沖縄観光情報:『ThaifoodclubBACCARA(タイフードクラブバカラ)』(沖縄市)で安全&新鮮な島野菜たっぷりの本格タイ料理をいただく

『Thai food club BACCARA(タイフードクラブ バカラ)』(沖縄市)で安全&新鮮な島野菜たっぷりの本格タイ料理をいただく

post : 2018.06.06 15:00

コザ(沖縄市中心エリアの通称)の閑静な住宅街に位置する『Thai food club BACCARA(タイフードクラブ バカラ)』。本格的なタイ料理を堪能できる、知る人ぞ知る名店です。




3F建てのモダンな建屋は、2Fが入口。スラっとしたファサードだけを見ると、それほどのスケールを感じさせませんが、一歩店内に入ると開放感溢れる空間がドーンと広がります。




2Fが厨房とメインの飲食スペース。加えて、ソファールームや2つの個室、ちょっとした中庭も設置され、より洗練された雰囲気の3Fは、接待やお祝い等、グループだけで静かにお食事を楽しむ際に最適です(要予約)。「県内外の多くの方に、ヘルシーでおいしい、本場のタイ料理を楽しんで頂きたい」と、これまで何度も現地に足を運んで来たオーナーの安谷屋(あだにや)さくらさん。重度のタイ好きが高じて、2017年4月にこのお店をオープンしました。「季節ごとのメニューから、お好きなもの、初めてのものや、気になる料理を、心置きなくお楽しみ下さい」。

その「本場のタイ料理」を仕切るシェフは、『ザ・チェディ・チェンマイ・ホテル』で修行を積んだ、若き凄腕・スパワット・クルーアンさん(32歳)。ハンドメイドによる数多のオリジナルソースに定評があります。




特筆すべきは、素材の調達法。数十種類からなる調味料はもちろん現地から取り寄せています。しかし、野菜等食材は、出来る限り安全で新鮮な旬の県産を目利きし、独自のルートで(例えば、南城市が生産に取り組んでいる今話題の花バタフライピーは、南城市バタフライピー生産農家組合から直接交渉し)仕入れます。また、自家栽培ものを積極的に使用する他、沖縄で取れないものは、全国から選りすぐる(例えば、福岡産の生タケノコ。炒めや素揚げ・カレーにも新鮮なタケノコ料理を提供)等、徹底的にこだわります。




ランチは1,300円(税込 *以下同)のビュッフェ、ディナーは各種コースやアラカルトをサーブします。




旬な素材が自慢のランチビュッフェでは、料理18〜20種、デザート4〜5種、ドリンク5種が、常時バリエーションも豊かにラインナップ。色鮮やかな緑黄色野菜がふんだんに用いられる等、タイ料理ならではの華やかな見た目も醍醐味です。




2018年初夏のメニューを一部ご紹介。空心菜炒め、ゴーヤーの肉詰め、パパイヤサラダと言った季節限定ものの他、主食は、炒飯、ジャスミンライス、ライスヌードル焼きそば。主菜・副菜として、グリルチキン豚のステーキ、三枚肉とパイナップルの煮物、キャベツと豚肉炒め、季節の野菜炒めタイソース、ポテトフライ、えびせん。サラダは、春雨サラダ、サーモンサラダ、鶏挽肉サラダ、豚サラダ、葉野菜サラダ。カレー&汁物として、グリーンカレーに卵麺ともやしのチキンクリアスープがスタンバイ!




デザートは、タピオカココナッツソース、タロイモと黒モチ米、バタフライピーとココナッツソースジャックフルーツの三層ゼリーよせ、パイナップル。ドリンクは、ジャスミンティー、オーガニックアイスティー、タイミルクティー、バタフライピーティー、オーガニックホットコーヒーと、文字を追うだけでお腹一杯になりそう(笑)。




お客さんに出来たて熱々を味わってもらうべく、その日の状況で調理量を絶妙に調節。混み合って来た際には、全ての料理が一瞬たりとも空にならないよう瞬時にチェックし、随時調理しなおす等、細やかな配慮も人気の理由です。






続いて、ディナーは、全てのメニューをオーダーできるテーブルオーダーバイキング(サイズはスモールまたはレギュラーから選べます)。ポーピアクントード、海老の春巻き、パッキーマオライス、太麺のスパイシー焼きそば、ソムタム、グリーンパパイヤサラダのセットが定番です。お酒も、タイビールを中心に、各種ワインも豊富に取り揃えます。また、飲み放題セットもあるので、飲むも食べるも存分に満喫できます。




ちなみに、スタッフは全員英語やタイ語が堪能に付き、客層も外国人が少なくありません。国際色豊かな、沖縄市のカラーをそのままに感じられ、エキゾチックな時間を過ごせる点も、バカラならではと言えるでしょう。




シーズナルな県産素材を、いつもとちょっと違う上質なエスニックで味わう至福のひととき…。中部エリアで見逃せない素敵なお店がまた一つ増えました。




Thai food club BACCARA(タイフードクラブ バカラ)
住所/沖縄県沖縄市胡屋4-2-30
電話/098-989-3343
営業時間/11:00~14:30/17:00~22:00
定休日/無
駐車場/有
Webサイト/http://baccaraokinawa.com/

※料金は、2018年5月現在です。

▼関連サイト:
・大きな窓から広がるさとうきび畑と海岸線…『hinata cafe』で身も心もヘルシーに
・僻地?に佇む大人の隠れ家空間…『café PIPINEO』が奏でる手作りの“洗練”
・上質な古民家風空間「Café がらまんじゃく」でいただく“ぬちぐすい(命の薬)”

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

~もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP~

沖縄CLIPフォトライター 小川 研(Qey Word)

 

Information

沖縄県沖縄市胡屋4-2-30