沖縄観光情報:“通”も大絶賛!一年中楽しみたい「氷ヲ刻メ(北谷)」のふわふわかき氷。

“通”も大絶賛! 一年中楽しみたい「氷ヲ刻メ(北谷)」のふわふわかき氷。

post : 2019.08.02 15:00

「かき氷に魅せられて、全国食べ歩いたんです。」



 
人懐っこい笑顔で目を輝かせながらこう話すのは、総合格闘技家とカフェオーナーの二足のわらじを履いて活動されている曹 竜也(そう たつや)さんです。



 
曹さんが営むかき氷専門カフェ「氷ヲ刻メ」は、クチコミで評判が広がった人気店。毎日県内外から多くの人が集まります。ちなみに私の隣にいらっしゃった女性2人組は全国のかき氷店巡りをされているそうで、彼女たちのように遠方から訪れる“かき氷通”も珍しくないそうです。



 
現在35歳の曹さんは、かつてサラリーマンをしながら格闘家、という2つの顔を持っていました。しかし段々と両立が難しくなり、30歳を目前に脱サラをして独立することに。退職後はずっと夢だった「道場を開く」ための準備を進めながら、昼間はカフェを切り盛りします。



 
曹さんがかき氷に興味を持つキッカケとなったのは、渋谷にある大人気店「セバスチャン」。元パティシエが作るかき氷はまるでケーキのように美しく“かき氷”の固定観念が覆される人も多いのだそうです。曹さんもそのひとりでした。すっかりかき氷に目覚めてしまった曹さんはその後全国各地のかき氷を食べ歩き、自分のお店を開くために、世田谷の「雪うさぎ」で修行を積みました。



 
氷ヲ刻メで提供するのは、曹さん自身の好みにあったかき氷。こちらは自家製キャラメルソースとグラノーラ、ドライフルーツがトッピングされている「塩キャラメルグラノーラ(800円)」。“雪うさぎ時代”に習得したというキャラメルソースは、甘さの中にほんのり塩気が感じられ、後引くおいしさに仕上がっています。



 
氷はふわっふわ。柔らかめに泡立てられた生クリームを上からかけているため、全体的にまろやかなコクも感じられ、リッチでボリューミー♪甘いけれど甘過ぎないので、最後の一口まで飽きずにおいしくいただけます。



 
いろいろなフレーバーを試してみたい方におすすめなのは「店主おまかせ贅沢の極みッ(1500円)」。その時にある素材・シロップをひとつのかき氷に盛り込むため、一口ごとに食感と味の変化を楽しむことができます。



 
この日はピスタチオクリームやチョコレートソース、キャラメルソース、グラノーラ、ナッツ、苺シロップなどが盛り込んであり、ネーミングの通り贅沢感が味わえる一皿となっていました。



 
かき氷のメニューは10種類ほど。定番の「塩キャラメルグラノーラ」や「イチゴのフロマージュ」「キャラメルきなこクリーム」「大人のティラミス」に加え、季節限定氷が加わります。8、9月はマンゴーやメロンを使ったメニューが、冬にはカボチャのかき氷も予定しているとのこと。そしてクリスマス時期には、曹さんが「めちゃくちゃオススメです!」と話す「ピスタチオと苺のクリスマスツリー」も。
 
かき氷と言うと夏のイメージが強いかもしれませんが、氷ヲ刻メではシーズンごとに味わいたくなるメニューが揃っています。それに、沖縄は夏が長いので12月でも“かき氷日和”になる日も珍しくありません。ぜひオールシーズン足を運んでみてくださいね♪
 
 
氷ヲ刻メ
住所/沖縄県中頭郡北谷町浜川104 S-230
営業時間/11:00〜17:30(氷がなくなり次第終了)
定休日/水曜
Web/https://twitter.com/kwkkizame
※料金は2019年7月時点です。

 
沖縄CLIPフォトライター 舘 幸子
 
 
▼夏に食べたい沖縄のひんやりスイーツ
ローカルに人気のぜんざい「いいやんべぇ」(南城市)
食べてしまうのがもったいない?おいしくて可愛い糸満名物のふんわりかき氷=白熊「いなみね」
沖縄素材の美味しいスイーツを♪夏季限定、喫茶ニワトリのごちそうかき氷
 
 
まだまだ知られていないあなただけが知る沖縄の魅力を是非教えてください。沖縄の旅行情報のご投稿はこちらから。
 
〜もっと、沖縄が好きになる。沖縄CLIP〜

Information

沖縄県中頭郡北谷町浜川104 S-230