると“技、しております”。つまり言うなれば“技術施工中”。すなわち、“工事中”ってことですね。

 

 

ご丁寧に『ゆたしくうにげーさびら』(どうぞよろしくお願いします)の看板まであると、工事で道が混雑していてもなんだか気分いいですね。

 

 

こちらは、糸満(いとまん)市で見かけた交通標語。『マブヤー(魂)落とすなスピード落とせ!』。沖縄では、ものすごくびっくりしたり驚くようなことに遭遇すると、魂が抜ける・魂を落っことしてしまうと言われています。マブヤー落とさないよう、ドライブはくれぐれも安全運転でお願いしますね!

 

 

さて、あまりのシュールさというか圧巻さに思わず、“タマシ(魂)脱ぎたん!”(魂脱げた=びっくりしたさ)。ご家族総出で畑仕事? と思いきや、なんとかかしファミリーではありませんか。こちら、南城市内で個人の方が手作りしているもので、季節ごとに服装や出で立ちも変わるので、通るたびにワクワクです。雨の日も多く、本土よりひと足早い梅雨を迎える沖縄を表しているのでしょうね。

 

 

すぐお隣のひまわり畑では、地元南城市のゆるキャラ“なんじぃ”のかかしもお目見え。お孫さんと一緒に野良仕事中のようです。

 

 

南城市には、沖縄の稲作発祥の地とされる場所があります。久しぶりに訪れると稲穂もすくすく。玉城(たまぐすく)にある『受水走水』です。さて、なんと読むかご存知ですか?

 

 

『受水走水』と書いて“うきんじゅ・はいんじゅ”と読みます。清らかな湧き水が流れ、聖地のひとつとして崇められ、県内各地からお参りに訪れる人も後を絶ちません。

 

 

シーミーも終わった数日後は、旧暦の3月3日。『浜下り(ハマウイ)』。女性たちは海水で身を清める日とされます。また、大潮の干潮が重なるこの日は、どこまでも遠浅の海で潮干狩りを楽しむ風習もあり、玉城の海でも、大勢の人たちが潮干狩りにいそしんでいました。

 

 

うりずんの野辺では、甘い芳香を放つ月桃(げっとう/方言名サンニン)の花も咲き始めました。他にもテッポウユリや段々花(だんだんばな/グラジオラス)の自生している姿が目を楽しませてくれます。

 

 

本島では主に南部でしか見られない、日本一小さな蝉“イワサキクサゼミ”も鳴き始めましたよ。本格的な夏到来を前に、野辺に海辺にみずみずしい生命力が溢れるこの“うりずん”の季節が私は大好きです。

 

 

沖縄CLIPフォトライター 鶴田尚子 

 

《沖縄を知るおすすめ記事はこちら》
テーブルを華やかに盛り上げる、沖縄の「オードブル」

“石にも意思があるらシーサー!?” 南部散歩百景

魚の御輿を担いで安全祈願!沖縄県うるま市の伝統行事「浜下り」

 

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

~もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP~

Information