沖縄観光情報:沖縄、ブーゲンビレアと古民家と「今帰仁そば」

沖縄、ブーゲンビレアと古民家と「今帰仁そば」

post : 2019.02.15 18:00




沖縄県の北部「やんばる」の今帰仁(なきじん)村の集落にある、眩しい白い瓦と、ブーゲンビレアが目を引く、沖縄ならではの古民家。そこに「今帰仁そば」はあります。




店内は全て座敷。二人用、四人用の年季の入ったテーブルと可愛い座布団たちが出迎えてくれます。古民家の雰囲気がそのままに残っていて「古き良き沖縄」の雰囲気のなかで沖縄そばが楽しめそう。




店内には今帰仁そばのオリジナル「生七味」や島とうがらしを泡盛で漬けた「こーれーぐーす」など、おそばについてくる薬味たちが販売されています。沖縄そばと一緒に食べて、気に入ったなら、旅の記念におひとつどうぞ。




辛味だけでなく、隣町の本部町営市場の角にある「いっぷく家」の手作りちんすこうやかりんとうなど沖縄のスイーツも並んでいます。素朴な味わいについつい手が止まらなくなります。






また、「やちむん」や沖縄ならではのイラストが描かれたポストカードといった沖縄土産もならび、おそばを待っているあいだいろいろ見ることができます。




沖縄そばは、店主こだわりの自家製麺。ソーキはトロトロ、ショウガも自家製でつけ込んでいます。透き通るスープの味は優しい風味。優しい素朴な味つけは県外からきた観光客の方に、古民家で沖縄そばを楽しんでもらいたい、という店主の計らい。






今帰仁村という静かな集落のなかに佇む古民家で、壁に貼られた新聞に無意識に目をやって、壁におさまっている雑誌を手にとって何の気なしにページをめくってみる。そのうちに運ばれてくる沖縄そば。




まずは優しい味わいのスープに、舌鼓を静かに打つ。自家製のそばをすすって、噛みしめる。続いてショウガの優しい味わい、ホロホロのソーキも一緒に味わう。卓に並んだ辛味を入れて、味の移ろいを楽しむ。そして最後の一滴まで、ゆっくりと飲み干す。食後に体が温まったなら、そこに流れている空気にただ身を任せてみる。さすれば、都会で働く忙しさ、仕事で感じているストレス、めまぐるしく流れていく日々の通勤ラッシュ、そんな、殺伐としたスピードと最もかけ離れた「島の時間」が染み込んでいることがわかる。すると「あ、いまオレ(わたし)、ここ(沖縄)にいるんだ」というシンプルな自覚がカラダの芯から溢れ出て、いつの間にかココロまで一緒に包みこんでくれているはず。


住所/沖縄県国頭郡今帰仁村諸志181
電話/0980-56-5782
営業時間/11:30〜15:00、17:00〜20:00(L.O19:45)
定休日/火曜・第4水曜

沖縄CLIPフォトライター monobox(河野哲昌、こずえ)

関連記事:
・沖縄CLIPムービー「今帰仁そば」
・ぶらり、今帰仁日帰りの旅
・体に優しいヴィーガンスイーツ「島厨房Kafuu」

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

~もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP~

Information

沖縄県国頭郡今帰仁村諸志181