沖縄観光情報:日常と非日常を、沖縄と世界をつなぐ場所。世界一小さな現代美術館〈キャンプタルガニーアーティスティックファーム(糸満市)〉

日常と非日常を、沖縄と世界をつなぐ場所。世界一小さな現代美術館〈キャンプタルガニー アーティスティックファーム(糸満市)〉

post : 2018.06.29 18:00






ひめゆり平和祈念資料館から車で約3分。米須(こめす)集落の奥に赤瓦の古民家と現代的なデザインの展示室が一つにつながったユニークな美術館がある。「世界一小さな現代美術館」と館主の大田和人(おおた・かずと)さんが胸を張る「キャンプタルガニー アーティスティックファーム」だ。






この美術館は私設ながらも、とりわけ立体作品のコレクションが充実していて、種類やクオリティでは県内トップクラスだと評価されている。沖縄在住の作家に加え、日本本土、台湾、韓国、中国、アメリカなど様々なバックグラウンドを持ったアーティストと交流のある大田さんならではの、幅広く奥行きのある構成を楽しめる。

大田さんがご自身の審美眼と興味に従ってセレクトした作品は、陶器、木、銅板、琉球石灰岩、赤瓦、漆喰、プラスティック、ブロンズ、御影石と素材ひとつを取っても多岐にわたっている。そして、テクスチャーや色彩やフォルムも多様性にあふれているのは、いろいろな文化を自らのものとして再構築してきた沖縄のチャンプルーな精神性を大田さんが受け継いでいるからだろう。






ユニークなのは作品の多彩さだけではない。大田さんの手でしっかり手入れされた芝生と、それ自体が造形作品ともいえるほど見事に剪定された植木、そして、南国の植物であるウスクガジュマルが抱きかかえるように根を張りめぐらせている大きな琉球石灰岩。人の手と自然の力がバランスを取るように共存している広い庭に、大きな彫刻作品が展示されている。










たとえば、希望と絶望、安堵と不安。その狭間で揺れる人の心の複雑さを連想させる妊婦と幼子の像『イギガバラ(弟がほしいよ)』(仲本真由美)、豊潤な人間の生命力を滑らかな曲線で表現しているように思える『KUME』(丸山映)、「沖縄学の祖」伊波普猷が好んだニーチェの名言「汝の立つところを深く掘れ、其処には泉あり」を彷彿させる『夢見つつ深く植えよ』(小西光裕)、美しい半球体が何者かによって穴を穿たれ傷つけられたこの島を表現しているように見える『オキナワ』(モーリツ・ウォルサー)など、鑑賞者の想像力を掻き立てる作品が、沖縄の日常や風景に溶け込むように展示されている。




さて、母屋は1951年に造られた琉球家屋で、二階建ての二階部分を宮大工の棟梁を中心に糸満ロータリーから移築したものだ。赤瓦こそThe Okinawaという感じだが、明治時代に日本に流入した欧風建築を思わせる窓枠や白く塗られた壁が、軒下に並べられた白いベンチとあいまってチャンプルーでノスタルジックな雰囲気を醸し出している。ちなみに、窓に使われている磨りガラスは今では製造がされていない希少なもので、台風や強風の予報が出ると、雨戸を閉めて割れないように備えるようにしているそうだ。












作品は庭だけでなく、郷愁をそそる母屋と、自然光のみで作品を味わう展示室にも置かれている。その多くは大田さんが30年ほどかけて作家と直接やり取りを行いながらコレクションしてきたもので、それらにもともと実家に所蔵されていた年代物の絵画や陶器などが加わっている。母屋には沖縄を代表する映画監督、高嶺剛が描いた絵画や、プリミティブなフォルムとユーモラスな表情が印相的な『アロルド・ヒガのネコ』、世界的に知られたアーティストであるタカエズ・トシコの陶製の立体作品など、沖縄の血を引くアーティストの作品が多く展示されている。特徴的なのは、作品が玄関や廊下、応接室、居間、床の間に飾られている様子は、文字通り「暮らしの中のアート」そのものであることだ。




「アート作品はみんなのもの。特定の誰かのものではないという気持ちが昔からあるんです。作品を観たいと思った人が財布の状況に左右されることなく観たいときに観られる。それが美術館の本来のありかただと思うんです。実際、海外だと国公立の美術館は無料がスタンダードじゃないですか」。

私設の美術館なのに入館料が無料なのはどうしてだろうと尋ねてみると、そういう答が返ってきた。作品点数が150を超える美術館なので維持管理はかなりの手間と費用がかかる。実際、一度は電気を止められそうになたこともあるという。それでも無料を貫いて、さらには来館者にコーヒーを振る舞い、おしゃべりを楽しむ時間まで提供してくれるのは、アートが持っている何かしらの可能性を信じているからだろう。






「どう見てどう感じるか。アートを味わうために必要なのは想像力」だという大田さん。小学4年生まで熊本で過ごし、大学進学で東京へ。Uターン後は自治体に長年勤務し、文化行政にも深く関わった。小学校の頃から音楽が大好きで、クラシック、ロック、ジャズを嗜み、大学生の頃から最新作『変魚路』で知られる高嶺剛監督と一緒に映画作りに熱中したが、美術や工芸に興味を抱くようになったのは、もっともっと後になってからのことだという。




「600万年という人類の歴史にくらべれば、私の人生なんてたまたま生きてるこの場所でキャンプしているくらいのものでしょう」。のんびりした時間が流れる糸満で、かりそめの存在であることを認めつつ、その日その日の人生を楽しく生きる。その一つの手がかりがアートなのだろう。日常と非日常を、沖縄と世界をつなぐ場所であること。それがキャンプタルガニー アーティスティックファームのユニークなところかもしれない。


キャンプタルガニーアーティスティックファーム
住所/沖縄県糸満市米須304
電話/090-5380-0055
営業時間/11時頃〜日没
定休日/不定休(1週間くらいの余裕を持って電話で予約をしてください)
Webサイト/http://camptalganie.blogspot.com

沖縄CLIPフォトライター 福田展也

《参考記事》
・伝統工芸とポップカルチャーのコラボレーションが紅型の新しい可能性を切り拓く〈知花幸修さん〉
・カルチャーがクロスオーバーするコザのサブカルアート発信拠点Stock Room Gallery Koza
・街を変えつつある沖縄のサブカルチャー《 PIN-UP GALLERY OKINAWA》


まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

~もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP~
 

Information

沖縄県糸満市米須304