沖縄観光情報:観光客も利用するべき絶景の図書館+α「恩納村文化情報センター」【PR】

観光客も利用するべき絶景の図書館+α「恩納村文化情報センター」【PR】

post : 2019.03.15 18:00




沖縄本島有数の観光地・恩納村(おんなそん)にある絶景の図書館+αの「恩納村文化情報センター」は、村民だけでなく、観光客も利用可能な施設で、1階が「観光情報フロア」、2階が海が見える絶景「図書館」(県外の方にも本の貸し出しが可能)、3階はさらに見晴らしの良い「展望室」となっています。路線バスで、バス停「ルネッサンスリゾート前」下車徒歩5分のところにあります。恩納村の道の駅「おんなの駅 なかゆくい市場」のすぐお隣です。




1階の「観光情報フロア」では、壁面の大型マップに恩納村のオススメ情報やイベント情報がわかりやすく一覧で紹介されていたり、いくつかのデジタルサイネージなどを活用してきめ細やかに観光情報を収集することができます。




たとえば、恩納村の歴史・文化的な情報など、観光ガイドブックには載らない地元情報を掲載している「キオクボード」や、恩納村の今を「風景」「食べる」「遊ぶ」「学ぶ」「文化」の5つのテーマで閲覧できる「キオクバンク」があります。




そのほかには、お気に入りの観光情報を集めて自分だけのオリジナル観光マップを作れる「フィールドナビ」や、用意されている図書資料から沖縄情報を閲覧できる「ブックストック」などがあり、とても便利です。




2階のフロアが図書館で、村民はもちろんのこと、他市町村にお住まいの沖縄県民も利用できるほか、なんと、県外の観光客にも本の貸し出しを行っています。ですので、沖縄観光の際、もし雨などで天候が悪かった日などに図書館で本を借りてきて、滞在期間中に返却すれば良いのです。また、もし滞在期間中に読みきれない場合は、返却期間内に郵送で返却することもできるそうです。




そして何より素敵なのは、恩納村の青い海を眺めながら読書できる「絶景の図書館」であるということ。あまりにも居心地が良いので、何時間でも過ごすことができそうなくらいです。もちろん景色だけでなく、沖縄の郷土本が充実していたり、約73,000冊の蔵書の中から司書がセレクトして並べた本のセンスの良さが絶妙なのです。また2階フロアは隣接する博物館へと渡り廊下でつながっているので、そちらに訪れてみるのもおすすめです。




また絶景は2階の図書フロアだけではありません。ぜひ最上階の3階「展望室」へ。さらに見晴らしが良く、一面ガラス張りの大きな窓の向こうにはコバルトブルーが鮮やかな海が一望できます。2階テラス席と、3階展望室は、なんと飲食の持ち込みも可能。自販機も設置されているので、飲み物を片手に絶景を眺めながらくつろぐことができます。

お隣りの「おんなの駅 なかゆくい市場」を訪れた際には、ぜひ恩納村文化情報センターまで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。


恩納村文化情報センター
住所:沖縄県国頭郡恩納村仲泊1656-8
電話:098-982-5432
時間:10:00〜19:00(観光フロアは18:00まで/土日は17:00まで)
駐車場:あり(無料)
URL:http://www.onna-culture.jp/
(※休館日など詳細は公式サイトをご確認ください)


アクセス(路線バス) : 読谷バスターミナル48番石川読谷線
           ルネッサンスリゾート前バス停(国道58号沿い)下車 徒歩約5分
(空港リムジンバス):那覇空港・那覇バスターミナル(14番乗り場)
           ルネッサンスリゾート前バス停(ホテル前)下車 徒歩約6分

沖縄CLIPフォトライター 桑村ヒロシ

まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちら(こちらにリンク)から。

~もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP~

Information

沖縄県国頭郡恩納村仲泊1656-8