沖縄観光情報:沖縄の梅雨の楽しみ方3選(2019年版)

沖縄の梅雨の楽しみ方3選(2019年版)

post : 2019.05.16 15:00




梅雨のシーズンだからこそ、楽しめる観光がいくつもあります。今回は3つほどご紹介します。まずひとつめは、よへなあじさい園(本部町)のあじさい鑑賞。ここは元々、急勾配なみかん畑だったため、斜面に沿って青いあじさいの花々が綺麗に咲き誇っていて、その光景は圧巻です。広大な敷地を一周巡るコースになっているので、ゆっくり散歩しながら鑑賞を楽しめます。




2019年はすこし咲き始めが遅いようですが、5月11日(土)から開園し、6月下旬まで鑑賞を楽しめそうです。入園料は、大人400円(小中高生は200円)です。(過去記事はコチラ




沖縄の梅雨は6月下旬まで続いたりしますが、雨がよく似合う花に、蓮(ハス)や睡蓮(スイレン)があります。沖縄で蓮や睡蓮の鑑賞を楽しむなら、沖縄市にある東南植物楽園です。園内は45,000坪もの敷地面積があり、蓮の花が湖面一面に咲く「思いやりの湖」は、県内最大の蓮池です。




2019年は、6月15日(土)から『蓮・睡蓮まつり』がスタートし、8月25日(日)まで開催されるとのことです。入園料は、大人1,500円(高校生は1,000円、小中学生は500円)。通常は9時から開園しますが、開催期間中の土日は朝7時からオープンします。とくに蓮の花は朝に開花して8時頃が見頃なので、朝早めに来場したほうがベストですよ。(過去記事はコチラ




最後にご紹介したいのは、ホタル鑑賞。夜に自然の中で観光するのはすこし不安かもしれませんが、うるま市にあるビオスの丘のナイトツアーであれば、ガイドさん付きなので安心ですよ。ナイトツアーではホタル鑑賞に限らず、夜の観光を楽しめます。




2019年の『ビオスの丘ナイトツアー』は、5月18日(土)から6月30日(日)までの土曜日と日曜日に開催されます。料金は、大人(中学生以上)が1,800円(4歳〜小学生までは1,000円)です。(過去記事はコチラ

梅雨のシーズンに鑑賞できる花々やナイトツアーで、この時期ならではの“沖縄の自然”を満喫してみてはいかがでしょうか!


『よへなあじさい園』の詳細情報
住所/沖縄県本部町字伊豆味1312
電話/0980-47-2183
開催期間/2019年5月11日(土)〜6月下旬まで
過去記事はこちら/http://okinawaclip.com/ja/detail/381
※料金は2019年5月時点

『東南植物楽園「蓮・睡蓮まつり」』の詳細情報
住所/沖縄県沖縄市知花2146
電話/098-939-2555
開催期間/2019年6月15日(土)〜8月25日(日)まで
過去記事はこちら/http://okinawaclip.com/ja/detail/1151
※料金は2019年5月時点

『ビオスの丘ナイトツアー2019』の詳細情報
住所/沖縄県うるま市 石川嘉手苅961−30
電話/098-965-3400
開催期間/2019年5月18日(土)〜6月30日(日)までの土・日曜日開催
過去記事はこちら/http://okinawaclip.com/ja/detail/1087
※料金は2019年5月時点


沖縄CLIPフォトライター 桑村ヒロシ


まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

Information

沖縄県沖縄市知花2146