沖縄観光情報:沖縄の自然が生み出した造形美。存在感を放つケラマパールに魅せられて

沖縄の自然が生み出した造形美。存在感を放つケラマパールに魅せられて

post : 2019.07.04 18:00

繊細で品があって清楚に輝く宝石「パール(真珠)」は、数あるジュエリーの中でも特に日本人の肌に似合うといわれています。シンプルだけれども、一粒でも存在感がある真珠。大人女性にしっくり馴染みます。




真珠というと「白くて丸い形」をイメージされる方が多いと思いますが、自然の恵みによって生まれる真珠には、様々な種類があります。例えばアコヤ本真珠やタヒチ黒蝶真珠、南洋白蝶真珠など。色はホワイト、クリーム、ピンク、ゴールド、ブルー、ブラック、シルバー、グリーン系など幅広く、また、大きさや形も異なります。




Dear okinawa,の店頭に並んでいる「chinen*chinen」のジュエリーは、慶良間諸島で育まれた黒蝶貝から生まれる“ケラマパール”を使ったもの。




通常、真珠は貝を育てるところから真珠ができるまで2年くらいかかるところ、ケラマパールは時間をかけてゆっくりと海で育てます。その期間は5年ほど!ほとんど一般流通されていないため、希少価値のあるものとなっています。

大切に育てられたケラマパールは品質が良く、その中でもchinen*chinenで扱うケシやバロックパールは“自然が生み出した造形美”が魅力的。実際身に着けてみると顔映りが華やかになります。




気品高く、存在感を放つケラマパールに魅せられたのは、名古屋出身のジュエリーデザイナー 今井宏治さんです。今井さんは、名古屋市立大学芸術工学部を卒業後、東京のジュエリー専門学校で講師を勤め、その傍ら東京や名古屋で個展・グループ展を主催してきました。しかし不思議な縁がきっかけとなってケラマパールに出会いました。




そして2013年に沖縄に移住。現在は南城市(なんじょうし)の「chinen*chinen(チネンチネン)」でジュエリーの鋳造や、ケラマパールや天然石を使用したジュエリーを制作しています。




黒蝶貝から生まれたケラマパールは色も形も様々。照り具合が他の真珠とは異なります。淡くて青みがかったグレーのグラデーションは、世界でも有数の透明度を誇る海=ケラマブルーが映りこむんだような輝き。ケラマパールでしか表現できないのです。

写真では分かりづらいのですが、実際に身に付けてみるとブルーとシルバー(グレー)の輝きを放ち、独特の風合いが何とも言えず素敵なのです。形は完全な円形ではなく、ひとつひとつ形が異なります。




女性をより美しく、そして上品に見せてくれるchinen*chinenのジュエリー。誰ともかぶらない“世界でひとつだけのジュエリー”を探している方も、ぜひ店頭で手に取ってみてください。


chinen*chinen
Add/沖縄県南城市知念知念115
Tel/098-949-7013
営業時間/12:00〜17:00頃まで
定休日/火・水・木曜(その他、仕入れや展示会等で臨時休業あり)

取り扱い店
Dear Okinawa,
住所/沖縄県那覇市鏡水150 那覇空港際内連結ターミナル 2階
営業時間/7:00~20:30
お問合せ/staff@dearokinawa.com
Web/ https://dearokinawa.com/


沖縄CLIPフォトライター 舘幸子


まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。

 
〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

Information

沖縄県那覇市鏡水150 那覇空港際内連結ターミナル 2階