沖縄観光情報:日常の中にひそむ幸せを、何気なく見つけられそうなカフェ〈tagoaltago(本部町)〉

日常の中にひそむ幸せを、何気なく見つけられそうなカフェ〈tago al tago(本部町)〉

post : 2018.06.12 15:00

ある人から「海と山、どっちが好き?」と尋ねられたとして、あなたは即答できるタイプですか? それともちょっと迷ってしまう人ですか? 「海も山もそれぞれの魅力があるんだから、どっちが好きかなんて愚問だよ」という方に、ぜひおすすめしたいのが本部町(もとぶちょう)にあるカフェ「tago al tago」です。




 美ら海水族館から車でおよそ15分。沖縄本島に住んでる人でさえも、特別な用事がなければ多分一生行くことがないと思われる、のどかな山里を進んで行くと、突然森の中に赤瓦の家とコンクリート打ちっ放しの2階建ての建物が現れます。そうここが、知る人ぞ知る(=まだあまり知られていない)隠れ家的カフェ「tago al tago(ターゴ アル ターゴ)」です。




このお店の魅力その1は、森と海を同時に味わえる眺望。客席やベランダから実に見事なの眺望を楽しめるんです。光と陰のコントラストが強烈な亜熱帯の木々。その向こうに広がる空。同じ青だからか境界線が曖昧で、空と溶けあっているように見える南国の海。そこに浮かんでいるのは、白い首飾りで縁取られた水納島。マリンスポーツのメッカとしても知られています。




この店の魅力その2は、スイーツ男子が手作りしている甘〜いデザート。イチオシはオーストラリアやニュージランドでポピュラーなパブロバ(830円)です。主役のメレンゲはオーナーの八尋祥泰(やひろ・よしひろ)さんが、卵白をしっかり泡立てて焼き上げもの。表面はサクサクで、中はしっとり。ホイップクリームとアイスクリームの滑らかな舌触りとのコントラストが抜群です。お皿に乗ったパフェともいえるパブロバに、大人の雰囲気を添えているのが、八尋さんオリジナルのダークチェリーマリネ。シークヮーサー果汁とキルシュでマリネすることで醸し出される独特の酸味が、いいアクセントになっています。たっぷりと盛り付けられたフルーツは、いちご、ドラゴンフルーツ、タンカンなど、季節によって変わります。




続いてのおすすめは自家製プリン(350円)。メレンゲを作る際に取り分けた卵黄をたっぷり生クリームと一緒に混ぜ合わせてあるので、リッチなクリーム感を楽しめます。そして、ビターな風味のカラメルが、プリンの濃厚な味わいを引き立てています。




色々楽しみたいという人には、3種類のスイーツを盛り合わせたデザートプレート(880円)を。フルーツソースが彩りを添えるパンナコッタはとろーりゆるめの舌触り。牛乳と生クリームをベースにしたシンプルな仕上がりでバニラがほんのり香ります。卵の黄色がしっかり出てているロールケーキは、クリームがたっぷりながらも甘さ控えめ。ガトーショコラはしっとり柔らかめで、チョコレートのつぶつぶした食感を楽しめます。




そして飲み物は、八尋さんがていねいに淹れてくれるコーヒーがおすすめです。オリジナルローストのコーヒー豆を焙煎しているのは、Tettoh Coffee(http://okinawaclip.com/ja/detail/2407)。「お客として普通に通っているうちに、オーナーの石川智史さんのストイックな仕事ぶりに心を動かされるようになった」と懐かしそうに振り返る八尋さん。初めてお店を開業するにあたって右も左も分からずにいた時、親身にアドバイスをしてくれたことも手伝って、今のおつきあいが始まったのだそうです。




スイーツに合うようにローストされたコーヒー豆は、中深煎りタイプ。程よいビター感とスッキリした後味を楽しめます。器は壺屋(つぼや)の老舗「育陶園」で買ってきたというコーヒーカップ。ちなみにパブロバのお皿は、山田義力さんの作品です。テーブルと椅子は読谷村(よみたんそん)にあるindigoで作ってもらったオーダー品。ロケーションはもちろんですが、器や家具、植物など、お店に置いてあるすべてのものが、もともとここにあったかのように存在していて、お互いに響き合っているのがわかります。









「自分はコーヒーロースターでもなく、パティシエでもありません。ただ、この店に来てくださったお客さんには、ゆったりとお茶の時間を過ごしてほしいです」。自然体なところが好印象な八尋さんもは営むtago al tago。エスペラント語で「日々」を意味する名前の通り、日常の中にひそむ幸せを、何気なく見つけられそうなお店です。

tago al tago(ターゴ・アル・ターゴ)
住所/沖縄県本部町古島822
電話/080-9852-5002
営業時間/12:00~18:00
定休日/不定休
Webサイト/https://www.facebook.com/tago.al.tago/

※料金は2018年5月時点です。


沖縄CLIPフォトライター 福田展也


《関連記事》
・童話の世界に出てきそうな森の中の焼菓子の店
・ゆるくてあたたかいフェルトのワッペン。本部町(もとぶちょう)にある雑貨屋さん「島しまかいしゃ」
・八重岳でパンを焼いて、畑を耕す人。

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

~もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP~

Information

沖縄県本部町古島822